ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

登録した際のメールアドレスを入力し送信して下さい。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

痩せる薬

GLP-1

SGLT2阻害薬

ゼニカルジェネリック

血糖値下げる薬

利尿剤

ダイエットサプリ・健康食品

便秘薬

痩せる薬の人気商品ランキング

痩せる薬と一緒に買われている商品

痩せる薬とは?

痩せる薬とは?

痩せるために食事制限や運動に取り組んでも、長く続かないという経験をお持ちの方も多いことでしょう。
ダイエットの失敗経験がある方や、労力をかけずに痩せたい方におすすめなのが痩せる薬です。

きつい食事制限をする必要もなく、運動が苦手な方も飲むだけで痩せられる医薬品が登場しています。
最近では痩せる薬を服用しながら体重管理を行う、メディカルダイエットも人気を集めています。

痩せる薬の種類

痩せる薬にはいくつかの種類があり、それぞれダイエット効果も異なります。
メディカルダイエットを成功させるためには、ご自身に合った種類を選ぶことが大切です。

痩せる薬の種類について、ひとつずつ詳しく解説していきます。

GLP-1受容体作動薬

GLP-1受容体作動薬の作用機序

GLP-1受容体作動薬は、痩せる薬として最も人気が高い治療薬です。
もともと人間の体内に存在する痩せホルモン「GLP-1」の濃度を補うことで、さまざまなダイエット効果が得られます。

  • 食欲を抑え、食べ過ぎを防ぐ
  • 糖質の吸収を抑え、脂肪がつきにくくする
  • 基礎代謝を上げ、痩せやすい体質にする

またGLP-1受容体作動薬には、注射と錠剤の2種類が登場しています。

注射タイプのGLP-1受容体作動薬は自分で注射をする手間がありますが、体調に合わせて投与量の調節が可能です。
オゼンピックやサクセンダ、マンジャロなど複数の治療薬があり、自分に合ったものを選べることも注射タイプのメリットとなります。

一方、錠剤タイプのGLP-1受容体作動薬は飲むだけなので、初めての方や注射が苦手な方でも服用しやすい治療薬です。
現在ではリベルサスのみが登場し、1日1回の服用でダイエット効果が得られます。

商品名 リベルサス サクセンダ/
ビクトーザ
マンジャロ
リベルサス ビクトーザ マンジャロ
形状 錠剤 注射 注射
有効成分 セマグルチド セマグルチド チルゼパチド
特徴 飲むだけ簡単
GLP-1では唯一の錠剤
ダイエット注射の火付け役 新しく糖尿病治療薬として承認された薬
価格 10錠 10,800円~ 取扱いなし 取扱いなし
購入する 取扱いなし 取扱いなし

SGLT2阻害薬

SGLT2阻害薬の作用機序

SGLT2阻害薬は、糖質吸収抑制剤とも呼ばれるダイエット薬です。

腎臓に存在し、糖の再吸収を行う、SGLT2というたんぱく質を阻害する作用があります。
服用することで余分な糖が尿と一緒に排出されるため、血糖値の減少やダイエット効果が得られます。

特にSGLT2阻害薬のダイエット効果について、1日200~400kcal分の糖が排出されることで毎日の摂取カロリーを減らすことが可能です。

SGLT2阻害薬にはフォシーガやジャディアンス、カナグルなどの治療薬が登場しています。
いずれも錠剤として販売され、また減量効果もあることからメディカルダイエットのお供として使用されています。

商品名 フォシーガ カナグル ジャディアンス
フォシーガ カナグル ジャディアンス
有効成分 ダパグリフロジン カナグリフロジン エンパグリフロジン
特徴 圧倒的人気
1ヶ月で-1.2kg減
用量で体重減少の差がない
12週間で-2.2%減
要領に比例し体重減少効果あり
24週間で-1.93kg減
価格 28錠 6,300円~ 30錠 5,940円~ 30錠 4,950円~
購入する 購入する 購入する

