ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

アフターピル(緊急避妊薬)

アフターピル(緊急避妊薬)

アフターピルの類似商品

アフターピルについて

アフターピルの有効成分 レボノルゲストレル/ウリプリスタール酢酸エステル
アフターピルの適応症 緊急避妊薬
アフターピルの主な副作用 頭痛、傾眠、消退出血、不正子宮出血、悪心、けん怠感、吐き気など
アフターピルの飲み方 性行為後72時間以内に服用して下さい
1回の服用量は1.5mgです

同じカテゴリー内で人気の商品

アフターピルの目次

アフターピルとは

低用量ピルなど避妊目的で使用するピルは、基本的に生理周期に合わせ毎日服用します。

しかしアフターピルは性行為後、何らかの事情により緊急的に避妊が必要になった場合にのみ服用するピルです。

避妊薬の中でも緊急用ですので、緊急避妊薬とも呼ばれています。

性行為後、女性ホルモンのバランスを一時的に妊娠しづらい状態へと変化させます。

決められた時間内に服用することで、性行為後にも関わらず、高い確率で避妊することができます。

しかし副作用など、女性の体への負担も大きいため、毎回の避妊用としては認められていません。

望まない妊娠を防ぐために、女性の強い味方として世界中で愛用されているアフターピルですが、日本国内で承認されたのは2011年とごく最近の出来事です。

アフターピルの種類

アフターピルには、先発薬やジェネリック医薬品を含めさまざまな種類のものがあります。

現在世界的にポピュラーなのは、72時間以内に1錠服用することで効果を現す先発薬の【ノルレボ】やそのジェネリック医薬品です。

かつてはプラノバールなどの、中用量ピルをすぐに2錠、また12時間置いて2錠服用する【ヤッペ法】が主流でした。

また、現在では性行為の120時間後に服用しても高い避妊効果を発揮するアフターピルの【エラワン】も登場しています。

ノルレボ

ノルレボは2011年に日本で初めて承認されたアフターピルです。

有効成分はレボノルゲストレルで、性行為後72時間以内に1回1錠1.5mgを服用することで避妊することができます。

その避妊の確率は大変高く84%となっています。

避妊率は早ければ早いほど高くなるので、なるべく早い服用が望まれます。

副作用も従来のアフターピルに比べて少ないですが、全くないわけではありません。

主に吐き気や頭痛です。他にも不正出血などもみられます。

ノルレボの国内初ジェネリックが販売された

2019年3月に富士製薬からノルレボのジェネリックであるレボノルゲストレ錠1.5㎎「F」が販売されました。

日本で初めてのノルレボのジェネリックで、この発売には先発薬であるノルレボの高額な費用相場に対し、解決案として期待されています。

基本的にジェネリック医薬品は先発薬の半額での算定ですが、ノルレボに関してはこの算定では当てはまらないです。

そのためジェネリック医薬品ですが、そこまで安いというものではないです。

アフターピルの費用相場を詳しく

SNSやフリマなどの偽物に注意

SNSやネットのフリマなどでノルレボのジェネリックの偽物が違法で販売されています。

海外のノルレボジェネリックは、個人で使用する場合に限り申請無しで輸入することができます。

しかし、申請無しに販売目的で持っていること自体も違法で、フリマなどで販売することも当然できません。

ノルレボが医療機関で高額なためこのような犯罪もおきてしまうのではないかと考えられています。

SNSやフリマなどでアフターピルが販売されていたとしても、それは違法なものか偽物の可能性が高いので注意が必要です。

エラワン

エラワンは2009年にヨーロッパで、2010年にはアメリカで承認さたアフターピルです。

ヨーロッパでは「エラワン」アメリカでは「エラ」という商品名で販売されています。

現在、日本では未承認ですが、専門のクリニック、産婦人科などでも輸入したものが処方されています。

ノルレボは72時間以内の服用で避妊効果を得ることができますが、エラワンはなんと120時間以内の服用であれば避妊効果を得ることができます。

有効成分はウリプリスタル酢酸エステルで、性行為後120時間(5日)以内に30mgの錠剤を1錠服用します。

副作用はノルレボ同様、吐き気や頭痛、腹痛などが出ることもあります。

ヤッペ法

ヤッペ法はノルレボが承認される前に、日本で主流となっていた緊急避妊方法です。

ノルゲストレル・エチニルエストラジオールが配合された、プラノバールという中用量ピルを使用します。

72時間以内に2錠、そしてその後12時間たってからまた2錠、計4錠服用します。

元々は緊急避妊用を目的とした成分ではないため、女性ホルモン量が多く、副作用も出やすくなっています。

主な副作用は吐き気、頭痛、めまいなどですが、吐き気を感じる場合が多く、服用後3時間以内に吐いた場合初めからやり直しとなるので、注意しなければいけません。

避妊率もノルレボやエラワンに比べて下がり、副作用はでやすいため現在ではあまりオススメされていません。

。 しかし、現在も専門のクリニックや産婦人科などでヤッペ法を選択することができます。ノルレボに比べて費用が安価なため、若い世代ではヤッペ法を選択する人が多いようです。

