ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

AGA治療薬

プロペシア

ザガーロ

ミノキシジル

育毛サプリメント

AGA治療薬のオススメセット商品

AGA治療薬の特徴

・98%の男性に有効
・抜け毛を防ぐ
・世界初のAGA治療薬
・プロペシアの1.6倍の効果
抜け毛を防ぐ
・発毛を促す
・プロペシアやザガーロと併用できる
・飲み薬と塗り薬で効果や副作用が異なる
・健康的な髪をサポート
・不足した栄養を補給

AGA治療薬について

プロペシアについて
ザガーロについて
ミノキシジルについて
育毛サプリメントについて

AGA治療薬については下記サイトを参照しています
KEGG: Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes

AGA治療薬と一緒に買われている商品

AGAとは

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で、日本では「男性型脱毛症」と言われており、思春期以降に生え際や頭頂部の毛髪が薄くなる状態のことです。

日本人男性の3人に1人がAGAで悩んでいますが、AGA治療薬には98%の改善効果があるため積極的に治療をする方も増えています。

AGAは放置すると症状が進行していくため、抜け毛が気になる方、頭頂部や生え際が以前より薄くなってきたと感じている方は早期治療することが大切です。

症状

AGAの代表的な症状は、額の生え際の後退や頭頂部の薄毛です。
まずは、抜け毛の増加や髪のハリやコシの低下、前頭部や頭頂部で弱々しい毛が増えるなどの初期症状からはじまります。

そして、徐々に症状は悪化していき、最終的には前頭部から頭頂部にかけて髪の毛がない状態になってしまいます。

このようにAGAは進行性の脱毛症のため、放置しても症状が改善することはありません。

ただし、現在はAGA治療薬を用いる治療も確立しているため、AGAの原因を理解して適切な治療と対策を取ることで症状を改善できます。

原因

AGAの1番の原因は、「DHT(ジヒドロテストステロン)」と考えられています。
DHTとは、男性ホルモンの1種「テストステロン」と、頭皮に存在する「5αリダクターゼ(5α還元酵素)」が結びつき生成される男性ホルモンです。

このDHTが、どのようにしてAGAを発症・進行させるのか知る上で重要なのが、髪の毛が生えてから抜けるまでのヘアサイクルです。

通常、髪の毛は約3~6年で成長期→退行期→休止期という一連の流れを経て脱毛しますが、成長期がヘアサイクルの9割を占めます。

しかし、DHTが毛包の男性ホルモンレセプターと統合すると、ヘアサイクルを乱して成長期を数か月~1年ほどに短縮させてしまいます。
その結果、成長途中で髪の毛が抜け落ちてしまう、これこそがAGAの発症・進行の大きな原因です。

とくに遺伝によって、5αリダクターゼの活性度が高い体質や感受性の高い男性ホルモンレセプターを受け継いだ場合、AGAの発症リスクが高くなるといわれています。

その他にも、生活習慣の乱れによる頭皮環境の悪化やホルモンバランスの乱れが、AGAを発症・悪化の1つの原因として考えられています。

AGAを改善するには、これらの原因を1つずつ取り除くことが重要です。

改善方法

AGAの症状を改善するには、適切な治療と対策をとることが重要です。
ここでは、AGAの今すぐできる対策から98%の有効性がある治療薬まで、様々な改善方法を紹介していきます。
AGAを改善するために、日々の生活の中にこれらの改善方法を取り入れていきましょう。

生活改善

生活習慣の乱れによる頭皮環境の悪化やホルモンバランスの乱れはAGAの原因の1つと考えられています。
そのため、生活習慣を改善して、頭皮環境やホルモンバランスを整えることが重要です。
生活習慣を改善する上で以下の4項目を意識してください。