リパーゼ阻害薬

リパーゼ阻害薬の作用機序

リパーゼ阻害薬は、脂肪の吸収を阻害するタイプのダイエット薬です。

食事で摂取した脂質は、リパーゼという酵素に分解された後に吸収されます。
リパーゼ阻害薬はリパーゼの働きを阻害することで、余分な脂肪の吸収を防ぎ、便と一緒に排出します。

服用することで脂肪の吸収を30%分ブロックし、ダイエット効果を発揮するのがリパーゼ阻害薬です。

リパーゼ阻害薬には、オルリスタットを有効成分とするゼニカルという治療薬があります。
またゼニカルにはオルリガルなどのジェネリック医薬品も登場しているため、値段を抑えながらのメディカルダイエットが可能です。

商品名 ゼニカル オルリファスト オルリガル
ゼニカル オルリファスト オルリガル
有効成分 オルリスタット オルリスタット オルリスタット
特徴 先発薬
昔から使われている肥満治療薬
ジェネリック
2種類の用量から選べる
コスパ最強ジェネリック
価格 42錠 9,360円~ 42錠 3,680円~ 84錠 6,800円~
購入する 購入する 購入する

ビグアナイド薬

ビグアナイド薬の作用機序

ビグアナイド薬は、血糖値のコントロールをすることでダイエット効果を発揮する治療薬です。

人間の肝臓では、乳酸から糖が作られる糖新生がおこなわれています。
ビグアナイド薬は糖新生を防ぐ働きがあり、血糖値の上昇を防ぎます。

またインスリンの働きを強める、消化管からの糖の吸収を抑えるなど複数の働きで糖質の吸収を下げ、体重の減少効果をもたらします。

ビグアナイド薬として使用されているのはメトホルミン、ゾメットなどの治療薬です。
単体でのダイエット効果はマイルドですが、他の痩せる薬との併用により相乗効果が期待できます。

商品名 メトホルミン ジベトス
メトホルミン ジベトス
有効成分 メトホルミン ブホルミン
特徴 他のダイエットピルとも併用可 海外ではあまり使用されていない薬
価格 42錠 9,360円~ 取扱いなし
購入する 取扱いなし

DPP-4阻害薬

DPP-4阻害薬

DPP-4阻害薬は、血糖値の上昇を抑えることで体重を増えにくくする治療薬です。

私たちが食事をすると、消化管からインクレチンというホルモンが分泌されます。

インクレチンは、血糖値を上昇させるグルカゴンという物質の分泌を抑制します。
さらに血糖値を下げる働きをするインスリンの分泌を促進する効果も持っています。

血糖値の上昇を抑制し、低く保つ役割を担うインクレチンですが、体内に存在するDPP-4という酵素に分解されてしまいます。
DPP-4阻害薬はDPP-4の働きを阻害し、インクレチンの分解されないように守ることでダイエット効果を発揮します。

体重が増えにくくなり、低血糖の副作用も起こりにくいことがDPP-4阻害薬の特徴です。

DPP-4阻害薬にはテネリアのジェネリック医薬品である「ザイテン」、エクアのジェネリック医薬品である「ガルバス」など安価で購入できる治療薬も登場しています。

商品名 ジャヌビア エクア(ジェネリック) テネリア(ジェネリック)
ジャヌビア ガルバス(エクアジェネリック) ザイテン(テネリアジェネリック)
有効成分 シタグリプチン ビルダグリプチン テネリグリプチン
特徴 血糖値をコントロール
低血糖になりにくい
血糖値を下げる
食欲抑制効果も期待
血糖値を下げる
価格 28錠 6,500円~ 56錠 7,800円~ 150錠 8,100円~
商品詳細へ 商品詳細へ 商品詳細へ

αグルコシダーゼ阻害薬

αグルコシダーゼ阻害薬は食後の血糖値の上昇を抑え、太りにくくなる治療薬です。

太る原因のひとつとされる炭水化物は、そのままの状態では吸収できません。
体内に存在するαグルコシダーゼなどの酵素により、果糖やブドウ糖に分解されてから吸収されます。

