ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

ED治療薬

バイアグラジェネリック

レビトラジェネリック

シアリスジェネリック

ステンドラジェネリック

ザイデナジェネリック

ED改善サプリメント

女性用バイアグラ

ED治療薬のオススメセット商品

ED治療薬の特徴

・硬さが出やすい
・20年以上の実績
・世界シェア1位
・最長36時間の効果
・素早い効果
・食事の影響を受けにくい
・新しいED治療薬
・素早い効果
・アジア初のED治療薬
・ED改善サポート
・血流改善
・女性の不感症の改善
・感度が上がる

ED治療薬について

バイアグラについて
シアリスについて
レビトラについて
ステンドラについて
ザイデナについて
ED治療サプリメントについて
女性用バイアグラについて

ED治療薬については下記サイトを参照しています
KEGG: Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes

ED治療薬と一緒に買われている商品

ED治療薬とは

ED治療薬とは、男性の勃起機能障害の改善に用いられる薬です。
現在、日本では成人男性の3人に1人がEDの症状を抱えているといわれています。

そもそもEDとは、勃起機能の低下を意味する「Erectile Dysfunction」の略で、主に「満足な性交を行えない勃起の状態」をさします。

EDの症状は、まったく勃起しないケースから途中で萎えてしまう中折れなど、人によってさまざまです。

EDの種類は、精神的な問題が要因の「心因性ED」、血管や神経の低下が要因の「器質性ED」、心因性と器質性の両方が要因の「混合性ED」、薬剤の副作用で起こる「薬剤性ED」の4種類です。

ED治療薬は、これらすべてのEDに対して高い有効性が認められ「満足な性交を行える勃起の状態」へと導いてくれます。

ED治療薬の効果

ED治療薬には勃起を促す効果があります。
この効果を知る上で重要なのが勃起のメカニズムです。

勃起とは、陰茎にある陰茎海綿体と呼ばれるスポンジ状の組織にたくさんの血液が流れ込むことで起こる現象です。

視覚や聴覚、触覚などで受ける性的な興奮は脳から神経を通じて陰茎に伝わります。

すると体内からNO(一酸化窒素)が放出され、血管拡張作用をもつ「cGMP(環状グアノシンーリン酸)」という物質が分泌されます。

このcGMPこそ勃起に必要不可欠な物質です。

cGMPが増加することで平滑筋が緩み、血管が拡張され、たくさんの血液が陰茎海綿体に流れ込むことで勃起が起こります。

逆に、このcGMPを分解するのが「PDE-5(ホスホジエステラーゼ5)」と呼ばれる酵素です。

射精後や興奮がおさまったさいに、勃起が鎮まるのはPDE-5がcGMPを分解して平滑筋や血管を通常時の状態に戻しているからです。

通常はこのcGMPとPDE-5のバランスが安定しているため、性的な刺激で勃起が促され、興奮がおさまれば勃起が鎮まります。

しかし、なんらかの理由で興奮状態にあるのにPDE-5が過剰に分泌されて勃起を邪魔してしまう、これがEDの原因です。

ED治療薬には、EDの原因であるPDE-5の働きを阻害する作用があります。

この作用により、血管を拡張するcGMPの分泌が正常に行われることで、血流が改善して満足な性交を行える勃起の状態へと導いてくれます。

ED治療薬の飲み方

ED治療薬は、しっかり容量と用法を守り服用しましょう。

また、ED治療薬の効果を十分に得るために以下の3点に注意しましょう。

・用量を守る

多くの用量を服用しても得られる効果は変わりません。
逆に副作用のリスクが高くなるので定められた用量を守りましょう。

・食前(空腹時)に服用する

ED治療薬の種類により、食事の影響は異なりますが、最大限の効果を得るには空腹時の服用が適しています。
最低でも食前30分前には服用しましょう。

・アルコールはたしなむ程度

ED治療薬の血流改善効果により、通常よりもアルコールがまわりやすい状態になります。
過度の飲酒はED治療薬の効果の減弱につながる可能性もあるため控えましょう。

ED治療薬の副作用

ED治療薬の主な副作用は以下の通りです。

  • ほてり
  • 目の充血
  • 頭痛
  • 消化不良
  • 鼻づまり
など

これらはED治療薬のもつ血管拡張作用によって生じる副作用です。
時間が経過すると共に症状も緩和していきます。
なお、ED治療薬には種類がありますが、上記の副作用はどのED治療薬にも共通する副作用です。

