ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報
更新日時:2019年4月8日

AGA治療を行ってもお金が戻ってくる制度

AGA治療を行う人にとって避けては通れない道、それは長期的に服用し続けなければ効果が出ないため医療費も高額になってしまう点でしょう。

AGAは現在日本国内の治療では自由診療扱いのため、医療機関による治療は保険が適用されずに高額になってしまうことはもちろん、医薬品代のみならず診察料も含めると1回の通院で1万円に上ることもことも珍しくありません。

それを半年以上続けなければいけないとなると、金額が高額になってしまうことは想像がつくのではないでしょうか?
そこで本日はAGA治療を行っても治療に使った費用が返還される、知る人ぞ知る方法をご紹介します。

医療費控除とは

今回ご紹介する方法は決して悪い方法などをご紹介するわけではなく、日本に住む健康保険を支払っている方であれば誰でも受けられる正規方法です。
それが医療費控除を使う簡単な方法です。

医療費控除と聞くと税金関係に疎い方であれば、手続きが面倒じゃないの?なんだか難しそう。そんなイメージを持ってしまいがちですが、方法はとてもシンプルです。
ましてAGA治療は自由診療だからそう言った控除は適用外なんじゃないの?と思っている方も多いことでしょう。

まず初めに医療費控除を簡単に説明します。

医療費控除は毎年働く人には必ず訪れる確定申告があります。
時期は2月の中旬~3月中旬と覚えておくと良いでしょう。
そして確定申告は今インターネットでもすぐに行うことができますし、もしインターネット環境がない方であれば自分の住民票登録のある管轄税務署でも行えます。

この期間内に1年間で病院や医薬品代など医療関係にかかった費用が10万円以上だった場合、10万円を超えた金額は返還される仕組みです。
ケースにもよりますが通院のためにかかった移動費や入院している方であれば手術代や入院費、食事代までも全てが含まれる便利な制度なのです。

と言うことは10万円以上は全て返還されるため、AGA治療で今も通院している人は積極的に通った方が確実にお得と言うことになります。

AGA治療も対象内

主に医療費控除を受けている方は通年性の疾患を持っていたり、長期的な怪我による通院などが一般的ですが、実は医療費控除を深く掘り下げると意外と知らないことばかりあるのはご存知でしたか?

中には怪我によってリハビリで使う施設の料金やマッサージなどの領収証も控除される場合があります。
マッサージで領収証は必要ですか?と聞かれるのはこのためなのです。

AGAも例外ではなく、受けられるケースが存在します。

しかし控除を受けられるボーダーラインがあり、全員が受けられると言うわけではありません。
ここで落とし穴に落ちないように下記で詳しく解説します。

医師の証明書が必要

医療費控除に関しては理解して頂けたかと思いますが、医療費控除を受けるためには医師の証明書が必ず必要になります。
AGAのみに関わらず、例えば何か病気をしたとして、ドラックストアなどで購入した医薬品は対象外とされているため、控除を受けるのであれば手間ではありますが、医療機関まで出向く必要があるのです。

よってそれが手間だからと言う理由で市販の医薬品を使っている方はお金が返ってくることがないため注意が必要です。

そのほか医療費控除は2019年3月現在、明確な線引きがなくあくまでも医師の認めたものが境界線となっています。
控除が受けられるかどうかの証明書はすべて医師の判断次第となっているため、証明書を発行してくれるのかどうかを事前に医療機関に問い合わせて聞くのが確実でしょう。

また、できれば自分で通って支払った領収証、もちろん薬局などで購入した医薬品の領収証なども全て保管しておくと手続きがスムーズに進みます。

ネット通販と医療機関

さて、ここまでのお話でAGA治療が医療費控除対象となり、かかった金額が返還されることはわかって頂けたでしょうか?
そこでAGA患者の方は悩むと思います。
ネット通販を行って医薬品を購入するべきか、控除を受けて医師のアドバイスのもと治療するか。

この非常に悩ましい問題ですが、最終的には誰かのアシストがないと続けられない、そんな方であれば医療機関に出向いて続けていくべきでしょう。
逆に飲み方や生活習慣などの知識を持っていたり、飲み続けて長い歴のある方であれば断然ネット通販のほうがお得といえます。

どちらもメリット、デメリットがあり、医療費控除を受けられたとしても10万円は実費負担になってしまうこと、医療機関の混雑次第では待たされる、出向くための移動時間などが医療機関を使うデメリットでしょう。

逆にネット通販のデメリットと言えば到着までに10日ほど時間を必要とするくらいです。

金額面でも一例でネットのくすり屋さんを例に挙げると、外用薬ミノキシジルと内服薬ザガーロのお得なセット商品であれば診察料もなく、送料無料のため1万円と、医療機関の半額以上で購入することができます。

個々によって自由な時間や金額などは大きく分かれるため、自分に1番マッチングする方法で負荷なく治療を続けられる方法が1番良いことです。

関連ページ

参考サイト
インプラントやAGA治療も 確定申告「医療費控除」の対象はどこまで? | マネーポストWEB