ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報
更新日時:2019年4月8日

バストアップの効果的な食べ物

女性の中には、バストアップしたい!という方も多いと思います。
でも、実際にはなかなかうまくいかないこともあるのではないでしょうか?
マッサージだけではなく、食事の面はどうでしょうか?
ここでは、バストアップに効果的な食べ物を紹介していきます。

バストアップには食事?

バストアップも健康と同じように、身体の基本となる食事をしっかり摂ることが大切です。
女性の胸は脂肪が9割で構成されています。
無理なダイエットで脂肪を落としてしまうと、胸の脂肪も落ちてしまうことがあります。
しかし、脂肪を増やしたからと言ってバストアップに繋がるというわけではありません。

胸の脂肪は乳腺を包むようにして付いています。
乳腺が発達していると、脂肪も付きやすくなります。
生理前に胸が張るという人もいると思いますが、あれは生理前にホルモンバランスが変化することで乳腺が張るために起こります。

食事でバストアップは可能なのか?

実際に食事を変えただけで、バストアップはできるのでしょうか?
食事を変えただけでバストアップは難しいとされています。
バストアップに良い食事だけで胸を大きくするためには、毎日多くの量を摂取する必要があります。
そのため、現実的なものではありません。

それ以外にも、胸をきれいに保つためにも、胸を支えるための大胸筋なども必要とされてきます。
食事と合わせて運動などを行う必要があります。

食事は、バストアップの土台づくりと考える方がいいでしょう。

バストアップに効果的な食べ物

これから紹介する食べ物はどれもバストアップに効果の期待ができるものを紹介します。
しかしどれだけ効果の期待ができると言えど食べ過ぎは体に良くありませんしバストアップに関する間違いを起こしてしまう可能性があります。

それらを頭の片隅に入れて摂取していきましょう。

大豆食品

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをすることで有名です。
健康や美容にも良いとされるので、摂取している人も多いのではないでしょうか?

乳腺を発達させるホルモンとして、エストロゲンがあります。
イソフラボンはこのエストロゲンと構造が似ています。
エストロゲンの分泌が不足している女性は積極的に摂取することをお薦めします。

イソフラボンの1日の摂取目安量は上限が70mg~75mgとされています。
豆乳で200ml、納豆で50g、豆腐で300gです。
サプリメントでの摂取の場合にはプラス30mgとされています。

イソフラボンの過剰摂取は本来のエストロゲンの分泌に影響を与えます。
大豆食品ばかり摂取していても、食事が偏ってしまうため、適度に取り入れるようにしてください。

ミネラル ボロン(ホウ素)

ミネラルは身体に欠かせないもので、骨の形成にも効果的です。
ボロンはそのミネラルの一つです。
ボロンはエストロゲンの分泌を活性化させる効果があります。

ボロンを含む食材は、リンゴ、ぶどう、梨、キャベツ、大豆、わかめなどがあります。
しかし、ボロンは熱に弱いため生で摂取する必要があります。
酸化にも弱く、新鮮なうちに食べることが重要です。

キャベツだけで必要量のボロンを摂取しようとする場合には、1玉食べなくてはなりません。
現実的には厳しいと思うので、他の食材とともに摂取していくことをお薦めします。

ビタミンC

ビタミンCは美容成分としても定番ですが、コラーゲンを作るのに欠かせないものです。
ハリのある胸を手に入れるためには欠かせない栄養素です。

その他にも、ビタミンCにはストレスを軽減させる効果があります。
バストアップではストレスがよくありません。

ビタミンCは、レモンなど柑橘類、ピーマン、ブロッコリーなどに多く含まれています。

ビタミンA

ビタミンAは皮膚の新陳代謝を促す効果があります。
肌をきれいにし、ハリを与える効果があります。
そのため、きれいな胸を作るためのサポートになります。

ビタミンAは、にんじん、かぼちゃ、ほうれん草などに多く含まれています。

ビタミンB群

ビタミンB群は8種類あります。
ビタミンB群は身体のあらゆるところで働きます。
バストアップに働くビタミンB群の効果は、胸の緩みを引き締める効果があります。
その他にも、肌荒れを防ぐ美容効果もあります。

ビタミンB群は、レバー、納豆、チーズ、卵黄などに含まれています。
多くの食品に含まれているため、食事に取り入れやすいです。

食事を見つめるところから

いかがでしたか??
意外とバストアップだけではなく、美容効果によって知名度があるものもあったのではないでしょうか?

また、根底にあるものは、バランスの良い食事です。
上記で挙げた食品だけを摂取したからと言って、バストアップは見込めません。
1日や2日でサイズが変化することもありません。
上記でも言ったように、あくまでバストアップをサポートしてくれる食材です。
運動やマッサージなどを怠らないようにしてください。

また、バストアップをサポートしてくれる美容商品もあります。
これらを総合してうまく使用することでより効果的にバストアップを目指すこともできます。
自分にとって1番継続しやすいものを選んで続けていくことが大切です。
効率よく理想の体型をゲットしましょう!


関連ページ

合わせて読みたいお薦め記事

参考サイト
成人女性でも胸は大きくなる! バストアップに効果的な食べ物6選 - ライブドアニュース