ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報
更新日時:

薄毛はカツラ、植毛、育毛、どれが良いのか迷っている人へ

薄毛を解決するためには今のご時世、色々な方法があります。
薄毛問題を根本的に解決する医薬品を用いた薬物療法や、すぐに改善できるカツラ着用、自分の髪の毛を移植し植毛する方法などがあります。

しかし結果的にはどれを選択して良いのか分からず迷う方も多いのが現状です。
そこでこの記事ではそんな迷っている人のために、最終的にはどれがおススメなのかをお話しできればと思います。

医療行為と美容行為の違い

まず初めにお話しておきたいのが近いようで実は違う、医療行為と美容行為の違いについてです。

薄毛問題を解決するためには大きく分けてこの2タイプに分けられます。
医療行為と言うのは医師でなければ行えない治療行為のことで、植毛治療と今話題の薄毛治療が挙げられます。

一方の美容行為と言うのは医師が治療を行わずに、美容メーカーの担当者が行う施術法となり、カツラや増毛が該当します。

では違いをお話しさせていただいたところで、それぞれの治療法、施術法について詳しく解説していきます。

カツラを使う

一昔前までは医学の進歩が今と比較しても発展していなかったため、薄毛=カツラの印象を持つ人も少なくありません。
これは美容行為に該当するため、保険が適応されることがなく、全額実費となります。

メリットとしては、すぐに薄毛を隠すことができる点や重度の薄毛から軽度の薄毛まで自分に合った箇所をピンポイントで改善できる点です。
しかし根本的な改善にはならないため、ドラマや漫画などでもよく見るようにズレて薄毛がバレる可能性も否めません。

増毛

増毛も美容行為になります。
つまり施術を受ける際には医療機関ではなく、美容クリニックになります。

「増毛」と聞くと増やすことをイメージするため、自分の毛髪を増やす。と解釈する方も少なくありませんが正確には自分の今ある毛髪に人口毛髪を付けると言う意味合いです。

手軽に始められる半面、自毛が伸びてくるため定期的なメンテナンスを行う必要があります。
また人口毛と自身の毛髪は繊維が違うため、カラーリングを行えないデメリットもあります。

植毛

植毛治療は完全な医療行為となるため医療機関で医師による施術を受ける必要があります。

植毛には2種類あり、人口毛植毛と自毛植毛に分けられます。
一般的な自毛植毛は自身の毛髪が残っている髪の毛を薄毛の部分に移植するため、美容整形外科の部類に区分されます。

自身の細胞をそのまま埋めるため、再生能力が非常に良く、根本的な治療に効果的です。
しかし薄毛治療を行う金額面では比較的高額になってしまうこと、植毛を行う上で毛髪の本数に限界があるため、範囲が広い場合は完全にカバーしきれない場合もあります。

薄毛治療

ここ最近では薄毛治療がメディアなどでも取り上げられ1番コストパフォーマンスにも優れ人気の治療法です。
こちらも医療行為となっており、医師のカウンセリングや医薬品の処方を行ってもらう方法です。

他の治療法と異なるのは人体に傷を付けない、保存的治療、とも呼ばれ、主に内服薬、外用薬のみで治療を進行していく形になります。

薄毛治療に関しては医療行為のため保険も適用されます

しっかりと効果が認められた医薬品を使用しますが、約3か月~半年ほど時間がかかるのがデメリットです。

あなたに合った治療法を

薄毛治療と言っても色々な種類があることをお話しさせて頂きました。
最終的には自身が一番悩んでいることにマッチングした治療法、費用問題もありますが、せっかく治療するのであれば自毛を生やす方法が長い人生の中で賢い選択肢かと思います。

現状、世界でしっかりと効果が認められた薄毛に効果のある医薬品でも、日本国内では認可が下りないのが現状です。
それは日本が世界トップクラスで医薬品の輸入に厳しいからです。

ネットのくすり屋さんでは、こういった薄毛にしっかりと効果のある立証済みの医薬品を多数揃えており、診察費などわずらわしい出費もすることなく購入できるため、ぜひ興味があれば覗くだけでも見てみてくださいね。

関連ページ

合わせて読みたいお薦め記事