ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

歯磨き粉

歯磨き粉

歯磨き粉の類似商品

歯磨き粉の種類

・2080歯みがき(NewShiningWhite)
「80歳まで20本以上の歯を維持する」ことがコンセプトの歯磨き粉
・MARVISホワイトニングペースト
国内でも人気のホワイトニング歯磨き粉
・スーパースマイル
全米で4000万本以上の売り上げを誇るホワイトニング歯磨き粉

歯磨き粉と一緒に買われている商品

歯磨き粉の目次

歯磨き粉とは?

歯磨き粉は歯磨きの際に使用されています。
現在では、多くのメーカーから様々な種類の歯磨き粉が販売されています。
ドラックストアなどでも、商品棚には多く並べられており、味が異なるもの、スクラブが入っているものなど、自分の好みによって選び使用することができます。

歯磨き粉の歴史

最初の歯磨き粉は、紀元前1550年頃の古代エジプトの医学書の内容が記載されたパピルスであると言われています。
エジプトでは、4世紀頃に、食塩、黒胡椒、ミントの歯、アイリスの花を混ぜ合わせた粉末の歯磨き粉が使用されていたとされています。
その後、1900年頃に過酸化水素や炭酸水素ナトリウムを含むペースト上の歯磨き粉が使用されるようになりました。
現在のようなチューブに入ったペースト状の歯磨き粉は1896年にコルゲート社によってニューヨークで初めて販売されました。

日本の歯磨き粉

日本では医薬品、医療機器等の品質、有効性安全性の確保等に関する法律により、化粧品、薬用化粧品(医薬部外品)に分類されています。
日本国内で販売されている歯磨き粉の多くの成分には、フッ素、デキストラナーゼ酵素、薬用アミノ酸などが配合されているものです。
日本の歯磨きの特徴としては、1つのシリーズの歯磨き粉にはフレーバーや子供用などといった、年齢などに合わせて選ぶことができるということです。

海外の歯磨き粉

海外で販売されている歯磨き粉には、日本で市販では販売されていない成分を含んだものが多く存在します。
その中でも、ただ歯を磨くために使用するのではなく、毎日の歯磨きから、歯を白く保つといった効果を持ったものも多くあります。
日頃から使用することにより、歯の汚れや黄ばみが起こらないように予防することができ、わざわざ医療機関でホワイトニングをする必要もなくなります。

歯磨き粉を通販で購入するメリット

市販でも販売されている歯磨き粉を通販で買うということにあるメリットについて紹介します。
日本国内でも多くの種類の歯磨き粉がある中で、なぜ通販で購入するのか、なぜ海外の商品を購入するのか説明します。

通販サイトを利用した場合

まず、通販サイトを利用した場合には、実際にお店に買いに行かなくていいというメリットがあります。
直接自宅に届くため、時間がない人などにはとても便利だと言えます。
また、通販を利用することで、日本では販売されていない、海外の歯磨き粉を購入することができます。
医薬品の海外通販サイトなどを利用することで海外の商品も簡単に購入することができます。

通販でしか購入できない歯磨き粉

通販でしか購入できない歯磨き粉は、海外の商品です。
現在は、日本にいながら、海外の商品を購入し使用することができます。
海外の製品には、日本では医療機関でのみ取り扱いされている成分を使用した歯磨き粉があります。
その効果はとても高く、魅力的な商品です。
実際に海外に行って購入することは難しいですが、通販サイトを利用することで簡単に購入することができます。

歯磨き粉の成分

歯磨き粉の成分には大きく分けて4つの成分があります。
研磨剤、発泡剤、保湿剤、結合材があります。
それぞれに働きがあり、その効果によって歯の汚れを取り、歯を清潔に保つことができます。

研磨剤

研磨剤には、リン酸水素カルシウム、炭酸カルシウム、水酸化アルミニウムなどが使用されます。
主に医薬品や吸着剤として使用されています。
研磨剤の強力な製品には歯のホワイトニング効果があります。

発泡剤

発泡剤には、ラウロイルサルコシンソーダ、ラウリル硫酸ナトリウム、ショ糖脂肪酸エステルなどが使用されます。
乳化剤や洗浄剤などとしても使用されており、洗剤に不可欠な両親媒性特性を持っています。

保湿剤

保湿剤には、ソルビトール、グリセリン、プロピレングリコールなどが使用されます。
品質保持、凍結防止、透明性向上などの目的で含まれています。
チンキの溶剤として、降圧剤としても使用されています。

結合剤

結合剤にはアルギニン酸ナトリウム、カルボキシメチルセルロースなどが使用されます。
増粘多糖類およびゲル化剤として使用され、医薬品としては、胃粘膜保護用剤、歯科印象材などに使用されています。

歯磨き粉の有効的な使用方法

歯磨きは行うだけでなく、正しい方法で行うことでその効果があります。
ただ磨けばいいというわけではなく、歯ブラシの使い方や歯磨き粉の量など、細かいところではありますが、1つ1つを丁寧に行うことで綺麗で健康な歯を保つことができます。

使用のタイミング

食後に歯磨きを行うのが一番良いとされています。
食べたらすぐに歯を磨くのが理想です。
食後は細菌が糖分を利用し酸を生成するため、歯の表面が酸性状態となり、リンやカルシウムなどのミネラルが溶け出してしまいます。
通常の中性状態に戻るまでに40分ほどかかり、その間はミネラルが溶けやすい状態が続くことになります。
寝る前などは必ず歯を磨いてから寝るようにしてください。