ED治療薬の種類

先発名 バイアグラ レビトラ シアリス ザイデナ ステンドラ
成分名 シルデナフィル バルデナフィル タダラフィル ウデナフィル アバナフィル
特徴 世界初のED治療薬 硬さが出やすい 即効性がある 硬さが出やすい 持続時間が長い 副作用が少ない アジア発のED治療薬 即効性がある 作用時間が長い 即効性が高い 副作用が少ない
副作用 血圧低下、ほてり、鼻詰まりなど 目の充血、顔のほてり、動悸など 目の充血、顔のほてり、動悸など ほてり、鼻づまり、目の充血など 目の充血、顔のほてり、動悸など
食事の影響 受けやすい 空腹時の服用推奨 受けにくい 700kcalまでの軽い食事までなら影響を受けない 受けにくい 800kcalまでの食事なら影響を受けない 受けにくい 受けにくい
勃起力 高い 高い マイルド マイルド マイルド
飲むタイミング 性行為の1時間前 性行為の20分~1時間前 性行為の1~3時間前 性行為の30分~1時間前に服用 性行為の30分前
作用までの時間 30分~1時間 15分~30分 1~3時間 30分~1時間 15分~30分
持続時間 4~6時間 5~10時間 20~36時間 10~13時間 3~6時間

バイアグラ

バイアグラは世界で初めて誕生したED治療薬です。
1998年にアメリカの製薬会社ファイザーより発売され、1999年に日本でもED治療薬として承認されています。

発売当初は「夢の薬」として話題を集め、現在でも抜群の知名度を誇ります。
バイアグラの有効成分シルデナフィルはもともと狭心症の治療薬として開発されていました。
しかし、開発途中で勃起効果が強く現れることがわかり、現在ではED治療薬として用いられています。
バイアグラの特徴は力強い勃起力です。

この力強い勃起力を求め、発売から20年以上経過しても多くの方に愛用され続けています。

作用までの時間は服用後30分~1時間程度で、効果の持続時間は4~6時間程度です。
また、多くの臨床試験の結果から、安全性と高い有効性が世界的に認められている治療薬です。

レビトラ

レビトラは、世界で2番目に誕生したED治療薬です。
2003年にドイツのバイエル社より発売され、翌年2004年に日本でもED治療薬として承認されています。

有効成分バルデナフィルは水に溶けやすい性質をもつため、即効性に優れているのが特徴です。
作用までの時間は服用後30分程度、早い方だと15分程度で効果を感じられます。
効果の持続時間は5~10時間程度です。
また、バイアグラの最大の欠点である食事の影響が改善され、700kcal以内の食事なら効果に影響がありません。
その他にも前立腺ガンの手術後や糖尿病や脊椎損傷によるEDにも効果が期待できます。

シアリス

シアリスは2003年にアメリカの製薬会社イーライリーより発売されたED治療薬です。
日本では2007年に承認されています。

シアリスの有効成分タダラフィルには、長時間の効果持続時間、食事の影響を受けにくい、副作用が少ないといった特徴があります。
効果の持続時間は最大36時間で、1錠で週末をカバーできることから「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。
また、800kcalまでの食事なら効果に影響はないとされているので、服用のタイミングも他のED治療薬ほど気にする必要はありません。
さらに、タダラフィルは水に溶けにくい性質のため、ゆっくりと成分が吸収されるので身体への負担が少なく副作用を引き起こしにくい一面もあります。
使い勝手のよさと安全性があることから人気が高く、2013年にはED治療薬の世界シェア1位を獲得しています。

ザイデナ

ザイデナは、韓国の東亞製薬(Don A Pharma)が製造・販売を手掛けるED治療薬です。
2005年に販売が開始されると「アジア人向けのED治療薬」として注目を浴び、韓国のED治療薬市場ではたった2年でバイアグラに次ぐ第2位のシェアを獲得しています。