αグルコシダーゼ阻害薬は、このαグルコシダーゼの働きを阻害し、炭水化物の分解を遅らせます。
糖質がゆっくりと吸収されるようになるため、食後の血糖値の上昇が抑えられ、脂肪になりにくくなります

αグルコシダーゼ阻害薬の中でも代表的なのはグルコバイで、メディカルダイエットにも広く用いられています。

商品名 グルコバイ セイブル ベイスン
グルコバイ セイブル ベイスン
有効成分 アカルボース ミグリトール ボグリボース
特徴 糖の吸収を抑える
太りにくくする
内臓脂肪やインスリンの分泌量を減少 食後の血糖値上昇を抑える
価格 90錠 2,700円~ 取扱いなし 取扱いなし
商品詳細へ 取扱いなし 取扱いなし

利尿剤

利尿剤の服用も、ダイエットにつながることがあります。

体重が増えるのは肥満ではなく、むくみが原因のこともあります。
軽度のむくみでは1~3㎏重度のむくみでは3㎏以上の急激な体重の増加が特徴的です。

また肥満は体内の脂肪が増えることで起こりますが、むくみは水分の増加が原因となるため改善のアプローチも異なります。

むくみによる体重の増加に効果的なのが利尿剤となり、尿の量を増やすことで体内の余分な水分を減らします。
利尿剤には数多くの種類が登場していますが、ラシックス(フロセミド)やルプラック(トラセミド)は特に効果が高いため注目を集めています。

商品名 トラセミド アルダクトン ラシックス
トラセミド アルダクトン ラシックス
有効成分 トラセミド スピロノラクトン フロセミド
特徴 利尿作用が高い
唯一体重減少が認められている
効果が緩やか
低カリウム血症になりにくい
輸入規制対象
個人輸入不可
価格 100錠 2,250円~ 20錠 2,440円~ -
商品詳細へ 商品詳細へ -

漢方薬

漢方薬の中には、ダイエットに有効なものもあります。

植物や動物など、自然に存在する生薬が原料の漢方薬は、医薬品よりも体への負担が少ないとされています。
生薬の組み合わせにより、幅広い症状に対応できるのが漢方薬のメリットです。

次に紹介する3つの漢方薬は、ダイエットにおすすめです。

成分:シャクヤク、ハッカ、トウキ、センキュウ、レンギョウなど

効果:体力が充実している方で、お腹周りの脂肪や便秘が気になる方に向いた漢方薬です。
   肥満、肥満に伴う動悸、むくみ、便秘などの症状の改善を促します。

成分:カンゾウ、オウギ、ボウイ、タイソウ、ビャクジュツなど

効果:体力が中等度以下で、疲れやすい、汗がかきやすいなどの傾向がある方向けの漢方薬です。
   肥満、肥満に伴う関節の腫れや痛み、むくみなどの症状を改善します。

成分:シャクヤク、ショウキョウ、タイソウ、オウゴン、ハンゲなど

効果:体力が充実し、便秘やストレスが気になる方に向いた漢方薬です。
   肥満、肥満に伴う肩こり、便秘、頭痛、胃炎などの症状に効果があります。

商品名 防風通聖散 防已黄耆湯 大柴胡湯
防風通聖散 防已黄耆湯 大柴胡湯
有効成分 シャクヤク、ハッカ、トウキ、センキュウ、レンギョウなど カンゾウ、オウギ、ボウイ、タイソウ、ビャクジュツなど シャクヤク、ショウキョウ、タイソウ、オウゴン、ハンゲなど
特徴 体力が充実している方で、お腹周りの脂肪や便秘が気になる方
肥満、肥満に伴う動悸、むくみ、便秘などの症状を改善
体力が中等度以下で、疲れやすい、汗がかきやすいなどの傾向がある方
肥満、肥満に伴う関節の腫れや痛み、むくみなどの症状を改善
体力が充実し、便秘やストレスが気になる方
肥満、肥満に伴う肩こり、便秘、頭痛、胃炎などの症状を改善

