ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

ボディケア

ボディケア

ボディケアを見た人がチェックした商品

ボディケアについて

ボディケアの有効成分 詳しくは各商品ページをご覧下さい。
ボディケアの適応症 角質除去、保湿など
ボディケアの主な副作用 詳しくは各商品ページをご覧下さい。
ボディケアの使用方法 詳しくは各商品ページをご覧下さい。

同じカテゴリー内で人気の商品

ボディケアの目次

ボディケアとは

体の健康のために行う手入れ、スキンケアなどを総じてボディケアと言います。
つまり、疲れがたまっている部位をマッサージすることも、肌トラブルを改善するためにボディクリームを塗ることもボディケアのひとつです。
例えば「肌が乾燥してカサカサになり、さらに痒みが発生して掻きむしって出血した」このようなトラブルにならないために、ボディクリームを塗布して肌に潤いを与えることもボディケアですし、マッサージ店などでアロマオイルを使用したマッサージを受けることもボディケアのひとつです。

どのような悩みがあるのか

ボディケアをする理由として、肉割れや妊娠線などの悩みを解消するためにボディケアをしているという方は非常に多くいます。
特に妊娠線は、7割以上の妊婦さんに現れる症状であり、悩んでいる方も非常に多いのです。
妊娠線や肉割れは、急激な体重増加にともなって皮膚が伸びる中で、そのスピードが追い付かなくなってしまい皮膚が裂けてしまうことによって起こります。
肉割れや妊娠線は一度現れてしまうと簡単に消えることはありません。

ボディケアは早く始めるべき?

ボディケアは早く始めるほど効果が高いとされています。
肉割れの場合、最初に赤い筋が現れ、その後白い筋へと変わっていきます。
赤い筋の時にボディクリームを塗布してあげることで、肉割れでできた線が消えることがあります。
妊娠線の場合、最も効果的なタイミングは妊娠前からです。
妊娠が発覚してからでも遅くはありませんが、妊娠前から毎日継続的にボディクリームを塗布してマッサージすることで皮膚が柔らかくなり、皮膚が伸びやすい状態になるため、妊娠線を予防することができるのです。

ボディケアの方法と費用

ボディケアをするといってもその方法は非常に多岐にわたります。
自宅で市販のボディクリームを塗布して自分でメンテナンスする方法もあれば、エステサロンやマッサージ店などでボディケアをする方法もあります。
また、これらの方法は何のためにボディケアをするのかという点によっても取るべき手段がかわります。

エステサロン

エステサロンで行われるボディケアは非常に種類が豊富です。
肌全体のケアを行うボディエステはもちろん、ダイエット効果が期待できる痩身エステ、肌の中でも特に顔部分のケアを行うフェイシャルエステ、そして結婚式を控えた方に行うブライダルエステなどがあります。
基本的にはそのどれもが体の老廃物を体外へ排出させて、肌の改善や血行を促すことを目的に行われます。
リラクゼーションを目的としている場合、2週間~1ヶ月で1回受けるくらいが一般的です。
施術の費用に関してはエステサロンによっても異なりますが、どの施術も15,000~20,000円程度が必要ですが、ブライダルエステなどでは30,000円以上かかることもあります。

整骨院やマッサージ店

整骨院は打撲や捻挫、脱臼や骨折などの症状の改善のために利用されます。
病院で投薬などを行わず、代替医療として使用されています。
施術に関しては、柔道整復師の資格を持っている方のみが行えます。
マッサージ店は、柔道整復師の資格などを持っていない方も従事できるため、整骨院のような代替医療行為ではなく、肩や腰のコリをほぐすためのマッサージがメインの施術となります。
前身の疲労感の解消を目的にしている方にお薦めです。
マッサージ店の場合、10分あたり1,000円程度の費用がかかります。
これに対し整骨院の場合、状態によっては健康保険が適用されることがあります。
健康保険が適用される場合、1回あたり20分で540円程度の負担となります。
整骨院の場合、週1~2回のペースで1ヶ月間程度受けることが一般的です。

市販

市販のボディクリームなどを使用してのボディケアの場合、エステサロンや整骨院のようにわざわざ足を運んでお店まで行く必要がないため、非常に簡単にボディケアをすることができるというメリットがあります。
費用に関しても、500円程度の安いものから2000円程度の高いものまで様々な価格帯があるので、自分の手の届く範囲のものから選ぶことができます。
市販で販売されているボディケア用品は、日本の化粧品会社や製薬会社が販売しているものが多く、成分量が少ないために安全に使用できるものが多いです。
ただし市販のボディケア用品を使用する場合、毎日継続的にケアを行わなければならないため、他の方法に比べると手間がかかることもあります。

