ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

登録した際のメールアドレスを入力し送信して下さい。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

line twitter

AGA治療薬

プロペシア

ザガーロ

ミノキシジル内服薬

育毛サプリメント

ミノキシジル外用薬

AGA治療薬のオススメセット商品

AGA治療薬の特徴

プロペシア ・98%の男性に有効
・抜け毛を防ぐ
・世界初のAGA治療薬
ザガーロ ・プロペシアの1.6倍の効果
抜け毛を防ぐ
ミノキシジル ・発毛を促す
・プロペシアやザガーロと併用できる
・飲み薬と塗り薬で効果や副作用が異なる
育毛サプリメント ・健康的な髪をサポート
・不足した栄養を補給

AGA治療薬については下記サイトを参照しています
KEGG: Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes

AGA治療薬と一緒に買われている商品

AGA治療薬とは

AGAはヘアサイクルが乱れることで起きる男性特有の薄毛の症状で、男性型脱毛症と呼ばれています。

AGA治療薬は服用を続けることで、AGAの原因である男性ホルモンの生成を阻止し、乱れたヘアサイクルを通常の状態へと徐々に戻す効果があります。

ヘアサイクルが通常の状態に戻ることで、抜け毛を抑制させることができます。

現在AGA治療薬として活躍している有効成分は以下の3種類になります。

フィナステリド
(プロペシア)
デュタステリド
(ザガーロ)
ミノキシジル
(内服・外用)
効果 5αリダクターゼII型を阻害
男性型脱毛症の進行遅延
5αリダクターゼI型・II型を阻害
男性型脱毛症
発毛促進 頭皮の血行促進
毛母細胞の活性化
特徴 国内初のAGA治療薬
AGA治療薬の第一選択薬
AGAの進行を抑制
国内第2のAGA治療薬
プロペシアがI型だけなのに対し、II型も阻害
日本で唯一発毛効果が認められている成分
外用薬と内服薬がある
服用方法 1日1回0.2mg~1mgを服用 1日1回0.1mg~0.5mgを服用 内服薬:1日1回5mg~10mgを服用
外用薬:1回1mlを朝晩2回、頭皮に直接塗布
副作用 リビドー減退、EDなど リビドー減退、ED、精子量減少など 内服薬:多毛症、血圧低下、むくみ、頭痛など
外用薬:頭皮のかゆみやかぶれ、フケなど
リンク 商品一覧へ 商品一覧へ 商品一覧へ
ポイント!

プロペシアとザガーロはAGAを抑制する働きですが、ミノキシジルには発毛効果が認められています。

AGAクリニックではプロペシアとザガーロどちらかと、ミノキシジルとの併用を推奨しています。

フィナステリド+ミノキシジル デュタステリド+ミノキシジル
特徴 プロペシアの有効成分フィナステリドと、ミノキシジルタブレットのお得なセット商品 ザガーロの有効成分デュタステリドと、ミノキシジルタブレットのお得なセット商品
セット内容 3ヶ月分or6ヶ月分 3ヶ月分or6ヶ月分
リンク 商品へ 商品へ

AGA治療薬は通販で購入できる

プロペシアとザガーロ、そしてミノタブと呼ばれるミノキシジルの内服薬は、クリニックで処方してもらう必要があります。

※ミノキシジルの内服薬は国内では承認されていませんが、海外から輸入して処方しているクリニックもあります。

外用タイプのミノキシジルのみ、ドラッグストアの通販サイト等で、薬剤師の問診表対応などの条件付きではありますが購入できます。

ポイント!