  • バランスの取れた食事
  • 最低6時間以上の睡眠
  • ストレスを抱え込まない
  • 飲酒・喫煙は控えめに

頭皮環境を整える上で、栄養バランスの取れた食事を取ることが大切です。

また、髪の毛の主成分であるタンパク質や、タンパク質作りに欠かせない亜鉛、血流を促進させるビタミン類などを意識的に摂取しましょう。

睡眠不足や過度のストレスはホルモンバランスを崩します。

そのため、適度な運動などでストレスを発散しながら、しっかりとした睡眠を取ることが大切です。
過度の飲酒や喫煙は、頭皮の血行を悪化させる原因となるため、お酒の量や1日の喫煙数を減らすなどを心掛けましょう。

マッサージ

健康な髪を育てるには、頭皮の血行を改善することが大切です。
その手段として、最も簡単に取り入れられるのが、頭皮マッサージです。

頭皮マッサージとは、指の腹や手のひらを使って優しく頭皮のマッサージをすることで、頭皮の血行を改善する効果が見込めます。

とくに、シャンプーをして軽くタオルドライをした後に育毛剤を付けて頭皮マッサージをするとより効果的です。

ただし、頭皮マッサージのやりすぎや力の入れすぎは、逆に頭皮や毛髪に悪影響を及ぼすので注意しましょう。

AGA治療薬

AGAを改善する最も効果的な方法は、AGA治療薬を使用することです。
AGA治療薬とは、抜け毛や薄毛を改善する治療薬で、臨床データからも98%の改善効果などの高い有効性が認められています。
なお、AGA治療薬は以下の2つのタイプにわけられます。

  • 抜け毛を防ぐ守りタイプ
  • 発毛を促す攻めタイプ

抜け毛を防ぐ守りタイプの治療薬は、プロペシアやザガーロです。
こちらは服用薬のみで、AGAの原因であるDHTの生成を抑制することでAGAの進行を抑制します。

発毛を促す攻めタイプは、リアップやロゲイン、ミノキシジルタブレットなどで知られるミノキシジルです。
塗るタイプの外用薬と飲むタイプの服用薬があり、AGA治療薬の中で唯一「発毛促進効果」が認められています。

なお、この攻めと守りのタイプ両方を併用することでより高い効果が期待できます。

育毛サプリメント

育毛サプリメントとは、毛髪や頭皮環境を整えてくれる栄養素が配合されているサプリメントです。
髪の成長に必要な栄養成分として、亜鉛やリジン、ビタミン類などがあげられます。

また、ノコギリヤシやカプサイシンなどは頭皮の血行促進をサポートします。

これらの栄養素は食事から摂取できますが、バランスよく摂取することは困難ではないでしょうか?
そこで、活躍するのが育毛サプリメントです。
育毛サプリメントを使用することで、毛髪や頭皮環境を整えるための不足する栄養素を手軽に補えます。

ただし、育毛サプリメントには発毛効果はないため、発毛を実感したい場合には、AGA治療薬と併用することをおすすめします。

とくに、リジンを含む育毛サプリメントはAGA治療薬と相性がよいといわれ、併用している方が多いのが特徴です。

AGA治療薬の種類

AGA治療薬には大きく分けて3種類の成分が使用されています。
それぞれの成分の特徴や効果を表にまとめました。

フィナステリド(プロペシア) デュタステリド(ザガーロ) ミノキシジル
効果 5αリダクターゼII型を阻害
男性型脱毛症の進行遅延
5αリダクターゼI型II型を阻害
男性型脱毛症
発毛促進 頭皮の血行促進
毛母細胞の活性化
特徴 国内初のAGA治療薬
AGA治療薬の第一選択薬
AGAの進行を抑制
国内第2のAGA治療薬
プロペシアの1.6倍の発毛効果
日本で唯一発毛効果が認められている成分
外用薬と内服薬がある
服用方法 1日1回0.2mg~1mgを服用 1日1回0.1mg~0.5mgを服用 内服薬:1日1回5mg~10mgを服用
外用薬:1回1mlを朝晩2回、頭皮に直接塗布
副作用 リビドー減退、EDなど リビドー減退、ED、精子量減少など 内服薬:多毛症、血圧低下、むくみ、頭痛など
外用薬:頭皮のかゆみやかぶれ、フケなど