企業通販

市販のボディケア用品を入手する場合、基本的にはドラッグストアなどに購入しに行く必要があります。
しかし最近はインターネットの普及に伴い、ドラックストアや製薬会社が通販サイトを運営していて、そこから購入することも可能になっています。
店舗に足を運ばずに購入できたり、店頭に在庫がない商品などでも購入できたりと、様々なメリットがあります。
費用に関しては市販と同じような価ですが、場合によっては送料などがかかることもあります。

個人輸入代行サイトの通販

企業通販と同じように通販で購入することができる・手間がかからないというメリットに関しては、個人輸入代行サイトでも変わりありません。
しかし企業通販の場合とは違い、個人輸入代行の場合は海外で製造・販売されているものが取り扱われています。
そのため、通常日本国内では購入することができないボディケアグッズを購入できます。
さらに価格に関しても安いものが多いですし、サプリメントをはじめ海外製品は成分量が多く配合されているものもあるため、高い効果を望める可能性があります。

通販で購入できるボディケアアイテム

個人輸入代行の通販サイトを利用することで、購入できるボディケアアイテムの幅が広がります。
日本国内で購入できる商品以外にも、海外では普通にドラッグストアなどで販売されている商品も購入できるようになるのです。
また、通販サイトを利用して購入できる商品は、ボディクリームなど肌の状態改善に効果があるものとなります。

ストレッチマーククリーム

肉割れで起こった線や赤みはストレッチマーククリームで解消することができます。
一度できてしまうとなかなか消えにくいストレッチマークですが、ストレッチマーククリームを塗布することで色味を抑えたり、形を元に戻していくことが可能です。
海外製のストレッチマーククリームには、ダルトシドやレジストリルなどの有効成分が含まれていることがあります。
ダルトシドは創傷治癒特性をもつ成分で傷口の修復に効果を発揮します。
レジストリルはコラーゲンの修復効果があり、妊娠線やストレッチマークの改善効果があると言われている成分です。
お風呂上りなど、肌が清潔な状態の時に軽くマッサージをするようにクリームを塗っていくだけなので、手軽に利用することができます。
通販では、1本2,000円程度で購入することができます。

インテンシブストレッチマークセラピー

インテンシブストレッチマークセラピーはSkinCeption社が製造・販売を行っている製品です。
妊娠線や肉割れなどのストレッチマークに効果があるといわれているといわれています。
皮膚の状態を改善するためにはコラーゲンとエラスチンが重要な役割をもっています。
コラーゲンは肌にハリと弾力を与える役割をもっていて、エラスチンはそのコラーゲン同士を結合する役割をもっています。
インテンシブストレッチマークセラピーはコラーゲンとエラスチンの活性化を促す効果をもっているため、妊娠線や肉割れの色味を自然に抑えるように促すことができます。
使用方法も非常に簡単で、1日2回程度クリームを適量取り、マッサージをするように塗布するだけです。
1本あたりの価格は容量によって異なりますが、通販では120mlのもので4,000円程度で購入することができます。

角質除去クリーム

角質除去クリームは、肌の黒ずみなど気になる部分の古い角質を取り除き、肌の色をもとに戻す効果を持っています。
角質除去クリームにはアロエベラやタマリンドといった植物の成分が含まれています。
アロエベラはアフリカやインドなど広い地域で分布している植物です。
アロエベラにはメラニン色素を生成するチロシナーゼのはたらきを抑える効果や抗酸化作用などの美容効果があります。


タマリンドはインドや東南アジア、アメリカなどで栽培されている植物です。
ピーリング効果はもちろんニキビや吹き出物の改善、シミ・そばかすの改善などに効果を発揮するアルファヒドロキシ酸が含まれています。
角質除去クリームも種類が豊富であるため、使用方法や価格は商品ごとに異なります。
クリームタイプのものであれば、清潔な状態の肌の気になる部分に対してマッサージをするように塗布していきます。
通販では、2,000円程度から4,000円程度で購入することができます。