現在、アジア各国やロシアなど30ヶ国以上で発売されていますが、日本では未承認です。
ザイデナの有効成分ウデナフィルは即効性を持ちながらも長時間作用するのが特徴です。
服用後30分~1時間程度で効果を得られ、効果の持続時間が10~13時間と長く続きます。
また、食事の影響も受けにくく、副作用が少ないことからバランスの取れたED治療薬として愛用者が増え続けています。

ステンドラ

ステンドラは2013年にアメリカのヴィーヴァス(VIVUS)より発売されたED治療薬です。
バイアグラ、レビトラ、シアリスの長所を生かした第4のED治療薬として世界で注目されています。
ただし、現在、日本では未承認です。

有効成分アバナフィルは、優れた即効性、食事の影響を受けにくい、副作用が少ないといった特徴があります。
軽い食事をした後でも、最短、服用後15分程度で効果があらわれることから利便性の高い治療薬として知られています。
なお、このアバナフィルは日本の田辺三菱製薬で開発が進められていた成分です。
しかし、日本と一部アジアを除く全世界での製造・販売権をヴィーヴァスに譲渡しています。
その後、ヴィーヴァスが新薬として開発を進め、2012年にFDA(アメリカ食品医薬品局)にて承認を得て、ステンドラという商品名で発売されています。

ED治療薬のジェネリック医薬品

ED治療薬にはジェネリック医薬品が複数販売されています。
ジェネリック医薬品とは、新薬(先発医薬品)の特許満了後に新薬と同じ有効成分を使って開発・販売される医薬品で、後発医薬品とも呼ばれます。
ジェネリック医薬品は「効果・安全性・品質」が新薬と同等でなくては販売できません。

しかし、販売価格は新薬に比べ、ジェネリック医薬品の方が安くなります。
なぜなら、新薬で有効性・安全性が証明された有効成分を使用するため、開発費が少なく、開発期間も短くなるからです。

もちろん、ED治療薬のジェネリック医薬品も新薬と同等の「効果・安全性・品質」が保証されています。
ここでは、各ED治療薬の人気が高いジェネリック医薬品を紹介していきます。

バイアグラジェネリック

バイスマ

バイスマはレクメズ社が製造・販売を手掛けるバイアグラジェネリックです。
レクメズ社には日本人監修者がいるため、日本人の体格や体質に合わせて製造されています。
日本語表記のパッケージや、1錠ずつ持ち運べるようにシートにミシン目が入っているなど細やかな工夫がほどこされているのが特徴です。

バイスマ100mg
容量 販売価格 1錠あたり
4錠 1,750円 437円
20錠 7,880円 396円
40錠 12,600円 315円

カマグラゴールド

カマグラゴールドはアジャンタファーマ社が開発したバイアグラジェネリックです。
世界的にも知名度が高く、錠剤タイプの他にも、ゼリー状になったカマグラゼリーやチュアブルタイプのカマグラPOLOなども販売されています。

カマグラゴールド100mg
容量 販売価格 1錠あたり
4錠 1,840円 460円
20錠 8,280円 414円
40錠 14,720円 368円

ノボシル

ノボシルは、アビシュカル社が開発したフィルム状になったバイアグラジェネリックです。
エチケットシートや口臭予防フィルムのように口の中ですぐに溶けるため、水なしで服用できます。
また、薄いシート状なので外出時の携帯に最適です。

容量 販売価格 1シートあたり
10シート 3,130円 313円
20シート 5,680円 284円
30シート 7,840円 261円

レビトラジェネリック

レビスマ

レビスマはレクメズ社が開発したレビトラジェネリックです。
開発に日本人が関わっているので、日本人の体質や体格にあわせて製造されています。
1錠ずつ切り取れるようにシートにミシン目が入っているので携帯にも便利です。
また、日本語表記のパッケージなので海外医薬品に抵抗がある方でも安心して使用できます。

容量 販売価格 1錠あたり
4錠 1,750円 437円
20錠 7,880円 394円
40錠 12,600円 315円

バリフ

バリフはアジャンタファーマ社が開発した世界的にも人気が高いレビトラジェネリックです。
錠剤タイプの他に、ゼリータイプのバリフゼリーも販売されています。
レビトラと同等の効果と安全性をもちながら、コストパフォーマンスに大変優れている商品です。

