ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報
更新日時:2019年07月17日

若ハゲは治る?20代で禿になる原因と脱却した方法を紹介【実体験】

最近「若ハゲ」という言葉をよく耳にします。
若ハゲとはその名の通り、若くしてハゲてきてしまうということ、、
そう私のことです。

以前と比べて明らかに前髪が後退してきている、、
シャンプーすると抜け毛が気になる、、
髪の毛のセットがうまく決まらなくなってきた、、

これらのことに身に覚えはないでしょうか?
これらに該当する人は若ハゲの恐れがあります。

私は、現在25歳ですが、去年までは頭頂部が寂しくなってきており、ジェルなどでセットすると地肌がもろに見えている状態でした。
↑↑↑当時の私の写真


しかし結論から申しますと、1年前からの努力により、私は現在その若ハゲの悩みを解消し、パーマに挑戦したりと新たな一歩を踏み出しています。

この記事にそこに至るまでの過程を書きましたので、是非最後までお付き合いしてください。
若ハゲに悩んでいるのであればまずこの記事を読んで私と同じようにチャレンジしてみてください。
一人でも多くの若ハゲに悩んでいる方が救われますように、、

それでは参りましょう。

目次

若ハゲの定義~どこからが若ハゲ?~

若ハゲは、「男性型脱毛症」と呼ばれている症状の中で「若年性脱毛症」という名称に分類され、実際に病名としてあるようです。

男性の大半は加齢と共に多少なりとも前頭部と頭頂部の毛量が減少していく。
薄毛率が比較的低い東アジア(特に日本と韓国)では、若ハゲは昔から軽蔑される風潮がある。

Wikipediaより引用



それでは、どこからが若ハゲであると認定されるのでしょうか?
世の中で若ハゲで悩んでいる方の写真を参考に見ていきましょう。

この投稿をInstagramで見る

発毛 アンチエイジングさん(@blueocean_antiaging)がシェアした投稿 -

この方は若い頃とキャプションに書かれていましたが、20代の方でしょうか、、
全体的に毛がほやほやしていて弾力がないといった毛質です。
十分若ハゲであると言えるでしょう。

この投稿をInstagramで見る

ワッフル長谷部さん(@w_hasebe1128)がシェアした投稿 -

この方もこの若さにしては十分、若年性脱毛症と言えるのではないでしょうか、、
育毛剤を使用しているようです。

この投稿をInstagramで見る

ルインズさん(@top.of.the.ruins)がシェアした投稿 -

この方は28歳でこのような頭頂部になっています。
今はまだ目立たなそうですがこのままだと近い将来一気に始まりそうですね、、

若ハゲチェックシート

あなたが若ハゲである可能性を簡易的なチェックシートで診断します。
9個の問いで当てはまるものに気軽にチェックしてみましょう。



















0点

4つ以上チェックがついた方は若ハゲの可能性がとても大きいでしょう。
特に1~5の問いにチェックがついた方は注意が必要です。
早めの対策を行いましょう。

5~9の問いにチェックが入ったという方は生活習慣の改善で若ハゲが治る場合もあるでしょう。

若ハゲに対して世間の口コミ

世間からの若ハゲの印象はとても冷たく悲しい物であるということが分かりました、、
実際にSNSにあがっていた世間の若ハゲに対しての意見や、若ハゲに悩んでいる方の思いを見ていきましょう。

若ハゲに対しての世間からの意見

24歳の大卒の新入社員が入ってきたんだけど、見た目がどう見ても
40歳オーバーで可愛がれそうにない・・・ww
髪が薄いと損ですよね~♪
キャラでカバーするしかないよね!
「若ハゲ太郎(髪は長い友達??)」

Twitterより引用


若ハゲの独り言率は異常
「まも(2)」

Twitterより引用


若ハゲは男の罪 それを許さないのは女の罪。
「こてっちゃん@negative gamma」

Twitterより引用

若ハゲに悩んでいる人の思い

ハゲてきてからというもの、海、プール、温泉に友達と行かなくなった
これけっこう自分の中ではつらくて
薄毛改善できたら、思う存分髪の毛を濡らしたい(°_°)
「デコさん@AGA治療中」

