ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る
ログイン

メールアドレス

パスワード

こんな人におすすめ
  • 統合失調症の症状がある
  • 気分が落ち込みやすい
  • 病院に行けない
モゼップ 2mg
容量 販売価格 1錠あたり 取得ポイント 注文
100錠 3,480 34 104pt

モゼップの通販情報

在庫状況 あり
届くまでの目安 約3週間~約4週間
発送国 香港
発送方法 ヤマト便・国際書留郵便・日通メール便
支払い方法 銀行振り込み、クレジット
メーカー インタスファーマ

モゼップの類似商品

モゼップの使い方や特徴 

※現在欠品中です。
類似商品のアリピプラゾールシゾドンをご利用ください。

モゼップは成分ピモジドを配合した、オーラップのジェネリック薬です。
神経遮断薬の1つで、脳内の情報伝達系の混乱を改善する効果が期待できます。
小児の自閉症障害の改善や強い不安や緊張、気分の停滞など精神状態の改善にも使用されています。

モゼップの特徴 モゼップの有効成分ピモジドは、脳内の神経伝達の混乱を抑える効果があります。
小児自閉症障害の治療にも使用されています。
その他、気分の調整をする働きがあり、強い不安や緊張、気分の停滞などの様々な精神状態の改善の治療にも使用されます。
モゼップの飲み方 統合失調症の場合、1日に1回、必要に応じて、2~3回に分割して服用してください。
初期量は1~3mg、症状に応じて4~6mgに徐々に増やすことができます。
年齢や症状に応じて服用量の調節を行いますが、1日の最高量は9mgまでとなります。
最高量は9mgまでとし、維持量は通常6mg以下とします。
小児の自閉性障害の場合、1日に1回1~3mg服用してください。
年齢や症状に応じて1日6㎎まで増やす事ができます。
モゼップの副作用 睡眠障害、振戦、アカシジア、悪性症候群、痙攣発作、低ナトリウム血症など
モゼップの有効成分 ピモジド2mg
モゼップと一緒に使えない薬 HIVプロテアーゼ阻害剤、リトナビル、QT延長を起こすことが知られている薬剤
モゼップと相性の悪い薬 中枢神経抑制剤、メトクロプラミド、ドパミン作動薬、グレープフルーツジュース
モゼップを使えない人 モゼップの成分に対して過敏症の既往歴のある方、先天性QT延長症候群のある方・先天性QT延長症候群の家族歴のある方、不整脈またはその既往歴のある方、QT延長を起こしやすい方、QT延長を起こすことが知られている薬剤を投与中の方、低カリウム血症・低マグネシウム血症のある方、著明な徐脈のある方など
モゼップの詳細
モゼップの服用方法、副作用、併用禁忌、併用注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品:オーラップ

モゼップと一緒に買われている商品

口コミ・レビュー

口コミ・レビューを投稿する
評価:
お名前: 年齢:

関連コラム