プロペシア

容量 価格
28錠 7,740円
56錠 14,700円
84錠 20,100円

プロペシアとは、AGAに対して約98%の有効性が認められている世界初のAGA治療薬です。
日本では2005年に販売が開始され、現在AGA治療の第一選択薬としてAGAで悩む多くの男性を支えています。

プロペシアは、乱れたヘアサイクルを通常のヘアサイクルに戻すことでAGAを改善します。
AGAの原因は、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼI型・II型が結びつくことで生成されるDHT(ジヒドロテストステロン)です。

有効成分フィナステリドは、5αリダクターゼII型の働きを阻害してDHTの生成を抑制します。
その結果、乱れたヘアサイクルが正常な状態に導かれ、AGAの症状が改善されます。

・服用方法

1日1回0.2mg~1mgを継続して服用
正常なヘアサイクルに戻すために最低でも6ヶ月間の継続服用が推奨されています。

・副作用

プロペシアの副作用としてリビドー減退(性欲減退)やED(勃起不全)が広く知られています。
ただし、製造販売元のMSD社の調査によると、リビドー減退:1.1%、ED:0.7%と発生頻度が極めて低いのが特徴です。

ザガーロ

容量 価格
30錠 4,500円
60錠 8,100円
90錠 10,800円

ザガーロとは、プロペシアの1.6倍の発毛効果が確認されているAGA治療薬です。
イギリスの製薬会社グラクソスミスラインが開発し、日本では第2のAGA治療薬として2016年に販売が開始されています。

ザガーロもプロペシアと同様にAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制してAGAを改善させる治療薬です。

有効成分デュタステリドは、DHTの生成に欠かせない酵素5αリダクターゼの働きを阻害します。
この5αリダクターゼにはI型・II型があり、プロペシアはII型のみを阻害するのに対し、I型・II型の両方を阻害するのがザガーロの特徴です。

ザガーロの方が5αリダクターゼの阻害範囲が広いことから、AGAの改善効果も高くなっています。

・服用方法

1日1回0.2mg~1mgを継続して服用
正常なヘアサイクルに戻すために最低でも6ヶ月間の継続服用が推奨されています。

・副作用

ザガーロの抑制するDHTは性欲亢進や男性機能の発達などに影響していることから以下の副作用を引き起こす可能性があります。
ED(勃起不全):4.3%(24/557例)
リビドー減退(性欲減退):3.9%(22/557例)
精液量減少:1.3%(7/557例)
上記の数値は第II/III相国際共同試験において確認された数値です。

ミノキシジル

ミノキシジルとは、6ヶ月の使用で9割以上の人にAGAの改善効果が見られた医薬品成分です。
日本で唯一発毛効果が認められているミノキシジルには、飲むタイプの内服薬と塗るタイプの外用薬の2種類あります。

同成分でも成分の吸収方法の違いから効果や副作用が異なるため、ここでは外用薬と内服薬、それぞれの特徴を紹介していきます。

外用薬

容量 価格
60ml 4,280円

ミノキシジル外用薬は、日本ではリアップ、海外ではロゲインという商品名で認知されている医薬品です。

ミノキシジルは、「毛母細胞の活性化」と「血管拡張作用」の2つの働きにより発毛を促します。
毛母細胞とは、分裂を繰り返すことで新しい髪の毛を生成するとても重要な細胞です。

ミノキシジルは、この毛母細胞を活性化させることで発毛を促します。
また、同時に頭皮の血管を拡張することで血流がよくなり毛母細胞に栄養をしっかりと運ぶことで髪の成長を助けます。

なお、外用薬は内服薬よりも即効性に欠けますが、その分、副作用が比較的軽いのが特徴です。

・副作用

主な副作用として、皮膚のかゆみ、かぶれ、ほてり、胸の痛みなどが挙げられます。

・使用方法

1回1mlを朝晩の2回直接塗布
塗布後はマッサージを行うように頭皮になじませてください。
使用期間は4か月~半年以上が推奨されています。
即効性のある治療薬ではないため、継続して使用することが重要です。