Twitterより引用


ハゲでつらいのは、友人にもイジられないこと。もともとプライドは高かったけど、薄くなって余計に高くなった。そりゃそうだろ。自分でも認めたくないから。だから、友人にイジられても何も言えなかった。その結果、誰も触れなくなった。でも、気を使われてるのは伝わってきた。
「若ハゲ日誌@age28」

Twitterより引用


最近抜け毛が酷く、鏡を見たら全体的にほわーんとして腰がない
特に前髪と頭頂部が薄いので、髪型が決まらなくなってきた…
これは産後以来の危機…
取り敢えず取り寄せた育毛剤をせっせと塗り込む、マッサージする
このまま抜け毛が減らなかったら、薄毛外来のカウンセリング行こうか悩む
「ぽむぽむむりん」

Twitterより引用



若ハゲになってしまう原因

若ハゲになってしまう人は遺伝的な要因のほかに、精神的外的生活習慣などによる頭皮の血行不良という原因があるようです。

遺伝的な要因

薄毛には遺伝的な要因も大きく関係があるようで、特に若ハゲでお悩みの方の大半が遺伝的要因で若くから薄毛になってしまうといった理由があるようです。

若くして薄毛に悩む方は、男性ホルモンを受容する、タンパク質の感受性の良し悪しが影響するようで、これはX染色体上に存在し、この遺伝子は、母親からの遺伝が大きく影響すると考えられています。

母親の遺伝に影響があるということは、両親が薄毛でなくても、母方の祖父が薄毛である場合、隔世遺伝によって、ハゲてしまう可能性が一気に高まってしまうということになります。

私は、父方の家系には一切薄毛の方はいないのですが、母方の親兄弟が全員薄毛であるため、その遺伝子を継いでしまったのではないでしょうか。
ちなみに私には兄が2人いますが、両方ともふさふさです。
なぜ私だけ、、

精神的な要因

精神的な要因とは、主に、ストレスによる要因であると言えるでしょう。
過度なストレスは自律神経を乱し、交感神経を優位にさせるために頭皮の血行を著しく悪くさせてしまうのです。

当時の私は、毎日の飲酒や、お客さんからのストレスは相当なものであったと思います。

外的な要因

外的要因は、頭皮や毛穴に直接負担をかけてしまうことで薄毛が進行してしまうことですが、
主に私には2つの外的要因があったと思います。

ジェルで毎日ガチガチに髪の毛をセットしていた
帽子を日常的に被っていた

アルバイト先では、きちんと髪型をセットしないといけなく、私は毎日毛の根元からジェルでガチガチにセットしていました。
もちろん頭皮にもかなりの量のジェルがついていましたし、帰ってきてからは洗い流さずにそのまま寝てしまうといった生活を続けていました。
頭皮へものすごいダメージを与えていたんですね、、

また、当時は時期に限らずニット帽を日常的に被っていました。
前髪を出すのが嫌であったので、髪をかきあげてから帽子をかぶっており、M字の部分は薄くなっていました。
頭皮が蒸れることも外的要因として大きく関係があったのかもしれません。

生活習慣

若ハゲの方は生活習慣の乱れに大きな問題がある方も多いのではないでしょうか?