バリフ20mg
容量 販売価格 1錠あたり
10錠 1,900円 190円
30錠 5,130円 171円
100錠 15,200円 152円

ジェビトラ

ジェビトラはサンライズレメディーズ社が製造・販売を手掛けるレビトラジェネリックです。
有効成分バルデナフィルの成分量が20mg、40mg、60mgと3種類にわかれているのが特徴です。

ジェビトラ20mg
容量 販売価格 1錠あたり
10錠 2,340円 234円
30錠 6,320円 210円

シアリスジェネリック

シアスマ

シアスマはレクメズ社が開発したシアリスジェネリックです。
開発に日本人が関わっているので、日本語表記のパッケージなど日本人向けに作られている商品です。
パッケージの他にも、錠剤が小さく服用しやすい点や、1錠ずつ切り離せるので持ち運びに便利な点など様々な工夫がほどこされています。

シアスマ20mg
容量 販売価格 1錠あたり
4錠 1,750円 437円
20錠 7,880円 394円
40錠 12,600円 315円

タダライズオーラルゼリー

タダライズオーラルゼリーはサンライズレメディーズが開発したゼリータイプのシアリスジェネリックです。
ゼリータイプなので体への吸収が早く、錠剤に比べて効果を若干早く感じられます。
1包ごとに小分けになっていて、水なしで服用ができるため、持ち運びに便利です。
錠剤タイプのタダライズも販売しています。

タダライズオーラルゼリー20mg
容量 販売価格 1錠あたり
10袋 2,250円 225円
20袋 4,050円 202円
30袋 5,670円 189円

タスティリア

タスティリアはヒーリングファーマ社が開発した薄いフィルム状のシアリスジェネリックです。
口臭ケアシートのように口に含むとすばやく溶けるため、服用の場所を選びません。
また、薄いシート状になっているため、持ち運びにも最適です。

タスティリア20mg
容量 販売価格 1錠あたり
10枚 2,520円 252円
20枚 5,040円 252円
30枚 7,560円 252円

ザイデナジェネリック

ザイスマ

ザイスマはレクメズ社が開発したザイデナジェネリックです。
ザイスマは開発に日本人が関わり、日本人向けに製造をしていることからザイデナジェネリックの中でも人気の高い商品です。

ザイスマ100mg
容量 販売価格 1錠あたり
4錠 2,500円 625円
20錠 9,800円 490円
40錠 16,800円 420円

ズデナ

ズデナはサンライズレメディーズ社が開発したザイデナジェネリックです。
有効成分ウデナフィルは韓国で開発されたため、アジア人と相性がよい成分として知られています。
ザイデナと同等の効果を低コストで得られることので、ザイデナを使用したいと思う方にオススメです。

ズデナ100mg
容量 販売価格 1錠あたり
4錠 2,700円 675円
20錠 10,800円 540円
40錠 17,280円 432円

ステンドラジェネリック

ドラスマ

ドラスマは、レクメズ社が開発したステンドラジェネリックです。
低コスト(1錠単価:315円~)でステンドラと同等の効果と安全性を得られることから多くのドラスマ愛用者が生まれています。
また、開発段階から日本人が関わっているため、日本人の体質にあわせて製造されているのがドラスマの特徴です。

ドラスマ100mg
容量 販売価格 1錠あたり
1錠 1,800円 1,800円
20錠 8,100円 405円
40錠 12,600円 315円

アバナ

アバナはサンライズレメディーズ社が開発したステンドラジェネリックです。
有効成分アバナフィルの含有量が、50mg・100mg・200mgの3種類あるので体格や効き目に応じて選べます。
また、アバナに早漏防止薬プリリジーの有効成分が加わった「トップアバナ」と「スーパーアバナ」が販売されています。

アバナ50mg
容量 販売価格 1錠あたり
4錠 1,520円 380円
20錠 6,840円 342円
40錠 12,920円 323円

ED治療薬の選び方

ED治療薬の選び方で重要なのは自分の目的に合った治療薬を見つけることです。
しかし、ED治療薬は種類に応じて特徴が異なるのでどれを選べばいいか迷ってしまう方もいることでしょう。
そのような方のために、ここでは目的と特徴から各商品を紹介していきます。