カタツムリクリーム・ローション

カタツムリクリーム・ローションはシワやニキビ跡に効果があり、高い保湿効果がある成分として非常に人気があります。
カタツムリクリーム・ローションに配合されているカタツムリエキスにはプロアテーゼやアラントインという成分があります。
タンパク質を分解する酵素であるプロテアーゼが古い角質を分解し、余分な角質を取り除きます。
アラントインは傷の修復効果が期待できる成分で、肌荒れの防止や改善効果があります。
これらの効果から、肌のターンオーバーを促進し、肌の改善を行います。
カタツムリクエキスを使用した製品はクリームタイプのものとローションタイプのものがあります。
それぞれ使用方法は同じで、1日2回肌が清潔な状態で使用します。
通販では2,000円程度から高級品だと10,000円程度で購入することができます。

メデルマ

メデルマはアメリカの皮膚科医に推奨されるほど効果・人気共に高い製品です。
傷跡やニキビ跡、妊娠線などを目立たないようにするクリームです。
メデルマの有効成分は玉ねぎから抽出されるセパリンや、カタツムリエキスにも含まれるアラントインです。
セパリンによって傷跡の色を消し、アラントインの細胞組織の修復効果によって、ストレッチマークなどの傷跡を目立たなくします。
使用方法は、1日1回傷跡となっている部分に対して塗布するだけです。
マッサージをするような感覚で塗り込んでいきます。
メデルマの種類や容量によって価格は異なりますが通販では1本あたり3,000円から5,000円程度で購入することができます。

ボディケアアイテムを通販で購入するメリット

ボディケアアイテムはドラッグストアで市販されているものを購入することもできますし、企業通販などから購入することも可能です。
もちろんそれぞれにメリットはありますが、価格の安さや効果が高いとされる海外製品を購入できるといったメリットがあることから個人輸入代行の通販サイトを使用することをお薦めします。

価格が安い

エステサロンに通い、ダーマローラーなどの施術を受けて妊娠線を予防することは可能ですが、一度きりで効果が現れるわけではなく、何度もエステサロンに通うことになるため費用がかかりすぎてしまいます。
市販のボディケアアイテムを使用することで費用をかけないようにする方法もありますが、市販されているものを使用しても効果があらわれるまでには非常に長時間かかります。
これに対して海外で販売されている製品は、日本のものより有効成分量が多いものもあるため、効果が速く現れる可能性があります。
さらに日本で販売されている製品よりも安い価格で購入できるというメリットもあるため、メリットが大きいと言えます。

種類が豊富

個人輸入代行の通販サイトでは、日本で販売されているものではなく、海外で販売されている製品から選ぶことができるため、非常に幅広い選択肢の中から選ぶことができます。
海外と一括りに言っても、アメリカやインドなどさまざまな地域があります。
その様々な地域ごとに販売されているものがあるため、日本で販売されているものの中から選ぶよりも幅広い製品の中から選ぶことができるというメリットがあります。
さらに、製品の容量などにも違いがあったり、クリームタイプとローションタイプで違いがあったりと、同じ製品であっても種類が分かれているため、非常に豊富にあると言えるのです。

人にバレることなく購入できる

通販サイトを利用してボディケアアイテムを入手する場合、自宅から動かずに購入することができます。
インターネットで購入したい商品を選び、個数を選択し、クレジットカードなどで支払えば、自宅で待っているだけで商品が届きます。
市販のボディケアアイテムを購入する場合は、ドラッグストアまで足を運ばなければなりませんし、エステサロンで施術を受ける場合も店舗まで足を運ぶ必要があります。
その途中で知人や友人に出会ってしまうと、少し気恥ずかしい気持ちになることもあります。
通販サイトで商品を購入する場合はこのような心配がありません。

通販でしか購入できない商品がある

個人輸入代行の通販サイトでは海外の製品を取り扱っているため、日本では販売されていない種類のボディケアアイテムが入手できます。
海外で販売している製品は、日本国内にいる以上、個人輸入代行の通販サイトを利用する方法以外にはありません。
市販されているものや企業通販で購入できるものは国内で製造されているものしか取り扱いがありません。
そのため、海外の製品を購入するためには通販サイトを利用する必要があるのです。

ボディケアアイテムの使用方法

ボディケアアイテムの使用方法は基本的にそのどれもが同じ使用方法となっています。
基本的には1日1~2回の頻度で適量を手に取り、清潔な状態にした患部に塗布。
その後マッサージするように塗り込んでいくという方法です。
お風呂上りや朝起きて汗などを軽く拭いた状態で塗り込むと効果的です。
ただし、製品によって使用頻度などが異なるケースもあるため、使用上の注意や使用方法をよく読んで使用する必要があります。