ダイエットサプリメント

痩せる薬の中では、ダイエットサプリメントもおすすめです。
医薬品よりも体への負担が少ないため副作用のリスクが少なく、服用を続けやすいことから利便性に優れています。

ダイエットサプリメントにも種類があり、ご自身の体質やダイエットの方法に合わせて選べることもメリットです。

  • 脂肪燃焼サプリ
  • 食欲抑制サプリ
  • カロリーカットサプリ

現在では、国内外のメーカーから多数のダイエットサプリメントが販売されています。
数ある商品の中でも、タイで開発されたBBXダイエットサプリメントは美容クリニックでも処方され、人気を集めています。

また海外のダイエットサプリメントでは、他にもカーボブロッカーやザントレックスブラックなどの商品を中心に服用する方が増えています。

商品名 BBXダイエットサプリメント カーボブロッカー ザントレックスブラック
BBXダイエットサプリメント カーボブロッカー ザントレックスブラック
有効成分 緑茶エキス、L-カルニチン、ガルニシアエキスなど インゲン豆エキス、クロム、シナモンエキスなど ナイアシン、ヤーバマテ、ガラナなど
特徴 脂肪分の吸収を抑える
食べすぎの抑制
炭水化物の吸収を防ぐ 代謝促進
脂肪燃焼効果
価格 30錠 6,000円~ 150錠 4,950円~ 84錠 5,580円~
商品詳細へ 商品詳細へ 商品詳細へ

日本で認められている痩せる薬は?

現在、日本で痩せる薬として承認を受けているのは次の3種類です。

  • マジンドール(サノレックス)
  • セチリスタット(オブリーン)
  • オルリスタット(アライ)

マジンドールやセチリスタットは、従来から日本で使用されてきた治療薬です。

それぞれ作用が異なり、マジンドールは食欲を抑える作用があり、同時に基礎代謝をUPさせることで脂肪の燃焼を促します。
またセチリスタットは脂質の吸収をカットし、便と一緒に体外へ排出する治療薬です。

これらの治療薬に加え、2022年に新たに承認を受けたのがオルリスタットとなります。
すでに海外でゼニカルとして販売されている治療薬であり、日本でも処方箋なしで薬局での購入が可能となる見込みです。

しかし承認から1年が経過した現在でもなお、オルリスタットはまだ販売されていません。

認められてない薬との違いは?

認められてない薬との違いは?

メディカルダイエットには、肥満症治療薬として承認されていない種類の治療薬も使用されています。

多くは糖尿病の治療薬として承認されている医薬品で、体重が減少する効果も認められています。
従ってメディカルダイエットの治療薬として有名なリベルサスやサクセンダなどは、厳密には糖尿病治療薬となります。

メディカルダイエットのように糖尿病治療薬をダイエット目的で購入する場合、適応外の使用となります。
購入の際は保険が適用されず、全額自己負担となるため、薬代が高額になりがちです。

保険適用の上で肥満治療を受けたい場合は、肥満外来などで肥満症治療薬としての承認を受けた医薬品を処方してもらう必要があります。

また肥満症治療薬として承認されていなくても、医薬品としての安全性が認められた上で使用されているため、安心して服用することができます。

痩せる薬人気ランキング

当サイトでは医薬品からサプリメントまで、豊富な種類の痩せる薬を取り扱っています。
痩せる薬にはたくさんの種類があるため、どれを購入するべきか迷う方も多いことでしょう。