内服薬

容量 価格
100錠 3,800円
200錠 7,220円
300錠 10,260円

ミノキシジルの内服薬は、ミノキシジルタブレット(略してミノタブ)という名前で認知されています。
実は、ミノタブは高血圧症の治療に用いられる血管拡張薬ロニテンのジェネリック医薬品です。
ロニテンの臨床試験で、発毛効果が確認されたことからAGA治療薬として注目されるようになりました。

外用薬と発毛のメカニズムは一緒で、「毛母細胞の活性化」と「血管拡張作用」の2つの働きで発毛を促し、髪の成長を助けます。
外用薬に比べ、内服薬の方が成分の吸収率が高いため、即効性があるのが特徴です。
ただし、外用薬に比べて副作用のリスクが高まります。

・副作用

もともと、ロニテン(ミノタブ)は、高血圧症の治療に用いられる血管拡張薬です。
そのため、血圧低下によるめまいや立ちくらみ、ふらつき、むくみなどの症状を引き起こす可能性があります。
その他に、多毛症などが起こる可能性もあります。

・服用方法

1日1回5~10mgを継続して服用
服用期間は3か月~半年以上とされています。
なお、他のAG治療薬よりも副作用が起こりやすいことから少ない成分量からの服用をオススメします。
最初は2.5mgから服用して体が慣れてきたら徐々に成分量をあげるというのも1つの方法です。

おすすめAGA治療薬

ここでは、「フィナステリド/デュタステリド+ミノキシジル」のセット商品を紹介していきます。
プロペシアの有効成分「フィナステリド」やザガーロの有効成分「デュタステリド」と、「ミノキシジル」は作用の仕方が異なるため併用が可能です。
併用することで、AGAの原因物質DHTの生成を抑制しながら発毛を促すため、より高い改善効果が期待できます。
なお、それぞれ単体で購入するよりも、セット商品の方が低コストで購入できるのが特徴です。
また、3~6ヶ月分をまとめ買いをすることで1か月分の治療費を抑えることができます。

フィナステリド+ミノキシジル(6ヶ月分)

容量 価格
360錠 10,000円

フィナステリド+ミノキシジル(6ヶ月分)は、プロペシアジェネリックのフィナクスとロニテンジェネリックのミノクソールのセット商品です。
フィナステリドとミノキシジルの効果の異なる2つの有効成分を併用することで、AGAに対してより高い改善効果が期待できます。

デュタステリド+ミノキシジル(6ヶ月分)

容量 価格
360錠 16,000円

デュタステリド+ミノキシジル(6ヶ月分)は、ザガーロジェネリックのデュタスロンとロニテンジェネリックのミノクソールのセット商品です。
プロペシアで効果がなかった方やザガーロ単体で効果が感じられなかった方にオススメです。

AGA治療薬のジェネリック医薬品

AGA治療薬には、それぞれジェネリック医薬品が販売されています。
ジェネリック医薬品は先発薬と同等の効果を低コストで得られることから高い人気と需要のある商品ばかりです。
ここでは、そのジェネリック医薬品の中からオススメの商品を紹介していきます。

プロペシアジェネリック

フィンペシア

容量 価格
30錠 1,350円
100錠 4,250円
200錠 8,000円
300錠 10,800円

フィンペシアは、シプラ社が開発したプロペシアジェネリックです。
低コストながら、プロペシアと同等の効果があることから、日本でも高い人気と知名度を誇ります。

フィナクス

容量 価格
30錠 1,280円
60錠 2,460円
90錠 3,600円
180錠 6,980円
360錠 12,600円

フィナクスは、レクメズ社が開発した当サイト最安値のプロペシアジェネリックです。
レクメズ社には日本人監修者がいるため、日本人向けに製造されているため、海外医薬品に抵抗がある方でも安心して使用できるのが特徴です。