私も若ハゲであった学生時代には、夜のアルバイトをしており、お酒を毎日たくさん飲み、タバコも毎日2箱吸い、家に帰ってきたら疲れて、風呂も入らずにジェルでがちがちに固められた頭髪のまま寝るという生活を続けていました。
見事みるみるうちに頭皮が見えていくように、、
↑↑↑当時の私の写真です。


様々なサイトでリサーチをしていくと、どうやら若ハゲを引き起こす生活習慣は主に、

  • 食事
  • 睡眠
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 目の疲れ

の5つであるということが主に分かりました。
上から4つは何となく分かるような気がしますが、最後の「目の疲れ」は関係あるの?
と思いますよね、、

実は目の疲れも若ハゲにとても関連性があるようなのです。

目の周辺の筋肉は、頭皮に近い位置にあり、眼精疲労が蓄積されていくと、頭皮の結構が悪くなってしまい、若ハゲの要因となります。

私も働いている時は、激しい光の中で働き、疲れて帰ってきても、スマートフォンやテレビを見てから寝る生活を続けており、目を休ませる時間が一切なく、一気に若ハゲを進行させていたのだと思います。

実際に私が若ハゲに対応したこと(体験談)

若ハゲを気にしていた私が実際に対応したことを順番に紹介していきます。

まずは生活習慣の改善

私は、大学4年生の終わりまで、夜お酒を飲むアルバイトを毎日行っていました。
当時は学業とアルバイトでとても忙しく、自分の頭皮の状態を気にする暇などなかったのですが、大学を卒業して会社勤めを始めたことに、自分の髪の毛がとても薄くなっていることに気が付きました。

散々な生活を今まで続けていたわけですから、頭皮へのダメージが蓄積されていたことも自分で納得できました。
しかし、改善しようにも当時の私は方法が分からなかったのです。

まず、ネットで一つ一つ原因を調べて生活習慣から改善を図りました。

食事は毎日3食とり、栄養バランスを考えたものを意識する。
私は一人暮らしで遅くまで仕事をしていたため、自炊することがむずかしく、亜鉛とマルチビタミンのサプリメントを飲んでいました。
また、プロテインを朝と夜に摂ることでタンパク質を毎日100㎎以上摂取することを意識していました。

次は大好きであったお酒を週末にだけ飲むということと、タバコも1日5本までという制約を自分に設けました。

睡眠時間は仕事の都合でなかなか多く取ることは難しかったのですが、1日6時間以上は寝るように心掛けました。

これらの生活を続けていったところ、半年後には全体的な髪の毛の量が明らかに増えていったのです。

しかし、薄毛は改善できても一つだけ改善できなかった部分がありました。
それは、頭頂部の薄さです。

AGAクリニックに無料診断に行ってみた

頭頂部に関しては、生活習慣の改善とは全く違うことに原因があると思ったため、新宿にあるクリニックに無料カウンセリングに行きました。

ゴリゴリの営業があるのかな、、と心配しつつカウンセリングへ行くと、問診票を書いて提出し、医師とのカウンセリングでは、問診票をもとに簡単な質問にいくつか答え、その後スコープで頭皮の状態を見せてくれました。

その場で分かったことは、結局頭頂部の薄さと前髪の後退はAGAであるということらしいです。
そして自分がどのタイプのAGAかを判定してもらい、適切な治療方法を提示してもらいます。

基本はミノキシジルやフィナステリドという成分の入った飲み薬を服用して経過を見るということが一般的なAGAクリニックによる治療のようでした。

心配していたゴリゴリな営業はなかったのですが、今日中に契約をすると割引されるということをとても強調して話されたため、何も契約せずに帰宅しました。

ミノキシジル配合の商品を買って使用してみた

AGAクリニックで、ミノキシジルという成分が薄毛に効果があるということを教えてもらい、家に帰ってからネットで調べてみると、ミノキシジル配合の塗り薬が売っているのを発見しました。

リアップという市販薬ですね。
名前は聞いたことがあるという方多いのではないでしょうか?

この商品をAmazonで注文してみたのですが、ウェブ上でできる簡単なアンケ―トに答えたらすぐに購入することができました。


リアップを使い始めて、3か月、家の近くにある、スコープで頭皮を見ることができる床屋さんに行きました。
あれ!明らかに以前AGAクリニックでみた時よりも毛の量が多くなっている?!