ここでは当サイトで販売している痩せる薬の中から、人気の商品をランキング形式でご紹介します。

商品名 1位
リベルサス
2位
ゼニカル
3位
フォシーガ
4位
グルコバイ
5位
メトホルミン
リベルサス ゼニカル フォシーガ グルコバイ メトホルミン
成分 セマグルチド オルリスタット ダパグリフロジン アカルボース メトホルミン
分類 GLP-1受容体作動薬 リパーゼ阻害薬 選択的SGLT2阻害薬 αグルコシダーゼ阻害薬 ビグアナイド薬
効果 食欲が抑える 脂肪の吸収を抑え排出 糖の吸収を抑え排出する 糖の吸収を遅らせる 血糖コントロールを改善
価格 10錠 10,800円~ 42錠 9,360円~ 28錠 6,300円~ 90錠 2,700円~ 28錠 2,800円~
購入する 購入する 購入する 購入する 購入する

あなたに合う痩せる薬は?

あなたに合う痩せる薬は?

痩せる薬には数多くの種類があり、種類により効果も異なります。
メディカルダイエットを成功させるためには、ご自身の体質やダイエット方法に合わせた種類を選ぶことが大切です。

以下の表を参考に、痩せる薬を購入する際は自分に合った種類をご購入ください。

ダイエットの目的 おすすめのダイエット薬
簡単に痩せたい/食欲を抑えるのが苦手 GLP-1受容体作動薬
糖分を抑えるのが苦手 SGLT2阻害薬
糖分を抑えるのが苦手
(単糖類が多い方は不向き)
αグルコシダーゼ阻害薬
食欲を抑えるのが苦手/肥満気味 ビグアナイド薬
血糖値を抑えたい(太りにくい) DPP-4阻害薬
脂っこいものがやめられない リパーゼ阻害薬
むくみが気になる
塩分の多い食事をする
利尿剤
お腹が張る
すっきりしない
便秘薬
薬の副作用の心配 食欲抑制・脂肪燃焼サプリメント

痩せる薬の口コミ

痩せる薬にはダイエット効果があるとは言っても、実際に服用したことが無い方はどれくらいの効果があるのかイメージしにくいかもしれません。

ここでは実際に痩せる薬を服用した方の口コミをご紹介します。
どれくらい体重が落ちるのか、副作用は起こらないかなど、気になることがあれば参考にチェックしてみてください。

良い口コミ

まずは痩せる薬について、良い口コミを見ていきましょう。

リベルサスの良い口コミ

7mgを2日に一度、3日に一度飲みました
食欲が落ち、代謝が良くなる気がします。普通にダイエットしてた時より1食はしっかりと食べていますが痩せます。
毎日飲むのは身体に負担がかかりそうなので、今後も暫く数日に一度飲むことにします。最終的にあと15キロくらい痩せたいです
太りやすい体質の人ほど効果あると思います

引用:リベルサスで痩せた人達の本音は?191件の口コミより判明! - ダイエットカフェ

ゼニカルの良い口コミ

誇張した表現かと思っていましたが、飲み始めてから3日くらいで、毎日お尻から大量の脂が出るようになります。
脂質で太りやすいタイプだったので、私には特に効果があったようです。
慣れていないと、不意にお尻から脂が出てきてしまうことがあるので、こまめにトイレへ行くことをおすすめします。

引用:ゼニカルで痩せた人達の本音は?195件の口コミより判明! - ダイエットカフェ

フォシーガの良い口コミ

緩く食事制限も並行していましたが、さほど苦もなく減量できました。
処方された時に、6~8キロ程減量する患者が多いと聞いていたけれど、ここまで減量効果があるとは。
副作用もある薬なので、指導された通りに水分補給を心がけるなど気をつけて服薬しています。

引用:フォシーガで痩せた人達の本音は?51件の口コミより判明! - ダイエットカフェ

「痩せた」と実感している方は、瘦せる薬を服用した後にはっきりとした体調の変化や体重の減少を感じている傾向にあります。
また治療薬の注意点を守りながら服用しているため、無理なく飲み続けることができています。