初めて服用する方

初めてED治療薬を服用する方にオススメなのは王道の3大ED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)です。
それぞれの簡単な特徴とジェネリック医薬品を紹介しているので参考にしてください。
また、3大ED治療薬をすべて試してみたいという方にはお得なセット商品もあります。

商品名:バイアグラ

バイアグラは最も知名度の高いED治療薬です。
発売してから20年経過しても多くの方に愛用されています。
特徴は力強い勃起力です。

商品名:カマグラゴールド

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品です。
バイアグラを低コストで使用してみたいという方にオススメです。

商品名:レビトラ

レビトラは即効性が魅力のED治療薬です。
服用後30分程度、早い人だと15分程度で効果を実感できます。

また、硬さも出やすいのが特徴です。 商品名:バリフ

バリフはレビトラのジェネリック医薬品です。
低コストでレビトラを試したい方にオススメです。

商品名:シアリス

シアリスは効果が最大36時間継続するED治療薬です。
その他にも食事の影響を受けにくい、副作用が少ないといった特徴があります。
使い勝手のよさと安全性の高さから世界で最も売れているED治療薬です。

商品名:タダシップ

タダシップはシアリスのジェネリック医薬品です。
低コストでシアリスの効果を試したい方にオススメです。

商品名:ED治療薬3種お試しセット+ラブスマ

ED治療薬3種お試しセットはレクメズ社が開発したED治療薬セットに女性不感症治療薬が加わったセット商品です。
バイアグラ、レビトラ、シアリス、ウーメラのジェネリック医薬品がセットになっています。
どのED治療薬が自分に合うかどうか確かめたい方にオススメです。

勃起力を求める方

勃起力を求める方にはバイアグラとレビトラがオススメです。

商品名:バイアグラ

バイアグラの特徴は力強い勃起力です。
ED治療薬の中でもトップクラスの硬さを得られます。

商品名:レビトラ

レビトラは即効性があり、硬さが出やすい特徴をもったED治療薬です。
食事の影響もバイアグラほど受けないため、バイアグラよりも利便性が向上しています。

即効性を求める方

即効性を求める方にオススメなのはレビトラとステンドラです。

商品名:レビトラ

レビトラは即効性があるED治療薬です。
服用後30分程度、早い方だと15分程度で効果を感じられます。
また、硬さが出やすいのも特徴です。

商品名:ステンドラ

ステンドラは即効性のあるED治療薬です。
最短で服用後15分程度で効果を感じられます。
また、食事の影響を受けにくい、副作用が少ないといった特徴も兼ね備えます。

持続力を求める方

効果の持続力を求める方にはシアリスとザイデナがオススメです。

商品名:シアリス

シアリスはED治療薬の中で最も長い効果持続時間(最大36時間)が特徴のED治療薬です。
また、食事の影響を受けにくい、副作用が起こりにくいといった特徴もあります。

商品名:ザイスマ

ザイスマはザイデナのジェネリック医薬品です。
有効成分ウデナフィルは即効性を持ちながらも長時間作用する特徴があります。
服用後30分~1時間程度で効果を得られ、効果の持続時間が10~13時間と長く続きます。

ED治療薬の購入方法

ED治療薬の購入方法は、病院で処方してもらう方法と海外通販サイトで購入する方法の2種類です。
どちらの購入方法もメリット・デメリットが存在します。
その時々の状況に応じて自分に合った購入方法を選択することが何よりも重要です。

病院での処方

ED治療薬は処方箋医薬品です。
医師の診断のうえで発行する処方箋に基づき調剤薬局で入手できます。
ただし、入手できるのは日本ですでにED治療薬として承認を得ている治療薬のみです。
ここでは以下の3点にわけて病院での処方に関して紹介していきます。

  • 病院での処方が向いている方
  • 病院処方のメリット
  • 病院処方のデメリット

病院での処方が向いている方

以下に該当する方は病院での処方が向いている方です。

  • 持病などにより健康状態に不安がある
  • 服用している薬がある
  • 海外医薬品に抵抗がある

ED治療薬は持病や体調、飲んでいる薬などで服用できない場合があります。
そのため、健康状態に不安がある方や服用している薬がある場合はED治療薬使用前に医師に相談することが大切です。

