ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

酢酸シプロテロンの効果・副作用・禁忌

酢酸シプロテロンの目次


酢酸シプロテロンの効果

酢酸シプロテロンは低用量ピルなどに含まれる黄体ホルモン剤の1種です。
女性の体内で分泌がある黄体ホルモンと似た働きをする人工ホルモンとなっており、シプロテロンのような人工ホルモンのことをプロゲステロンと呼びます。

シプロテロンは人工ホルモンであるエストロゲンと一緒に低用量ピルに配合されており、月経周期に合わせて服用することで、望まない妊娠を防ぐ働きを行います。

他にもシプロテロンには男性ホルモンの活性化を防ぐ作用があり、女性に発症するニキビや多毛症など、男性ホルモンが必要以上に活性化してしまうことで引き起こす症状の改善を目的に利用されることもあります。

男性ホルモンが必要以上に活性化してしまうと、女性はフェイスライン、背中や胸などの毛穴にある皮脂腺が活発に活動をはじめ、皮脂の分泌、産毛の成長が促されてしまいます。
シプロテロンに含まれる抗男性ホルモン作用に関しては、男性ホルモンの活性化で引き起こす、男性の前立腺疾患を治療していく過程で発見された効果となっており、効果は実証済みです。

酢酸シプロテロンの特徴

酢酸シプロテロンはアンドロゲン受容体と呼ばれる男性ホルモンの活性化を促すたんぱく質の働きを抑えます。

男性ホルモンとひとくくりにしても、ヒドテストステロンや有名なところで言うとテストステロンなど複数あるものの、全てアンドロゲン受容体と結びつくことで活性化し、結果皮脂腺が活発になります。

しかし酢酸シプロテロンを服用すると、酢酸シプロテロンがアンドロゲン受容体と結びつき、男性ホルモンがアンドロゲン受容体と結合できなくなります。
テストステロンなどの男性ホルモンは単独では、活性化できない性質であることから、皮脂腺が活発になることなく、皮脂の過剰分泌、多毛症などの症状を抑えることができます。

また酢酸シプロテロンとエストロゲンを同時に服用することで、妊娠中の身体に近いホルモンバランスになり、脳が妊娠していると錯覚します。
すると黄体ホルモンや卵胞ホルモンの分泌が行われなくなり、排卵が行われない、子宮内膜の成長ストップ、精子の受精や着床しづらい身体となります。

酢酸シプロテロンの臨床試験結果

酢酸シプロテロンの配合された低用量ピルを使用して、ニキビに対する治療効果を行った臨床試験があります。
1462名の女性で中度~重度の男性ホルモンが活性化しているニキビ患者を対象に長期的な臨床試験を行いました。

酢酸シプロテロンが含まれる低用量ピルの服用を続けていた結果、3か月で38%、1年で91%のニキビ改善が認められました。
上記の結果から酢酸シプロテロンは男性ホルモンの活性化を防ぐ役割があると認められています。

また、継続を長期的に続けることで、より症状が改善されることも明確化されており、この臨床試験では胸や腹部、顔などに発症した多毛症の改善も認められました。

服用前と比較すると、胸95%、腹部82%、顔60%の割合で多毛症が改善されています。

酢酸シプロテロンの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それは酢酸シプロテロンも例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。

一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・頭痛
・悪心
・傾眠
・倦怠感
・不正子宮出血
・消退出血

酢酸シプロテロンの代表的な副作用としては、頭痛や眠気など月経時に起こる不調と類似した症状となります。
これらの不調は酢酸シプロテロンによる効果によって、身体のホルモンバランスが妊娠時に近い状態となるため、起こる一時的な症状です。

非常に低確率ではありますが、同時に配合されている卵胞ホルモン剤の影響によって、激しい胸の痛みや頭痛、視界の低迷などが起こる血栓症が発症する場合があります。
血栓症の疑いがある場合には、すぐに服用を中断して、医師の診察を受けてください。

酢酸シプロテロンを服用してはいけない人

酢酸シプロテロンを服用するにあたって以下に該当する方は服用をしてはいけません。

・酢酸シプロテロンに対し、アレルギー反応を起こした経験のある方
・過去に血栓症を患ったことのある方
・乳がん、子宮がんの方
・1日15本以上喫煙する方
・妊婦、または妊娠の可能性がある方
・診断の確定していない、性器からの不正出血がある方
・妊娠中に黄疸を起こしたことのある方
・重度の肝障害を患っている方

過去に酢酸シプロテロンのアレルギー反応を起こしたことのある方は再度の服用で過敏症が強く出てしまう恐れがあります。
血栓症を発症したことのある方や、乳がん、子宮がんなどの卵胞ホルモンの働きにより、悪化してしまう恐れのある疾患を持つ方も服用できません。

他の低用量ピル同様に、プルの服用期間中は煙草を吸ってしまうと血栓症のリスクを高めてしまうため、極力禁煙を心がける必要があります。

妊娠している可能性のある方は服用しても効果の確実性がないことから服用できません。
妊娠中に黄疸を起こしたことのある方は服用によって症状が再発する可能性があります。

関連ページ

避妊薬の関連商品一覧


参考サイト

Cyproterone acetate - Wikipedia