間違えやすいボディケア方法

ここで取り上げるのは、ちまたにあふれる間違ったボディケア方法の例です。
たとえば、たっぷり時間をかけてお風呂に入ったり、最後の1ミリまで見落とさないほど執拗に角質を除去したり、熱いシャワーを浴びたり、一見すると良いことのように思われますが、実は間違った方法であり、ケアどころか逆に肌を傷つけてしまう可能性があります。

熱いシャワー

肌がピリッとするような熱いシャワーを思いきり浴びると、湯上がりには肌が生まれ変わったような気分になれます。
さぞかしボディケアとして有効なのだろうと思いきや、実はむしろ逆効果です。
40度前後かそれ以上の熱いお湯は、確かに皮膚上に汚れとして付着する皮脂をしっかり落とすことができますが、皮膚をコーティングして潤いを保つために必要な皮脂も残さず洗い流してしまい、結果的に乾燥しやすく、傷みやすいお肌になってしまう可能性があります。

角質ケアのしすぎ

肌がゴワゴワになってしまう角質は足のかかとや膝、肘などにできるのが一般的ですが、顔などにも生じることがあります。
美肌・美ボディの敵、徹底的に落としたいという思いからケアにはついつい力が入ってしまいがちですが、ケアのし過ぎはよくないといわれているので要注意です。
たとえば、角質除去クリームを使ってケアをしたうえでタオルを使ってゴシゴシ力をこめてこする、このような行為はNGです。
皮膚を傷つけて赤みができるなど、肌トラブルを誘発する可能性があります。

長風呂

40度以上のシャワーを浴びると皮脂が必要な分まですべて落ち、乾燥肌になってしまう可能性がある、ということはすでに解説していますが、浴槽で過ごす場合も気をつけるべきことがあります。
それは、長風呂を避けることです。
これもまた、皮脂が落ちすぎてしまうために乾燥肌を招いてしまう可能性があります。
長く湯につかっていると皮脂が溶け、流れ落ちてしまうのです。
1回につき、理想の入浴時間は15分程度と言われています。
ちなみに半身浴もやりすぎは禁物なので、注意してください。

ボディケアしながら行うと良い事

ここでは、さまざまなボディケアアイテムを使用しつつ、普段の生活で気をつけるべきこと、したほうがいいことについてまとめています。
食事や睡眠の際に気をつけるべきこととは?
ボディケアをスムーズに進めるサポートしてくれるマッサージとは?
普段の生活から対策することで、より効果が期待できます。

食事

ひとことでまとめると、栄養バランスの良い食事、コラーゲンをしっかり摂るというのが食事のポイントです。
特に肉割れ・妊娠線に悩まされないような体づくりをしたいという方、クリームなどを使って改善中の方は、ポイントを押さえた食事を心がけてください。
体に余分な脂肪や糖分を溜めないために、脂肪・炭水化物を摂りすぎないようにすること、特に炭水化物の摂取量には気をつけてバランスよく食べることです。
鶏皮や鶏の軟骨、ゼリーやプリンなどのコラーゲンが豊富な食品を取り入れることです。
これらを押さえた食事を心がけてみてください。
普段の生活で食事でこれらの栄養が取りにくいという方はサプリメントなどを利用し、効率よく栄養を摂取するのもお薦めです。

睡眠

睡眠をしっかり摂ることはボディケア、特に肉割れ・妊娠線の予防や改善には欠かせないことであるといえます。
肉割れ・妊娠線の原因は、たとえば妊娠でどんどんお腹が大きくなって皮膚が引っ張られる中で組織が傷ついてしまうことで起こります。
多くの場合、睡眠不足などでターンオーバーが停滞していることが直接的な原因として挙げられます。
ターンオーバー(新陳代謝)が正常であればお肌は伸縮性を発揮するので組織が傷つくことはありませんが、何らかの理由でターンオーバーが停滞していると、上記のような理由で肉割れ・妊娠線が起こります。
しっかり睡眠をとり、健康的な生活習慣を心がける必要があるのです。

運動

お肌の血行を良くすることで、防げる肌トラブルがあります。
また、ボディケアアイテムを使いつつ血行を促すことで、よりスムーズなケアが可能です。
血行を良くするために有効なことは、運動をすることです。
体を動かすことで体組織の働きが活発になり、心臓は多量の血液を送り出し、血管に乗った栄養が体の隅々までいきわたります。
とはいえ、たとえば妊婦さんが妊娠線の対策として運動する場合、激しい運動はNGです。
無理のない範囲でウォーキングをしたり、スイミング(泳ぐのではなく歩く感覚)をしたりといった運動を心がけると良いです。