アフターピルを処方してもらうためには

アフターピルはノルレボ、エラワン、ヤッペ法3種類とも、医療機関で処方してもらうことができます。

エラワンは日本では未承認ですが、輸入したものが処方されています。

その他の方法では、自分でアフターピルを海外から輸入するということができます。

この場合当サイトのような個人輸入代行サイトを利用することで通販サイトと同じようなシステムで購入することができます。

医療機関の場合

医療機関で処方してもらう場合、アフターピルの服用にはタイムリミットがあるので、性行為後なるべく早く診察を受けましょう。

一般的には問診を受け、問題がなければ処方されます。内診や検査などは必要ありません。

保険証はあると診察代など安くなる場合もありますが、アフターピルはすべて自費ですので基本的には必要ないでしょう。

男性医師が苦手な場合は、女性医師の医療機関を事前に調べておくと安心です。

日本はアフターピルに関して、世界に比べかなり遅れをとっており、なぜか偏見な目で見られがちです。

ノルレボは1999年にフランスで承認されてから、50か国以上で販売されていますが、日本で承認されたのは10年以上も後の2011年となっています。

このような問題や、アフターピルのオンライン診療、市販化など、現在日本でアフターピルに対する問題は山積みとなっています。

通販サイトを利用した場合

個人輸入代行である通販サイトを利用した場合ですが、残念ながら性行為後の注文では間に合わない可能性がかなり高いです。

海外からの輸入ですので、おおむね1週間は注文から到着までに時間がかかります。

しかし、海外では一般的にアフターピルが販売されており、日本で処方されているよりもかなり安く購入することができます。

病院へ行くことに抵抗もある方もいるため、誰にも知られず購入でき通販サイトでアフターピルが人気となっているのです。

通販サイトの場合、アフターピルをもしもの時のために購入しているケースが多くなっています。

事前に購入しておくことで、お守り代わりとして持っておくことができるのです。

当サイトでの購入方法について詳しく

アフターピルの費用相場

アフターピルの費用相場ですが、医療機関で処方してもらうのと、通販サイトでの利用では大きく異なります。

通販サイトはもちろんですが、医療機関でも保険は適用されません。

医療機関の場合

日本でアフターピルは現在、薬価未収載医薬品です。そのため保険が適用されていないのです。今後も保険は適用されないと考えられています。

医療機関での相場ですが、アフターピルは自由診療のため医療機関により費用が異なります。

値段の安い順から1回分の費用です。

ヤッペ法 5,000円~8,000円
ノルレボジェネリック 8,000円~10,000円
ノルレボ 13,000円~16,000円
エラワン・エラ 12,000円~20,000円

日本での医療機関での相場はこのようになっています。
※この相場に限りではありません。

この費用は薬にかかる費用だけですので、他に初診料、診察料などがかかります。
詳しく知りたい場合は、お近くの医療機関にお問い合わせください。

通販サイトの場合

通販サイトでの費用相場ですが、こちらもサイトにより異なります。

値段の安い順から1回分の費用です。

ノルレボジェネリック 1,500円~2,500円
ノルレボ 4,000円~6,000円
エラワン・エラ 6,000円~9,000円

※この相場限りではありません。

医療機関での費用相場と比べると、通販サイトの場合のほうがかなり安価なのは一目瞭然です。

アフターピルに関するよくある質問

Q.アフターピルの通販は違法ではありませんか?

A.違法ではありません。

個人輸入代行サイトを利用することで、法に従った方法で通販することができます。ただし、アフターピルの通販(個人輸入)はあくまでも自分で使用するために購入する方法ということを覚えておきましょう。

Q.友達が避妊に失敗したと言ってます。通販で購入したアフターピルを譲ってもいいですか?

A.個人輸入代行サイトで購入したアフターピルを他人に譲ってはいけません。

上記にも記載しましたが、アフターピルは薬機法により個人で使用する場合に限り申請無しに通販(個人輸入)することができます。他人に譲ったり、販売してはいけません。

Q.アフターピルはどんな時に使いますか?

A.避妊ができなかった性行為後です。

コンドームなどの避妊具に問題があった、女性の意思と反して避妊されなかった、低用量ピルを飲み忘れていたなど、妊娠を望んでいないにも関わらず避妊に失敗してしまった時です。

Q.アフターピルを毎回の避妊に使用してもいいの?

A.アフターピルはあくまでも緊急の避妊薬です。

妊娠を望んでいないのであれば毎回の避妊方法として、低用量ピルの服用が望ましいです。低用量ピルは避妊率が99%とほぼ妊娠することはありません。

Q.アフターピルは何歳から使えますか?

A.世界保健機関(WHO)では、アフターピルの年齢制限はないという見解を示しています。

ただし、当サイトでは未成年の方のサイトへの登録はお断りしています。

関連ページ

参考サイト

レボノルゲストレル:ノルレボ



エラワン公式サイト(英語)

関連コラム