痩せる薬は種類により副作用が起こることもあるため、特徴に応じて正しい服用方法を守ることが大切です。

悪い口コミ

続いて、痩せる薬に関する悪い口コミをご紹介します。

リベルサスの悪い口コミ

6ヶ月ほど3mgを飲んでみたが体重の減少は見られませんでした。特に心配していた副作用もなく(但し味は苦い)問題なく飲めましたが、空腹感は普通にあってお腹が空くと食べてしまうため、私には残念ながら合いませんでした。

引用:リベルサスで痩せない人達の本音は?33件の口コミより判明! - ダイエットカフェ

ゼニカルの悪い口コミ

使用を始めて1か月経過しますが、とにかく下痢になりました。大腸の不調かと思われるぐらいですので使用を中止しようかどうか迷っております。体重の変化はさほど感じません。この商品が体に合っている方もいらっしゃるとは思いますが、私は効果ありませんでした。

引用:ゼニカルで痩せない人達の本音は?107件の口コミより判明! - ダイエットカフェ

フォシーガの悪い口コミ

まあ多少の効果はあったと思いますが、個人的にはもう飲み続けはしないだろうなと言った感想です。
3ヶ月でマイナス2キロ…副作用も気になりました。
迷っている方がいれば、特におすすめ!でもないです。メトホルミンの方がいいかも

引用:フォシーガで痩せない人達の本音は?30件の口コミより判明! - ダイエットカフェ

痩せる薬に関する悪い口コミは、副作用が気になるといったものや、服用を続けても効果が感じられないというものがほとんどです。

体質により治療薬の成分が合う場合もあれば、合わない場合もあります。
服用を始めてから副作用が強く出てしまう場合は、体質に合っていない可能性もあるので注意が必要です。

また痩せる薬は種類により効果も異なるため、ご自身のライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

痩せる薬で一体どれくらい痩せるの?

痩せる薬で一体どれくらい痩せるの?

痩せる薬を服用してどれくらい痩せることができるのか、気になる方も多いことでしょう。
しかし体質やダイエット方法などにより効果の現れ方は異なるため、個人差が大きいことは事実です。

ここでは痩せる薬で紹介した7種類の医薬品が、どれくらいの期間でどれくらい体重が減少したのかを、臨床試験結果などを元に紹介していきます。

医薬品名 期間 体重減少効果
リベルサス 14mg 26週間 2.4kg
フォシーガ 10mg 24週間 3.17kg
ゼニカル 120mg 1年間 6.1kg
メトホルミン 2,500mg 6ヶ月 平均5.8±7.0kg
ジャヌビア 100mg 52週間 平均1.5kg
グルコバイ 3ヶ月 平均1.45±3.24%
サノレックス 0.5mg 12週間 平均8.2±1.0kg

痩せる薬のメリット

これまでにさまざまなダイエット方法が登場してきました。
その中で、痩せる薬を使ったダイエット方法には次のようなメリットがあります。

我慢をする必要もなく、楽に痩せられるのが瘦せる薬を使ったダイエット方法の魅力です。

以下では、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

食事制限がない

食事制限がない

痩せる薬を服用すると、食事内容を気にすることなく体重を減らすことができます。

ダイエットをする際、多くの方が辛いと感じるものが食事制限です。
我慢できずについ食べ過ぎてしまう方や、好きなものを食べられないためにストレス太りに陥る方もいらっしゃいます。

しかし痩せる薬を服用することで同じ量を食べていても摂取カロリーがカットされるため、無理なくダイエットをすることが可能です。

運動をしなくてもいい

ダイエット方法として定番なのは、ランニングや筋トレなど運動をしながら痩せる方法です。
しかし仕事が忙しく運動をする時間がない場合、現実的な方法ではありません。
また運動が苦手な方では、長続きしないこともあります。

一方、痩せる薬を使ったダイエット方法は、治療薬の服用により肥満の解消や体重維持を目指すものです。
運動をしなくても痩せられることも、大きなメリットです。

痩せる薬のデメリット

痩せる薬によるダイエットにはメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。

メリットだけでなくデメリットも知ることが、痩せる薬を使ったダイエットを成功させるためのコツとなります。
以下ではそれぞれのデメリットを詳しく説明していくので、参考にしてみてください。