また、通販で購入できるED治療薬は海外の医薬品です。
日本製のED治療薬を使用したい場合は病院で処方してもらいましょう。

病院処方のメリット

病院処方のメリットは以下の通りです。

  • 安心感
  • 医師の診断を受けられる
  • 医師に相談ができる
  • 診断後、すぐに処方してもらえる

医師に症状や健康の不安、飲んでいる薬の相談などをすることで適切な診断をしてもらえます。
そのため、ED治療薬を使用する上で安心感がうまれます。
この安心感こそが病院処方の1番のメリットといえるでしょう。
なお、診断後、問題がなければすぐにED治療薬を処方してもらえることもメリットの1つです。

病院処方のデメリット

病院処方のデメリットは以下の通りです。

  • 費用が高い
  • 予約や診断などの手間
  • 処方してもらえるED治療薬の種類が限られる
  • 羞恥心

病院で処方してもらう場合の1番のデメリットは費用が高いことです。
ED治療薬は自由診療扱いなので保険がききません。
病院によってかかる費用は異なりますが、治療薬代以外にも初診料や診察料、または検査料が必要となる場合もあるため、どうしても費用がかさんでしまいます。
また、処方してもらえるED治療薬は国内で承認を受けたもののみです。

通販なら低コストで買える海外製のジェネリックなどは処方してもらえません。
その他にも予約や診断を受ける時間を作るなどの手間や、対面で診断を受けるのが恥ずかしいというデメリットも生じてしまいます。

通販で購入

ED治療薬は海外通販サイトで購入ができます。
病院で処方してもらう場合と最も違うのは処方箋が必要ないことです。
ここでは以下の3点にわけて通販での購入に関して紹介していきます。

  • 通販での購入が向いている方
  • 通販のメリット
  • 通販のデメリット

通販での購入が向いている方

以下に該当する方は通販でED治療薬の購入が向いている方です。

  • 費用を安く抑えたい
  • 手間をかけずにED治療薬を購入したい
  • 病院へ行く時間が取れない
  • 病院へ行くのが恥ずかしい
  • 海外医薬品に抵抗がない

通販と病院処方の大きな違いはいつでもED治療薬を購入できることです。
上記に該当する方になぜ通販が向いているのか次項の通販のメリットで詳しく説明します。

通販のメリット

ED治療薬を通販で購入するメリットは以下の通りです。

  • 価格が安い
  • 手間がかからない
  • 誰とも会わずに購入できる
  • 豊富な商品の取り揃え

通販の最大のメリットは価格が安いことです。
通販では治療薬代しかかかりません。

さらにその治療薬代も病院で処方してもらうよりも安くなります。
また、先発薬から低コストで購入できる海外ジェネリックまで豊富な商品の取り揃えがあるので、自分に合った治療薬を見つけることが可能です。

しかも、誰とも会わずにボタン1つで購入ができるので自分の好きなタイミングで購入できるので手間がかかりません。
簡単に安くED治療薬を購入できるのが通販のメリットといえるでしょう。

通販のデメリット

通販のデメリットは以下の通りです。

  • 商品到着まで時間がかかる
  • 個人輸入なので全てが自己責任になる
  • 偽物を販売する悪質サイトが存在する

通販でED治療薬を買う場合、海外発送となるので到着まで時間がかかります。
すぐに使いたいという場合は通販ではなく、病院で処方してもらいましょう。

また、個人輸入で購入する医薬品については全て自己責任のもと購入する必要があります。

例えば、悪質サイトで偽物を買ってしまった場合でも自己責任となってしまいます。

なお、当サイトにおいては100%メーカー正規品を取り扱っているので偽物が届くことはありません。
悪質サイトに関しては通販で1番気を付けなければいけない点です。

金額が安すぎる、変な日本語表記、利用規約や個人情報保護方針、特定商取引法の表記がないなどのサイトは悪質サイトの可能性があるので注意しましょう。

関連コラム