国内のAGA治療薬は基本Amazonなどの通販サイトでは購入できません

しかし海外からであれば海外で販売されているプロペシアなどを個人輸入で購入できます。

海外からプロペシアやザガーロ、日本にはないジェネリック、そしてミノキシジルタブレットを通常の通販と同じように購入できます。

※国内では処方箋薬に当てはまりますので、医薬品の通販(個人輸入)は自己判断、自己責任になります。

AGA治療薬の通販は個人輸入代行サイトで

AGA治療薬を海外から通販したい場合、当サイトのような個人輸入代行サイトが安心で、そして大変便利です。

  • ①法に準じた運営
  • ②正規品のみ取り扱い
  • ③日本語で対応
  • ④カスタマーサポート

医薬品の個人輸入の場合、購入できる個数が決まっていたり、通販できない医薬品があるなど法律で決められていることがたくさんあります。

そして中には、偽物を販売している業者も残念ながらあります。

当サイトでは日本語の話せるスタッフが対応、法に準じた運営を行っているので、安心でスムーズにAGA治療薬を通販で購入できます。

AGA治療薬の通販に関する注意点

AGA治療薬を通販で購入する場合、注意しなければいけないことがあります。

  • ①届くまでに時間がかかる
  • ②他人に販売したり譲渡してはいけない
  • ③偽物を販売している業者もいる
  • ④自己責任での購入

海外のAGA治療薬なので、もちろん海外からの発送となります。国内の通販と異なり、届くまでに2週間ほどかかってしまいます。(世界情勢によってはもう少しかかる場合も)

AGA治療薬は継続して使用することで、その効果を得ることができます。届くまでに時間がかかるため、その分を考慮して注文しましょう。(早めに注文するなど)

医薬品の個人輸入は、自分で使用する場合のみ認められています。そのため誰かに販売したりあげることはできません。

そして自己判断での購入となるので、自己責任になるということを覚えておきましょう。

AGA治療薬にかかる費用Q&A

AGA治療薬は即効性があるわけではなく、続けていくことで効果を得ることができます。(最低でも半年間の継続が推奨されている)

そのため気になるのはその費用です。以下でAGA治療薬にかかる費用のQ&Aを紹介していきます。

Q、AGA治療薬は保険適用?

A、AGA治療薬は自費診療で、保険適用ではありません。

薬価基準未収載薬にあてはまり、国に承認されているプロペシアやザガーロも全て自費診療になります。

100%自己負担となりますので、クリニックに行く前にHPなどで費用を確認しておきましょう。

Q、通販とクリニックどっちが安い?

A、通販(個人輸入)の方が安いです。

通販(個人輸入) クリニック
プロペシア
(1ヶ月分)
先発薬:7,740円~
ジェネリック:1,350円~
先発薬:8,000円~
ジェネリック:4,000円~
ザガーロ(1ヶ月分) 先発薬(アボダート):4,480円~
ジェネリック:2,700円~
先発薬:10,000円~
ジェネリック:7,000円~
ミノキシジル(1ヶ月分) タブレット:1,170円~
外用薬:3,800円~
タブレット:7,000円~
外用薬:7,000円~

※当サイト調べ

※ザガーロは日本の品名で、海外では同じ製薬会社から同じ有効成分でアボダートとして販売されています。

薬代だけ見ても通販の方がかなり安く、クリニックでは別途診察代や、検査代などがかかる場合もあります。

Q、費用を抑えてAGA治療したい

A、ジェネリック医薬品がおすすめです。

上記で価格比較表を掲載しましたが、通販は通販でもジェネリックを選べばかなり価格を抑えることができます。

残念ながらAGA治療薬を途中でやめてしまうと、元に戻ったへアサイクルが再び乱れてしまう恐れがあります。

AGA治療は継続することで効果を得ることができるため、なるべく安い価格で購入することで、AGA治療のコストを抑えることができます。

プロペシア通販の場合

先発薬:7,740円-ジェネリック:1,350円=6,390円

1ヶ月6,390円も費用を抑えることができます。

Q、通販とクリニックどっちで買えばいい?

A、望むものによって異なる。

費用を抑えたいなら断然通販ですが、不安なことがある場合や、現在治療中の病気があるなど医師の診察が必要だと感じている方であれば断然クリニックです。

AGA治療薬は元来医師の処方が必要な医薬品(ミノキシジルの外用薬以外)ですので、初めてAGA治療をする場合など、医師に相談しましょう。

元々AGA治療薬を処方してもらっていた、問題なかった、通院が手間、価格を抑えたい、とお考えであれば通販が向いていると考えられます。

AGA治療薬の選び方

AGA治療薬は大きく分けると3種類あると説明してきました。

どのAGA治療薬を選べばいいのかお悩みの方に、以下でタイプ別でAGA治療薬を分けています。参考にしてみて下さい。

※あくまでも参考で、詳しくは医師に相談してください。

プロペシア ザガーロ ミノキシジル
タブレット
ミノキシジル
外用薬
初めてのAGA治療
プロペシアで
効果が無かった
×
ザガーロで
効果が無かった
×
とにかく生やしたい
○との併用が
おすすめ

