ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

ウリプリスタール酢酸エステルの効果・副作用・禁忌

ウリプリスタール酢酸エステルの目次


ウリプリスタール酢酸エステルの効果

ウリプリスタール酢酸エステルはエラに含まれている有効成分となっており、緊急避妊薬として効果を発揮する有効成分です。

排卵が起こるために必要なホルモン、プロゲステロンの活動を変更することで作用する物質、ulipristalアセテートを含んでいるため、服用することで排卵が延期され、望まない妊娠を防ぐことが可能です。

また同じ緊急避妊薬である、レボノルゲストレルと比べ効果を得られる時間が長く、最大5日(120時間)以内の服用で避妊できる特徴があります。

ウリプリスタール酢酸エステルの特徴

同じ緊急避妊薬であるレボノルゲストレルと、ウリプリスタール酢酸エステルとの大きな違いは、服用可能な時間にあります。

日本でも処方される有名なレボノルゲストレルは避妊に失敗してから72時間以内の服用でなければいけないのに対し、ウリプリスタール酢酸エステルは120時間以内であれば、妊娠を阻止できる特徴を持っています。

しかし日本国内ではまだ未承認となっているため、購入するためには個人輸入代行を用いたネット通販のみとなります。

ウリプリスタール酢酸エステルの服用方法

避妊に失敗したと分かった段階でなるべく早く1錠を服用してください。

120時間(5日以内)まで効果があるとされていますが、なるべく早く服用するほど効果の期待が高まります。

また、日本国内で処方されるアフターピルは2錠服用する必要がありますが、ウリプリスタール酢酸エステルは1錠のみで効果を発揮するため、必ず1錠を服用してください。

服用後、3時間以内に嘔吐してしまった場合には、有効成分の吸収が間に合っていない恐れがあります。
このような場合には再度、追加で1錠服用するようにしてください。

月経の遅れ

ウリプリスタール酢酸エステルを服用した次の月経は数日間遅れる場合があります。

しかし月経予定よりも1週間以上期間が開いて、嘔吐や吐き気などが生じた場合には妊娠している可能性があるため、医療機関を受診するようにしてください。

ウリプリスタール酢酸エステルの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはウリプリスタール酢酸エステルも例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。

一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・吐き気、腹部、不快感、嘔吐
・骨盤痛、胸の圧痛
・頭痛、めまい、気分変動
・筋肉痛、腰痛、疲労感

ウリプリスタール酢酸エステルの副作用として、上記の副作用が生じやすいとされています。
これらはホルモン環境のバランスが一時的に乱れていることから生じる副作用となっているため、ウリプリスタール酢酸エステルの効果が薄まると同時に軽減されていきます。

どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

妊娠初期の出血と生理の区別

アフターピルを服用し、避妊に成功すると消退出血という出血が発生します。
消退出血は、アフターピルの作用によって引き起こされた生理のような症状です。

この消退出血は、妊娠初期に発生する着床出血と呼ばれるものに似ており、見分けにくいと感じる人が多くいます。

なぜ出血したのかを見極める方法は、出血するまでの時間をチェックすることです。
消退出血は、アフターピル服用後3日~3週間ほどの間に発生します。

一方、着床出血は排卵日の1週間後、生理予定日の1週間~数日前に発生します。
出血の時期が3日以上あいていれば、避妊に成功したと判断できるといえるでしょう。
ただし念のため、婦人科やクリニックで確認することをお薦めします。

ウリプリスタール酢酸エステルを服用してはいけない人

ウリプリスタール酢酸エステルを服用するにあたって以下に該当する方は服用をしてはいけません。

・ウリプリスタール酢酸エステルに対しての過敏症を発症した経験がある方
・妊婦
・重度の肝障害を患っている方

過去にウリプリスタール酢酸エステルが含まれた薬剤を服用して過敏症を引き起こした経験のある方は服用してはいけません。
重度の肝障害を抱えている方は、ウリプリスタール酢酸エステルの成分によって症状を増悪させる可能性があります。
これは、ウリプリスタール酢酸エステルが肝臓で代謝を受けるため、肝障害により機能低下している場合、肝臓に負担がかかってしまうためです。

また、既に妊娠している妊婦がウリプリスタール酢酸エステルを服用しても避妊効果はありません。
治療上、利益性がないことから禁忌に指定されています。

ウリプリスタール酢酸エステルの併用注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬はウリプリスタール酢酸エステルと一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
ウリプリスタール酢酸エステルを服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。

併用注意薬はウリプリスタール酢酸エステルと一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用禁忌

ウリプリスタール酢酸エステルと同時に服用してはいけない医薬品は存在しませんが、以下で注意すべき医薬品を記載しています。

併用注意

・抗てんかん薬、HIVプロテアーゼ阻害剤、非ヌクレオシド逆転写酵素阻害薬

アフターピルとの併用によって肝の薬物代謝酵素を誘導し,アフターピルの代謝を促す恐れがあるため注意が必要です。

・セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)

こちらもまた肝臓の薬物代謝酵素を誘導し、アフターピルの代謝を促す恐れがあるため注意が必要です。
セント・ジョーンズ・ワートを含む健康食品やサプリメントを摂取しているという方は、ウリプリスタール酢酸エステルを服用する際には控えてください。

また、これらは同時に服用することも望ましくありませんが、ウリプリスタール酢酸エステルを服用する4週間以内に服用している場合も効果の妨げになる恐れがあるため、そのような場合には医師に相談してから服用するようにしてください。

関連ページ

避妊薬の関連商品一覧


参考サイト


ellaOne Package leaflet