ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

登録した際のメールアドレスを入力し送信して下さい。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る
ログイン

メールアドレス

パスワード

マレグラDXTプラス

こんな人におすすめ
  • EDも早漏も改善したい
  • バイアグラジェネリックが欲しい
  • 力強さが欲しい
マレグラDXTプラス 160mg
容量 販売価格 1錠あたり 取得ポイント 注文
10錠 2,800 280 84pt
30錠 6,800 226 204pt
50錠 9,300 186 279pt

マレグラDXTプラスの商品情報

特徴 勃起不全にも早漏にも効果のあるバイアグラジェネリック
有効成分 シルデナフィル100mg/デュロキセチン60mg
効果 勃起不全(ED)の改善、早漏防止
先発薬 バイアグラ
サインバルタ
メーカー サンライズレメディーズ
発送国 インド
支払方法 銀行振り込み、クレジット、コンビニ
送料 全国一律1,000円 10,000円以上のお買い物で送料無料
届くまでの目安 ご購入から約2週間(世界情勢によって異なります。)

マレグラDXTプラスの特徴

マレグラDXTプラスは勃起不全(ED)改善だけでなく、早漏防止の効果も期待できる治療薬です。

マレグラDXTよりも、デュロキセチンの成分量が30mgの増加しています。

マレグラDXTよりも更なる早漏防止が期待できます。

マレグラDXTプラスの効果

性行為前にマレグラDXTプラスを服用することで勃起を促進、そして早漏を防止させてくれます。

有効成分シルデナフィル:勃起を終了させる酵素「PDE-5」を阻害する作用があります。

有効成分デュロキセチン:抗うつ剤などに使用されており、興奮を抑える作用があります。

※服用しただけでは勃起しません。必ず性的刺激や興奮が必要です。

マレグラDXTプラスの副作用

シルデナフィル

重い副作用
持続勃起症(プリアピズム)、急激な血圧低下(硝酸薬との併用)
その他
頭痛、ほてり、潮紅、鼻づまり、めまい、血圧の変動、頻脈、動悸、視覚異常、彩視症、光視症

重い副作用はめったに見られませんが、初期症状など注意してください。

頭痛、鼻づまり、赤ら顔、比較的副作用として出やすいですが効果が収まれば症状も一緒に収まります。

デュロキセチン

重い副作用
セロトニン症候群、悪性症候群(Syndrome malin)、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)、けいれん、幻覚、肝臓の障害、重い皮膚・粘膜障害、アナフィラキシー様症状、高血圧クリーゼ、尿閉
その他
口の渇き、吐き気、吐く、便秘、下痢、眠気、不安感、頭痛、めまい、立ちくらみ、不眠、目のまぶしさ・かすみ、発汗、味覚異常、ふるえ、頻脈、動悸、血圧上昇、尿が出にくい、性機能異常、肝機能値の異常、かゆみ、発疹

副作用が続くなど異常を感じた場合や不安なことは、医師に相談してください。

マレグラDXTプラスの服用方法

性行為の1時間前に1錠、水またはぬるま湯で服用してください。

食事の影響を受けやすいので、効果を最大限得るためには空腹時での服用が推奨されています。

食後の服用の場合2時間間をあけてください。

1回の性行為で服用できるシルデナフィルは最大50mgまでです。ピルカッター等で錠剤を半分にカットしシルデナフィル50mgを1回分として服用してください。

1日1回までの服用となっていますので、最低でも24時間は間をあけてください。

詳しい服用方法に関しては医師、または薬剤師に確認してください。

マレグラDXTプラスの注意事項

  • 本剤に対して過敏性の既往歴のある方
  • 重度の肝機能障害の方
  • 低血圧の方や、高血圧で治療による管理されていない方
  • 直近6ヶ月以内に脳梗塞、脳出血、心筋梗塞の既往歴がある方
  • 心血管系障害があるなど性行為が不適当と考えられる方
  • 本剤に対して過敏性の既往歴のある方
  • 重度の肝機能障害の方
  • 重度の腎臓機能障害の方
  • コントロール不良の閉塞隅角緑内障のある方

その他治療中の病気や、持病によっては服用できない可能性があります。医師に相談してください。

マレグラDXTプラスの併用禁忌・注意薬

シルデナフィル

併用禁忌薬 併用注意薬
硝酸剤及びNO供与剤
アミオダロン塩酸塩
sGC刺激剤
CYP3A4阻害薬
CYP3A4誘導薬
降圧剤
α遮断剤
カルペリチド
グレープフルーツ
(ジュース含む)

デュロキセチン

併用禁忌薬 併用注意薬
セレギリン(エフピー)
ラサギリン(アジレクト)
サフィナミド(エクフィナ)
ピモジド(オーラップ)
炭酸リチウム(リーマス等)
その他の抗うつ薬や安定薬
トリプタン系片頭痛治療薬(イミグラン等)
L-トリプトファン含有製剤(アミノ酸製剤、経腸成分栄養剤等)
セイヨウオトギリソウ(セント・ジョーンズ・ワート)含有食品
シプロフロキサシン(シプロキサン)
アドレナリン(ボスミン)
抗血栓薬のワルファリン(ワーファリン)等

その他服用中の薬によっては併用できない可能性があります。医師に相談してください。

参考サイト

マレグラDXTプラスの服用方法、副作用、併用禁忌、併用注意のご説明には、販売国の説明書のほかに、次のサイトを参考にしています。

参考:医療用医薬品 : バイアグラ

参考:シルデナフィル:バイアグラ

参考:医療用医薬品 : デュロキセチン

参考:デュロキセチン:サインバルタ

口コミ・レビュー

口コミ・レビューを投稿する
評価:
お名前: 年齢:

関連コラム