ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る
ログイン

メールアドレス

パスワード

こんな人におすすめ
  • 炭水化物を控えるのがつらい
  • 食事制限が苦手
  • ダイエットが続かない
フォシーガ 10mg
容量 販売価格 1錠あたり 取得ポイント 注文
28錠 6,300 225 189pt

フォシーガの商品情報

特徴 SGLT2阻害薬(血糖降下薬)。日本でダイエット目的でも処方。
有効成分 ダパグリフロジン/Dapagliflozin/10mg
効果 糖尿病、慢性心不全、慢性腎臓病、ダイエット
メーカー AstraZeneca/アストラゼネカ
発送国 シンガポール
支払方法 銀行振り込み、クレジット、コンビニ
送料 全国一律1,000円 10,000円以上のお買い物で送料無料
届くまでの目安 ご購入から約2週間(世界情勢によって異なります。)

フォシーガの関連商品

フォシーガの特徴

コチラの商品は市場により商品パッケージのスペルが異なります。
そのため商品画像と、実際のパッケージが異なる場合があります。

商品は全てアストラゼネカ社のフォシーガになります。

  • Forxiga(ヨーロッパ)
  • Farxiga(アメリカ)
  • Forziga(トルコ)

フォシーガはSGLT2阻害剤に分類されている、血糖値を下げ、糖尿病の治療に使われているお薬です。

日本では糖尿病治療薬として承認されていますが、ブドウ糖を体外に排出させるためダイエット(体重減少)効果も期待できます。

そのため国内の美容クリニックなどではダイエット目的でも処方されています。
※日本ではダイエット目的では承認されていないので、自費診療になります。

10mg、1ヶ月分25,000円~

他のダイエットピルとの違い

ゼニカルやリベルサスもダイエットピルとして使用されていますが、根本的に効果が異なります。

フォシーガ
(ダパグリフロジン)
リベルサス
(セマグルチド)
ゼニカル
(オルリスタット)
分類 選択的SGLT2阻害薬 GLP-1受容体作動薬 リパーゼ活性阻害薬
効果 糖の吸収を抑え排出する 血糖値をコントロール、食欲を抑える 脂肪の吸収を抑え排出する
向いてる人 糖分を抑えるのが苦手 食欲を抑えるのが苦手 脂肪分を抑えるのが苦手

フォシーガの効果

2型糖尿病、1型糖尿病、慢性心不全、慢性腎臓病、体重減少

有効成分ダパグリフロジンが、SGLT2を選択的に阻害し、腎臓の近位尿細管で糖が再吸収されるのを抑えてくれます。

そして過剰な糖は尿として排出されます。

インスリンとは関係なく作用し、効きすぎによる低血糖症の発現リスクは低いです。

フォシーガの副作用

重い副作用 その他
低血糖
脱水
腎盂腎炎
陰部壊疽
敗血症
ケトアシドーシス(吐き気や意識低下など)
頻尿
多尿
口渇
降圧剤
膀胱炎など尿路感染症
膣カンジダなど性器感染症
便秘
体重減少
腎機能の異常
血中ケトン体増加

利尿作用があるため、頻尿になりやすいです。脱水症を避けるためにも適度な水分補給が必要です。

重い副作用はめったに見られませんが、初期症状等に注意し、異常を感じた場合や不安なことは医師に相談してください。

フォシーガの服用方法

2型糖尿病:通常成人であれば1日1回5mgを服用。
効果不十分な場合、1回10mgに増量できます。

1型糖尿病:インスリン併用で、通常成人であれば1日1回5mg服用。
効果不十分な場合、1回10mgに増量できます。

慢性腎臓病・心不全:通常成人であれば1日1回10mgを服用。

ダイエット目的:1日1回1錠を服用。

服用は医師の指示に従ってください。

フォシーガの注意事項

血糖値が下がりすぎる低血糖には注意してください。

利尿作用による尿量が増えます、頻尿に注意してください。

  • 本剤に対して過敏性の既往歴のある方
  • 糖尿病性昏睡の方
  • 重い外傷の方
  • 重症感染症の方
  • 手術前後でインスリン適用の方
  • 腎臓病の方
  • 重い肝臓病の方
  • 尿路・性器感染症の方
  • 排尿困難、尿量の少ない方
  • 脳下垂体機能不全の方
  • 副腎機能不全の方
  • 栄養不良、衰弱状態、不規則な食事や食事摂取量が不足している方
  • アルコール摂取量が多い方
  • フォシーガ以外の血糖降下薬を服用している方
  • 脱水症状を起こしやすい方
  • 高齢の方
  • 激しい筋肉運動を行う場合

その他治療中の病気や、持病によっては服用できない可能性があります。医師に相談してください。

フォシーガの併用禁忌・注意薬

併用禁忌薬 併用注意薬
現在報告されていません。 血糖降下作用を強める可能性のある薬
インスリン注射薬
スルホニルウレア系薬
速効型インスリン分泌促進薬
GLP-1受容体作動薬
ある種の降圧薬(β遮断薬)
フィブラート系高脂血症治療薬

血糖降下作用を弱める薬
ステロイド薬(プレドニン等)
甲状腺ホルモン薬(チラーヂン等)

利尿剤

アルコール

その他薬によっては併用できない場合がありますので、服用中の薬がある場合は医師に相談してください。

参考サイト

フォシーガの服用方法、副作用、併用禁忌、併用注意のご説明には、販売国の説明書のほかに、次のサイトを参考にしています。

参考:医療用医薬品 :フォシーガ

参考:ダパグリフロジン:フォシーガ

この商品を見た人がチェックした商品

口コミ・レビュー

口コミ・レビューを投稿する
評価:
お名前: 年齢:

関連コラム