フィナロ

容量 価格
100錠 4,250円
200錠 8,000円
300錠 10,800円

フィナロは、インタスファーマ社が開発したプロペシアジェネリックです。
インタスファーマ社は、ジェネリックを中心に様々な医薬品をグローバルに展開していることで知られています。
プロペシアと同等の効果や安全性をもちながら低価格で購入できるのがフィナロの特徴です。

ザガーロジェネリック

アボダート

容量 価格
30錠 4,500円
60錠 8,100円
90錠 10,800円

アボダートは、ザガーロと同じ「製造会社・有効成分・効果」の治療薬です。
前立腺肥大症の治療薬として「アボダート」、AGA治療薬としては「ザガーロ」と用途が異なるため商品名が異なります。
アボダートとザガーロは、錠剤の色とパッケージ、商品名が異なるだけで中身は同じものです。

デュタストロン

容量 価格
30錠 2,700円
60錠 5,100円
90錠 7,200円
180錠 13,500円
360錠 25,200円

デュタストロンは、レクメズ社が開発したザガーロジェネリックです。
開発に日本人スタッフが関わっているため、日本語表記のパッケージなど日本人向けに製造されています。
当サイトでは最安値のザガーロジェネリックですが、効果や品質などはザガーロと変わりません。
なお、飲みやすい錠剤タイプになっているのでカプセルが苦手な方にもオススメです。

デュプロスト

容量 価格
100錠 9,000円
200錠 16,200円
300錠 21,600円

デュプロストは、シプラ社が製造・販売を手掛けるザガーロジェネリックです。
シプラ社が製造・販売するフィンペシアは日本でも知名度・人気が高いことで知られています。
デュプロストも同じ製薬会社が手掛けていることから確かな品質と安全性があると注目されています。

ミノキシジル

ミノキシジルには外用薬と内服薬があります。
ここでは、当サイトで扱うそれぞれのジェネリックを紹介していきます。

外用薬

ツゲイン(5%)

容量 価格
1本 3,150円
3本 8,500円

ツゲインは、シプラ社が開発したミノキシジル外用薬です。
低コストで確かな効果を感じられるロゲインのジェネリック医薬品として注目されています。
ミノキシジルの配合量が2%・5%・10%の3種類販売されているのが特徴です。

カークランド

容量 価格
1本 3,800円
3本 6,840円

カークランドは、コストコのプライベートブランド「カークランド」から販売されているミノキシジル外用薬です。
販売国アメリカでは、ロゲインのジェネリック医薬品として高い人気を誇ります。
液状と泡状の2種類販売されているのが特徴です。

ミントップ

容量 価格
1本 2,700円
3本 7,290円
5本 10,800円

ミントップは、ドクターレディー社が開発したロゲインジェネリックです。
当サイトで扱うミノキシジル5%配合商品の中では最安値で販売されています。

内服薬

ミノクソール

容量 価格
30錠 1,050円
60錠 1,990円
90錠 2,830円
180錠 5,350円
360錠 9,720円

ミノクソールは、レクメズ社が開発したロニテンジェネリックです。
当サイトが扱うミノキシジル内服薬の中では最安値で販売されています。
開発に日本人スタッフが関わっているため、日本人向けに製造されていることから注目されている商品です。

ノキシジル

容量 価格
100錠 3,800円
200錠 7,220円
300錠 10,260円

ノキシジルは、T.O. MED社が開発したロニテンジェネリックです。
ミノキシジル内服薬の中でも高い知名度と人気のある商品で、ミノキシジル5mg・10 mgの2種類販売されています。

ロニタブ

容量 価格
10錠 1,620円
30錠 4,620円
50錠 7,300円

ロニタブは、インタスファーマ社が開発したロニテンジェネリックです。
他のミノキシジルタブレットが、30錠や100錠からの販売に対して、ロニテンは10錠から販売されています。
そのため、体に合うか試してみたいという方にオススメです。

関連コラム