ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報
更新日時:2019年4月8日

意外と知らない生理中のNG

女性の皆さんは月に1回の生理で生理痛や体の怠さなどに困ったことがあると思います。
男性にはなかなか理解してはもらえないこの生理中の女性の体ですが、生理中の食事を気にしたことはありますか?
実は意外と知られてはいませんが、生理痛を緩和する食べ物や、摂取してはいけない食べ物があるのです。

生理痛の原因は?

生理痛の原因はまだまだわからないことが多いです。
生活習慣や女性ホルモンのバランスが良くないなどとあらゆる要因はありますが、決定的にこれというものはありません。
最も有力な説として挙げられるのが、男性ホルモンのアルドステロンの過剰分泌です。
しかしこれもエストロゲン、プロゲステロンのどちらの分泌が過剰になっているのかわからないため、はっきりしないことが多いのが現状です。

特に、まだ出産を経験していない女性の場合には、子宮頚管が硬く、内膣が狭いため、血が通過する際に痛みが起こる、子宮の個人差によっって血がスムースに排出できないことで子宮内に溜まってしまい、腹痛や腰痛が起こることもあると言われています。

またあまりに生理痛がひどい場合は生理痛ではない可能性があるかも知れません。

生理前・生理中の悩み

女性の皆さんは生理前に食べても食べてもお腹が空くという現象になったことがあるのではないでしょうか?
生理前は食欲が旺盛になります。

・生理前の食欲

生理前は黄体ホルモンの影響によって心身ともに不安定な状態になっています。
この状態を落ち着かせるためにも身体が食べ物を必要とします。
その他にも、血糖値が下がりやすくなり、血糖値を安定させるためにアドレナリンの分泌量が増えます。
アドレナリンには栄養を補う働きがあるため食欲が旺盛になります。

・生理中の腹痛

生理痛と呼ばれる生理中の腹痛の原因は分泌されるプロスタグランジンという物質の影響です。
これは血を排出する際に、子宮を収縮させることで痛みとなります。
出産を経験していない人は冷え、ストレスなどの要因から、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気で生理痛が強くなることもあります。

・生理期間の気分の変動

生理前、生理中はホルモンの変動により、身体には様々な不調が起きます。
気持ちの落ち込みなどもこれの一つで、普段は気にならないことが気になってしまったり、不安になったりするのはこのためです。

生理前の食欲を防ぐための食べ物

生理前の食欲を抑える効果がある食べ物を紹介します。

・大豆食品

大豆食品には、トリプトファンが含まれています。
このトリプトファンは気持ちを安定させ、食欲を抑えてくれます。
豆腐、おから、納豆、豆乳などを意識的に摂取するようにしてください。

・黒い食材

ひじき、ごまなどの黒い食材は、女性ホルモンを整え、アンチエンジングにも効果があります。
そして、ミネラルを摂取することができるため、気持ちを安定させ、食欲を抑えてくれます。

生理中の避けたい食べ物

生理中はホルモンバランスが崩れ、身体の物理的な状態が通常とは異なります。
実はこの時に避けたい食べ物があります。

・身体を冷やす食べ物

アイス、冷たい飲み物、これらは身体を冷やす原因となります。
身体が冷えることで血流が悪くなり、スムーズに血が排出されなくなり、生理痛を悪化させてしまいます。

・糖類の多い食べ物

クッキー、キャンデー、ケーキ、これらはホルモンバランスを崩します。
砂糖を多く含む食べ物は生理痛の悪化に繋がる恐れがあるので、フルーツ類にするなどしてください。

・インスタント食品

これらは、生理中に限らず、食べないほうが良いとされます。
食品添加物が多いため、血流が悪くなります。
結果的に、生理痛が悪化する原因となりかねません。

・カフェインを多く含む飲み物

コーヒー、紅茶、濃い緑茶などは、身体を冷やす原因となります。

・アルコール

生理中にアルコールを摂取してしまうと、貧血を起こす可能性があります。
アルコールを摂取してしまうと、血流が促されて血の量が増えてしまいます。
生理中はただでさえ貧血になりやすいので、アルコールの量はいつもより少なくすることをお薦めします。

生理中の避けたい食べ物

生理中はホルモンバランスが崩れ、身体の物理的な状態が通常とは異なります。
実はこの時に避けたい食べ物があります。

・身体を冷やす食べ物

アイス、冷たい飲み物、これらは身体を冷やす原因となります。
身体が冷えることで血流が悪くなり、スムーズに血が排出されなくなり、生理痛を悪化させてしまいます。

・糖類の多い食べ物

クッキー、キャンデー、ケーキ、これらはホルモンバランスを崩します。
砂糖を多く含む食べ物は生理痛の悪化に繋がる恐れがあるので、フルーツ類にするなどしてください。

・インスタント食品

これらは、生理中に限らず、食べないほうが良いとされます。
食品添加物が多いため、血流が悪くなります。
結果的に、生理痛が悪化する原因となりかねません。

・カフェインを多く含む飲み物

コーヒー、紅茶、濃い緑茶などは、身体を冷やす原因となります。

・アルコール

生理中にアルコールを摂取してしまうと、貧血を起こす可能性があります。
アルコールを摂取してしまうと、血流が促されて血の量が増えてしまいます。
生理中はただでさえ貧血になりやすいので、アルコールの量はいつもより少なくすることをお薦めします。

生理中の不調を予防する食べ物

・鉄分、ビタミンB12
生理中は血を排出することで、鉄分が失われて貧血を起こしやすくなります。
不足する鉄分を補うためにも、ほうれん草、ひじき、あさりなどの鉄分が含まれる食材を摂取するようにしてください。
また、さんま、いわし、卵などに含まれているビタミンB12も積極的に摂取してください。

・ビタミンB1

生理中はストレスが溜まりやすくなるため、ビタミンB1を摂取するようにしてください。
豚肉、うなぎ、大豆食品に含まれていますが、加熱調理することで栄養が失われてしまいます。
なので、できるだけ生で食べることのできす、かつお、アボカド、パイナップルなどを摂取することをお薦めします。

・ビタミンC

生理中はホルモンの影響により肌荒れやシミが起きやすくなります。
いちご、ブロッコリーなどに含まれています。
ビタミンCを摂取することで、シミの原因となるメラン色素の沈着を防ぐことができます。
その他にも炎症を抑え、皮脂をコントロールするため、ニキビや肌荒れにも効果があります。

・マグネシウム、ビタミンB6、魚油

これらは生理痛の軽減に効果があります。
ビタミンB6やDHA、EPAには子宮の収縮を緩める効果があります。
アーモンド、干しひじきなどにはマグネシウムが含まれています。

不足する栄養を補おう

生理中は不足する栄養が多くなります。
そのため、食品やサプリメント使用することで上手に栄養素を摂取していきましょう。
普段と変わらない生活の中でも、ちょっとしたことに意識を向けることで辛い生理痛も軽減することができます。

関連ページ

合わせて読みたいお薦め記事