効果的なブラッシング

1ヶ所を20回以上、歯並びに沿って磨きます。
ブラシを歯と歯茎の間、境目にきちんと当てます。
軽い力で動かします。
150g~200gで、ブラシの毛先が広がらない程度が良いとされています。
5mm~10mm幅を小刻みに動かします。
一気に全ての歯を磨くのではなく、1、2本ずつ磨くようにしてください。

使用に関しての注意

歯磨き粉を使用するときには、ブラシの毛先全体の1/3~1/2程度が良いとされています。
付けすぎてしまうと、歯磨き粉の中に含まれている研磨剤によって歯を削ってしまう恐れがあります。
その他にも付けすぎにより、口の中で泡が多くなり、きちんと磨けないことがあります。
用量をきちんと守って使用してください。

歯磨き粉でホワイトニング

歯磨き粉を使用して歯を磨くことで、毎日の習慣からホワイトニングを行うことができます。
また、一度白くした歯の白さを保つためにも毎日の歯磨きから変えていくことをお薦めします。
現在では、歯磨き粉の成分にホワイトニングの成分が含有されているものも多く販売されています。

クリニックと歯磨き粉でのホワイトニングの違い

クリニックで行うホワイトニングは過酸化水素を使用して、歯を漂白するといったのもです。
また、クリニックで行う場合には1回の施術で白い歯にすることができますが、その費用は18,000円~30,000円ほどかかります。
歯磨き粉を使用したホワイトニングでは、1回の歯磨きで白い歯にすることはできませんが、毎日継続して行くことで白い歯を手に入れることができます。
歯磨き粉1本の値段は1,000円~とそこまで高くありません。
価格もお手頃で自宅で行えるというのが最大のメリットだと言えます。

目的別でオススメの歯磨き粉

歯磨き粉はその使用用途によって種類を選ぶことができます。
ホワイトニングだけでなく、口臭予防や虫歯予防、歯周病予防など様々な使用用途があります。
自身に合ったものを選び使用することをお薦めします。

口臭予防

[WhiteGlo]2in1ウィズマウスウォッシュは海外で人気の高い商品です。
変色した汚れ、細かいプラークを効果的に取り除くことができます。
継続して使用することで、色素沈着した黄ばみを浮かせ、歯の表面を傷つけることなく白くすることができます。
また、マウスウォッシュの成分が含まれているため、口内で泡が浸透し、汚れだけでなく口臭の改善や虫歯を予防することができます。

歯の着色(ホワイトニング)

[WhiteGlo]スモーカーズフォーミュラーはタバコのヤニや飲料などにより変色してしまった黄ばみを取り除くことのできる商品です。
歯のエナメル質を傷つけることなく、毎日継続して使用することで、健康的な白い歯へと近づけることができます。
含まれている成分によって、付着した汚れや匂いを洗浄し、落ちにくいヤニの黄ばみや口臭を、口内の衛生環境を清潔に保つことで改善します。

虫歯予防

マービスホワイトニングミントトゥースペーストはイタリアで販売された人気の高い歯磨き粉です。
歯の汚れを落とすとともに、虫歯予防ができます。
加齢による黄ばみや歯石の予防をすることが可能で、ミントの刺激で口内をリフレッシュし、虫歯を予防することもできる、1つあると便利と言える歯磨き粉です。

歯周病予防

牙齦適パラドンタックスは歯茎の出血や歯肉炎、歯周病などを予防する歯磨き粉です。
また、歯垢を効果的に取り除くための成分が含まれており、その成分も植物由来のものとなっています。
歯茎が出血を起こす場合には、歯茎の炎症が原因となっています。
歯茎が炎症を起こしていることで、歯肉炎になる確率が高くなります。
また、歯石が沈着している場合には、歯石に歯周病菌が入り込みやすくなり、歯肉炎が歯周病へと繋がってしまいます。

歯磨き粉に関するよくある質問

Q.フッ素が入っている歯磨き粉と入っていない歯磨き粉はどっちがいいの?
A.フッ素が含まれている歯磨き粉には歯を白くする効果があります。
歯を白くしたい方にはフッ素入りの歯磨き粉がお薦めです。
現在販売されている歯磨き粉はフッ素が含まれていなくても、十分に洗浄効果があります。

Q.天然成分の歯磨き粉ってあるの?
A.現在主成分として使用されている成分は基本的には化合物となっています。
そのため全てが天然成分でできている歯磨き粉というのはありません。
しかし、主成分以外の成分に天然成分を含んでいる製品もあります。

Q.歯磨き粉を使用しないで歯を磨くとどうなるの?
A.歯磨き粉を使用しない歯磨きでは、大きな汚れやカスを取り除くことができますが、歯磨き粉を使用することで細かい汚れが取れるようになります。
泡が歯の細かい間にも入り込むことで汚れを落とすことが可能です。

Q.液体歯磨きと歯磨き粉で違いはあるの?
A.液体歯磨きと歯磨き粉ではそれぞれにメリット、デメリットがあります。
液体歯磨きのメリットは口内の隅々まで行き届くということです。
一方デメリットは、ゆすいだだけで歯磨きした気になってしまうということです。
理想は歯磨き粉を使用して歯を磨いた後に、液体歯磨きでゆすぐことをお薦めします。

関連コラム