副作用がある

痩せる薬として用いられる医薬品は、どれも安全性が認められた上で使用されています。
しかし効果だけでなく、副作用が存在することも事実です。
瘦せる薬を服用した方の中には副作用が辛く、服用を中止したというケースもあります。

対処ができる場合もあるため、種類によりどのような副作用があるのか知っておくことも大切です。

痩せる薬の中でも代表的な種類について、主な副作用をまとめます。

リベルサス ・吐き気
・下痢
・頭痛
・便秘
・嘔吐など
フォシーガ ・発疹
・痒み
・喉の渇き
・めまい
・便秘など
ゼニカル ・油っぽい便
・下痢
・便秘
・腹痛
・ガスの増加など

リバウンドする可能性がある

痩せる薬によるダイエットは、あくまでも治療薬の作用により体重の減少を目指すものです。
治療薬の作用は服用している間しか発揮されないため、服用を中止するとリバウンドする可能性があります。

痩せる薬には食欲を抑制する種類が多く、服用することで自然と食事量が減り、太りにくい食生活に変化していきます。
理想の食生活が習慣化するまで、服用を続けることが大切です。

また痩せる薬の服用をやめた後も、食事の摂り方を意識しましょう

一度体重が落ちたからといって、ダイエットを始める前の食事量や食べ方に戻るとリバウンドのリスクが高まります。
食べ過ぎはもちろん、間食や寝る前の食事など食べる時間や摂取カロリーに注意するようにしてください。

痩せる薬の購入方法

痩せる薬の購入方法

痩せる薬の購入方法は、病院・クリニックで処方してもらう方法と、個人輸入で購入する方法の2種類があります。
購入方法により購入の手軽さや値段、さらに購入できる治療薬の種類などさまざまな要素が異なります。

それぞれの購入方法について、メリットやデメリットも含めて詳しく解説していきます。

病院・クリニック

痩せる薬は、病院やクリニックで購入することができます。
主に美容外科などが設置された病院で取り扱いがあり、治療薬の他に注射や医療機器による痩身治療を受けることも可能です。

しかし病院で痩せる薬を購入しようとすると、自由診療となってしまいます。
薬代が高額になりやすく、金銭的な面で治療を続けられなくなるケースも少なくありません。

またどのような種類の治療薬を取り扱っているかは、病院により異なります。
希望する種類がある場合は、取り扱っている病院を自分で探してから受診しなくてはなりません。

クリニック処方
リベルサス
(セマグルチド)
3mg
1ヶ月 約25,000円
1日あたり 833円
7mg
1ヶ月 約35,000円
1日あたり 1,166円
14mg
1ヶ月 約45,000円
1日あたり 1,500円
サクセンダ
(セマグルチド)
1ヶ月 約25,000円
1日あたり 833円
フォシーガ
(ダパグリフロジン)
1ヶ月 約20,000円
1日あたり 666円
ゼニカル
(オルリスタット)
1ヶ月 約20,000円
1日あたり 666円
メトホルミン 1ヶ月 約8,000円
1日あたり 266円
グルコバイ
(アカルボース)
1ヶ月 約6,000円
1日あたり 200円

痩せる薬は内科で処方してもらえる?

痩せる薬は、一部の内科で処方していることもあります。
しかし脂肪を減らすことで体重を減らす、見た目をきれいにするといった一般的なダイエット目的での処方はおこなわれていません

内科における痩せる薬の処方は、基本的には糖尿病や肥満症と診断された方に対する治療目的でのみおこなわれます。

また内科での肥満症の治療は、すぐに治療薬が処方される訳ではありません。
先に食事療法や運動療法などをおこない、それでも肥満症が改善されない場合に限り治療薬が処方されます。

一般的なダイエット目的で痩せる薬を処方してもらう場合は、内科ではなく美容外科などを受診するようにしましょう。

個人輸入(通販)