半信半疑でミノキシジルを使っていましたが、これは本当に効果があるのだと実感し、Amazonで追加注文をしようとしました。
しかしリアップ高いんですよね、、1本で7000程度かかります。

この3か月間は試しに使ってみようという感覚であったので購入していましたが、これから毎月購入すると考えるとこの月7000円という出費はとても痛い物でした。

そこで同じ成分が使用されている別の安い商品がないかと探してみたところ、大正製薬のリアップだけでなく、アンファー社の「スカルプDメディカルミノキ5」という商品にもミノキシジルが配合されているということが分かりました。

しかし、この商品もリアップとさほど変わりなく、継続して購入するには社会人経験の浅い私には少々経済的に厳しいものでした、、

さらにネットサーフィンをして商品を探していると、医薬品通販のサイトに出会いました。
そこで驚いたのは、ミノキシジルが含まれている商品がたくさん売っているということです。

日本には数種類しかなかった発毛に効果のある商品が、海外にはたくさん売っていたのです。
しかも安価で購入することができます。

そこで私は、ミノキシジルが5%配合されているリアップの成分濃度と同じ、ロゲインという商品を購入してみました。
ロゲインについて調べてみたところ、世界的に有名な育毛剤で、リアップよりも歴史は古く、世界中で愛用者がいるとのこと。

何より価格が安かったことが決め手となり、すぐさま購入。
医薬品個人輸入通販を利用するのは初めてのことだったのですが、5日程で問題なく自宅に届きました。

使用感もリアップと同じで、今では毎日使用して、髪の毛はふさふさと生えそろっています。

また、AGAクリニックに行った際に服用をすすめられた、フィナステリドという成分の入った医薬品も発見しました。
「フィンペシア」という商品ですね。

私は、この医薬品通販サイトに出会ってから、ミノキシジル含有の「ロゲイン」という塗り薬と、フィナステリド含有の「フィンペシア」という飲み薬のダブルパンチで若ハゲをクリニックに通わず、現在まで約1年間治療してきました。

若ハゲ改善に効果があったこと

私が行った若ハゲを改善するために行ったことは上に書いた通りですが、1年間の対策で実際に効果のあったことを再び完結に紹介したいと思います。

まずは全体的な薄毛に関して、生活習慣の改善として

  • 栄養をしっかりと摂取する(ビタミン、亜鉛、タンパク質)
  • 睡眠時間を1日6時間以上取る
  • タバコは1日10本まで
  • お酒は週末だけ

この4つを徹底的に意識したら、半年後には全体的な薄毛はかなり改善してきました。
実は、今でも栄養素の摂取は続けているのですが、タバコと飲酒はもうルールを守っていません。
それでも当時のような薄毛には戻っていないため、あまり関係性がないのかもしれません。

よって、生活習慣の改善としては主に食事からしっかりと栄養を摂ることと、睡眠時間を多くすることが重要なのではないかと思います。

そして、頭頂部の薄毛、AGAの改善に効果があったことはずばりミノキシジルが含まれた医薬品を使うことでした。
ミノキシジルが含まれたリアップを3か月使用したところで薄毛に大きく改善の効果が見込めたため、これから継続して使用しようという方は経済的な負担の少ない医薬品通販サイトを利用するのがおすすめです。

さらに、上記した、フィナステリドを含む医薬品も同時に試したところ、、
1年後の私の髪の毛がこちら。

現在は水で濡らして頭頂部をみてもここまで薄毛が改善しました。
しかし、まだ若ハゲであることは変わらず、本格的に治療を試みてから1年しかたっていないため、今後も継続してロゲインとフィンペシアで改善していこうと思っています。


まとめ

若ハゲで悩んでいた私が、実際に行った対策を体験談をもとにして書き進めていきました。
ネットで調べてみると多くの方が若ハゲで悩んでいるようで、私のように改善した例があるんだよということを多くの方に知って頂けたら幸いです。

是非本気で若ハゲに悩んでいて将来、よりハゲたくない方は参考にしてみてください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連ページ

参考サイト
脱毛症 - Wikipedia


合わせて読みたいお薦め記事