セルフマッサージ

お肌の血行・ターンオーバーを促す効果があるセルフマッサージは、ボディケアアイテムの使用と並行すべきお肌トラブルの対策方法のひとつとしてお薦めです。
クリームを塗る際、単に塗るのではなく揉むような手つきを心がけてください。
たとえば妊娠中に妊娠線対策でセルフマッサージには、以下のようなものがあります。
①お腹をマッサージ。時計回り・反時計回りに揉みつつクリームを塗り込む。
②リンパ節がある鼠径部(足の付け根)をトリートメントする。
③鼠径部周辺から脇腹へ肉を寄せる感覚で揉み込む。
ただしこの場合、お腹や腰回りを激しく刺激するようなマッサージはNGです。
うつぶせになるのもNGです。
赤ちゃんがいるということを念頭に置き、優しくマッサージしてあげることを心がけてください。

ボディケアは長く続けていくもの

たとえば、1回クリームを塗ったからといって、永遠にお肌トラブルから解放されるわけではありません。
それどころか、ほとんど効果が得られずにお肌が傷ついてしまったりすることもあります。
肉割れ・妊娠線の予防やケアも、数日間ちょっとやったからといって効果を発揮するものではありません。
妊娠線予防の場合、お腹が目に見えて大きくなる妊娠5ヶ月目あたりがスタートさせるべきタイミングです。
クリームを使ったり、マッサージを並行して行ったりしてケアをしてください。
そして、このようなボディケアは出産前まで継続して行うことが大切と言われています。
根気よく続け、妊娠後もすっきりと美肌を維持できる美ボディを保てるように心がけてください。

ボディケアアイテムの通販に関するよくある質問

Q.外国製でも日本人の肌に合うの?
A.結論からいえば、外国製だから日本人には合わないということはありません。
外国製のボディケアアイテムは、日本国内で販売されているアイテムには入っていないような成分が含まれていることがあるので不安に思うことがあるかもしれませんが、逆にいえば日本製のアイテムには含まれていても外国製品には含まれていない、そんな成分もあります。
この点を不安視する必要はないと言えます。

Q.肉割れ改善クリームでシミなどもなくなる?
A.肉割れに限らず、シミなどのお肌トラブル全般に効果があるクリームは存在します。
たとえば、薬効成分アラントインを配合している製品(メデルマなど)です。
アラントインは傷ついた皮膚組織の修復をする作用がある成分であり、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を促す働きを持っています。
ターンオーバーが促されると細胞に沈殿したメラニンが排出されることになるので、シミを予防し、今あるシミの改善にも効果を発揮することが期待できます。

Q.肉割れ改善クリームは顔に使ってもいいの?
A.結論から言うと使用しても大丈夫です。
肉割れ改善クリームは、多くの場合、妊娠線を消すために使用されるボディケアアイテムです。
要するにお腹に塗るアイテムなので、顔の肌トラブルに使用しても問題ないと疑問に思う方も少なくないと思います。
しかし、肉割れとはそもそも妊娠線に限ったものではなく、たとえば急に体重が増えて顔がむっくりしてしまったとき、お肌が体の変化についていけずに引っ張られることで頬あたりに生じるケースもあります。
肉割れ改善クリームは、そのような顔の肉割れにも効果を発揮します。

Q.カタツムリ系のものって日本人にも合うの?
A.外国製のボディケアアイテムをチェックしていて、カタツムリローションなどの名前に接するとビックリする方も多いかと思います。
どうしても条件反射的にゲテモノっぽい、効果なさそうと思ってしまいがちです。
日本人には合わないのでは?という疑問を持つ方も多いと思います。
しかし、結論から言えばカタツムリローションをはじめとするカタツムリ系のボディケアアイテムは、日本人でも使用することができます。
実際、日本のメーカーが製造する国産のカタツムリ系ボディケアアイテムもあります。
安心して使用できるアイテムです。

Q.角質除去クリームでニキビも治りますか?
A.お肌のターンオーバーが乱れてニキビができている、角栓がたまりやすいといったお肌のお悩みを持つ方に、角質除去クリームは有効です。
ニキビの場合、いわゆる20代以降にできる大人ニキビに対して効果的と言えます。

関連コラム