痩せる薬は、海外通販サイトから個人輸入をすることができます。

個人輸入では通院をする手間がなく、購入にかかる費用も薬代だけで済むため低価格に抑えられます。
取り扱っている治療薬の種類も幅広く、ひとつのサイトで欲しいものを見つけられることもメリットです。

クリニック処方と当サイトでの価格を比較してみました。
圧倒的に通販の方が安く購入できます。

クリニック処方 当サイト
リベルサス
(セマグルチド)
3mg
1ヶ月 約25,000円
1日あたり 833円
3mg
1ヶ月 27,000円
1日あたり 900円
7mg
1ヶ月 約35,000円
1日あたり 1,166円
7mg
1ヶ月 29,000円
1日あたり 966円
14mg
1ヶ月 約45,000円
1日あたり 1,500円
14mg
1ヶ月 34,000円
1日あたり 1,133円
サクセンダ
(セマグルチド)
1ヶ月 約25,000円
1日あたり 833円
取扱いなし
フォシーガ
(ダパグリフロジン)
1ヶ月 約20,000円
1日あたり 666円
1ヶ月 6,300円
1日あたり 225円
ゼニカル
(オルリスタット)
1ヶ月 約20,000円
1日あたり 666円
1ヶ月 9,360円
1日あたり 222円
メトホルミン 1ヶ月 約8,000円
1日あたり 266円
1ヶ月 2,800円
1日あたり 100円
グルコバイ
(アカルボース)
1ヶ月 約6,000円
1日あたり 200円
1ヶ月 2,700円
1日あたり 90円

またスマホやPCがあればどこでも注文することができ、治療薬は自宅に届くため近くに病院がない方でも手軽に利用できます。

日本語表記のサイトも多く、初めて利用する方も安心です。

個人輸入における痩せる薬の購入は、とにかく値段を抑えて購入したい方や、近くに治療薬の取り扱いがある病院がない方などにおすすめです。

痩せる薬には市販薬がある?

痩せる薬の中でも、市販薬として購入できるのはサプリメントがほとんどです。
市販のダイエットサプリを飲むだけで痩せるのは難しく、基本的には食事の管理や運動を並行して行う必要があります。

また痩せる薬の中でもダイエット効果が実証済みのオルリスタットは唯一、市販薬として承認されています。
しかしオルリスタットの市販薬はまだ販売されておらず、販売後も一定の基準を満たした場合でしか購入できません。

  • 要指導医薬品で薬剤師と対面で相談
  • 男性腹囲85センチ以上、女性腹囲90センチ以上
  • 健康障害を伴わない肥満の人
  • 服用の1ヶ月前から体重や腹囲を測定していること
  • 3ヶ月間は運動や食事改善を取り組んでいること
  • 半年以上服用しても効果がない場合は使用をやめる

市販の下剤はダイエットになる?

一時期、高校生などの学生、若い世代で行われていた下剤ダイエット。

便秘薬や下剤などを服用することで、排便を促し痩せることでダイエットになるという方法です。

下剤ダイエットは、手軽に購入でき、始めやすいことで人気でしたが、実際は便を排出しているだけのため、ダイエットにはなりません。

また、下剤により腹痛が起こったり、依存してしまったりとデメリットも多いダイエット方法です。

便秘気味の時や一時的な体重の減少には有効ですが、長期的な使用は避けましょう。

効率よくダイエットするには?

ダイエットをする一番の目的は、痩せてきれいに見えることではないでしょうか。

効率よくダイエットをしたい方は、痩せる薬の服用と併せて、適度な運動や食事制限を行うことがおすすめです。
そして体重が落ちてきたら服用量を減らしていき、運動を食事制限を主軸におきながらダイエットを続けていきましょう。

こうすることで痩せる薬をやめた後のリバウンドを予防でき、理想の身体をキープすることができます。

痩せる薬を使いながら、無理なく上手にダイエットをしていきましょう。

関連コラム