ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る
ログイン

メールアドレス

パスワード

パロキセチン

こんな人におすすめ
  • ・うつで悩んでいる
  • ・不安感がある
  • ・病院に行きたくない
パロキセチン 20mg
容量 販売価格 1錠あたり 取得ポイント 注文
30錠 2,700 90 81pt
60錠 4,860 81 145pt
パロキセチン 40mg
容量 販売価格 1錠あたり 取得ポイント 注文
30錠 4,500 150 135pt

届くまでの目安 約3週間~約4週間
発送国 シンガポール
発送方法 ヤマト便・国際書留郵便・日通メール便
支払い方法 銀行振り込み、クレジット
メーカー ザイダスカディラ

パロキセチンの類似商品

パロキセチンの使い方や特徴 

パロキセチンはうつ病や不安障害の治療薬で、パキシルのジェネリック医薬品です。
パニック障害や外傷後ストレス障害の治療にも用いられており、うつ病の症状にお悩みの方にお薦めです。

パロキセチンの特徴 有効成分のパロキセチン塩酸塩水和物が不足したセロトニンの働きを高め、心のバランスを保つことで、うつ病の症状を改善する効果があります。
パロキセチンの飲み方 1日1回夕食後に服用してください。

・うつ病・うつ状態の場合
1回10mg~20mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量しますが、1日40mgを超えないよう調節してください。

・社会不安障害の場合
1回10mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量しますが、1日40mgを超えないよう調節してください。

・パニック障害の場合
1回10mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量しますが、1日30mgを超えないよう調節してください。

・強迫性障害の場合
1回20mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量しますが、1日50mgを超えないよう調節してください。

・外傷後ストレス障害の場合
1回10mg~20mgより開始し、1週ごとに10mgずつ増量しますが、1日40mgを超えないよう調節してください。
パロキセチンの副作用 めまい、口渇、けん怠感、発汗など
パロキセチンの有効成分 パロキセチン塩酸塩水和物20mg/40mg
パロキセチンと一緒に使えない薬 MAO阻害剤、ピモジド
パロキセチンと相性の悪い薬 アルコール、三環系抗うつ剤、抗不整脈剤
パロキセチンを使えない人 本剤に対して過敏性素因のある方、MAO阻害剤を投与中の方、ピモジドを投与中の方、妊婦・授乳中または妊娠の可能性のある方、18歳未満の方
パロキセチンの詳細
パロキセチンの服用方法、副作用、併用禁忌、併用注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。
医療用医薬品:パキシル

パロキセチンと一緒に買われている商品

口コミ・レビュー

口コミ・レビューを投稿する
評価:
お名前: 年齢:

関連コラム