○との併用が
おすすめ
副作用が心配

※AGA治療は即効性はなく、最低でも半年間継続する必要があります。

プロペシア

プロペシア

プロペシアとは、AGAに対して約98%の有効性が認められている世界初のAGA治療薬です。
日本では2005年に販売が開始され、現在AGA治療の第一選択薬としてAGAで悩む多くの男性を支えています。

プロペシアは、乱れたヘアサイクルを通常のヘアサイクルに戻すことでAGAを改善します。
AGAの原因は、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼI型・II型が結びつくことで生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)です。

有効成分フィナステリドは、5αリダクターゼII型の働きを阻害してDHTの生成を抑制します。
その結果、乱れたヘアサイクルが正常な状態に導かれ、AGAの症状が改善されます。

ザガーロ

ザガーロ

ザガーロとは、プロペシアの1.6倍の発毛効果が確認されているAGA治療薬です。
イギリスの製薬会社グラクソスミスラインが開発し、日本では第2のAGA治療薬として2016年に販売が開始されています。

ザガーロもプロペシアと同様にAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制してAGAを改善させる治療薬です。

有効成分デュタステリドは、DHTの生成に欠かせない酵素5αリダクターゼの働きを阻害します。
この5αリダクターゼにはI型・II型があり、プロペシアはII型のみを阻害するのに対し、I型・II型の両方を阻害するのがザガーロの特徴です。

ザガーロの方が5αリダクターゼの阻害範囲が広いことから、AGAの改善効果も高くなっています。

ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジルとは、6ヶ月の使用で9割以上の人にAGAの改善効果が見られた医薬品成分です。
日本で唯一発毛効果が認められているミノキシジルには、飲むタイプの内服薬と塗るタイプの外用薬の2種類あります。

同成分でも成分の吸収方法の違いから効果や副作用が異なるため、ここでは外用薬と内服薬、それぞれの特徴を紹介していきます。

飲むミノキシジル

ミノキシジルの内服薬は、ミノキシジルタブレット(略してミノタブ)という名前で認知されています。

ミノタブは元々、高血圧症の治療に用いられる、血管拡張薬ロニテンのジェネリック医薬品です。

ロニテンの臨床試験で、発毛効果が確認されたことからAGA治療薬として注目されるようになりました。

外用薬と発毛のメカニズムは一緒で、「毛母細胞の活性化」と「血管拡張作用」の2つの働きで発毛を促し、髪の成長を助けます。
外用薬に比べ、内服薬の方が成分の吸収率が高いため、即効性があるのが特徴です。ただし、外用薬に比べて副作用のリスクが高まります。

日本でミノタブはAGA治療薬としては未承認です。

塗るミノキシジル

ミノキシジル外用薬は、日本ではリアップ、海外ではロゲインという商品名で認知されている医薬品です。

ミノキシジルは、「毛母細胞の活性化」と「血管拡張作用」の2つの働きにより発毛を促します。毛母細胞とは、分裂を繰り返すことで新しい髪の毛を生成するとても重要な細胞です。

ミノキシジルは、この毛母細胞を活性化させることで発毛を促します。また、同時に頭皮の血管を拡張することで血流がよくなり毛母細胞に栄養をしっかりと運ぶことで髪の成長も助けてくれます。

なお、外用薬は内服薬よりも即効性に欠けますが、その分、副作用が比較的軽いのが特徴です。

AGA治療薬のジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は、先発薬と有効成分が同じなので、効果・効能・安全性どれも同等

となっています。

ジェネリックだと効かないのでは?と思いの方も多いですが、違うのは製薬メーカーと、製品名、価格などです。

以下でお得なジェネリックのセット商品を紹介しておきます。

フィナステリド+ミノキシジル

容量 価格
200錠 6,750円
400錠 12,150円

フィナステリド+ミノキシジルは、プロペシアジェネリックのフィナクスとロニテンジェネリックのミノクソールのセット商品です。

フィナステリドで守り、ミノキシジルで攻めるという、効果の異なる2つの有効成分を併用することで、AGAに対してより高い改善効果が期待できます。

デュタステリド+ミノキシジル

容量 価格
200錠 6,750円
400錠 12,150円

デュタステリド+ミノキシジルは、ザガーロジェネリックのデュタスロンとロニテンジェネリックのミノクソールのセット商品です。

プロペシアで効果がなかった方やザガーロ単体で効果が感じられなかった方にオススメです。

関連コラム