ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る
ログイン

メールアドレス

パスワード

こんな人におすすめ
  • てんかんの部分発作の症状がある
  • 躁病の症状がある
  • 病院に行く時間がない
カラゼピン 200mg
容量 販売価格 1錠あたり 取得ポイント 注文
25錠 1,900 76 57pt
50錠 3,610 72 108pt
75錠 5,130 68 153pt

カラゼピンの通販情報

在庫状況 あり
届くまでの目安 約3週間~約4週間
発送国 香港
発送方法 ヤマト便・国際書留郵便・日通メール便
支払い方法 銀行振り込み、クレジット
メーカー Myfarma ilac San

カラゼピンの類似商品

カラゼピンの使い方や特徴 

カラゼピンは抗てんかん薬で、テグレトールのジェネリック医薬品です。
白色の丸形の錠剤で、様々な症状に効果がある特徴があり、てんかんなどの症状にお悩みの方にお薦めです。

カラゼピンの特徴 カラゼピンの有効成分であるカルバマゼピンは、ナトリウムチャネルの働きを抑え、神経細胞が興奮シグナルに侵入するのを抑えることで、てんかん発作の予防に効果が期待できます。
カラゼピンの飲み方 毎日決まった時間に服用してください。

・てんかん発作、てんかんに伴う精神症状、躁うつ、統合失調症の興奮状態の場合
飲み始めは1日200~400mgを1~2回に分けて服用してください。
その後効果が得られるまで徐々に増量してください。
効果が得られる目安量は600mgとなりますが、症状にり1日1200mgまで増量することができます。

・三叉神経痛の場合
飲み始めは1日200~400mgを数回に分けて服用してください。
通常は600mgまでを服用することが推奨されていますが、症状によっては1日800mgまで増量することができます。
カラゼピンの副作用 めまい、傾眠、嘔吐、肝機能検査異常など
カラゼピンの有効成分 カルバマゼピン200mg
カラゼピンと一緒に使えない薬 ボリコナゾール、リルピビリン、タダラフィル
カラゼピンと相性の悪い薬 利尿剤、アルコール、グレープフルーツジュース
カラゼピンを使えない人 本剤または三環系抗うつ剤に対して過敏性素因のある方、重篤な血管障害のある方、ポルフィリン症の方、ボリコナゾール・リルピビリン・タダラフィルを投与中の方、妊婦・授乳中または妊娠の可能性のある方
カラゼピンの詳細
カラゼピンの服用方法、副作用、併用禁忌、併用注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品:テグレトール

カラゼピンと一緒に買われている商品

口コミ・レビュー

口コミ・レビューを投稿する
評価:
お名前: 年齢:

関連コラム