ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

淋病治療薬

淋病治療薬

淋病治療薬を見た人がチェックした商品

淋病治療薬の種類

ジスロマック
・有効成分:アジスロマイシン
・マクロライド系の抗生物質
クラビット
・有効成分:レボフロキサシン
・ニューキノロン系の抗生物質
ディヴァイン
・有効成分:ミノサイクリン
・テトラサイクリン系の抗生物質
ビブラマイシン
・有効成分:ドキシサイクリン
・テトラサイクリン系の抗生物質
アモキシシリン
・有効成分:アモキシシリン
・ペニシリン系の抗生物質
キャンピシリン
・有効成分:アンピシリン
・ペニシリン系の抗生物質
オーグメンチンES
・有効成分:アモキシシリン、クラブラン酸カリウム
・ペニシリン系抗生物質とクラブラン酸カリウムを含む複合抗生物質製剤
ケフレックスカプセル
・有効成分:セファレキシン
・ペニシリン系の抗生物質
オムニセフ
・有効成分:セフジニル
・セフェム系の抗生物質

淋病治療薬について

淋病治療薬の有効成分 ・アジスロマイシン
・レボフロキサシン
・ミノサイクリン
・ドキシサイクリン
・アモキシシリン
・アンピシリン
・セファレキシン
淋病治療薬の適応症 細菌感染症、淋病
淋病治療薬の主な副作用 ・アジスロマイシン
発疹、蕁麻疹、そう痒症、胃腸症状など

・レボフロキサシン
吐き気、胃痛、下痢、悪心など

・ミノサイクリン
悪心、嘔吐、食欲不振等、消化管障害など

・ドキシサイクリン
吐き気、胃痛、下痢、悪心など

・アモキシシリン
発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒症など

・アンピシリン
発熱、発疹、蕁麻疹、下痢など

・セファレキシン
発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒症など

・セフジニル
発疹、蕁麻疹、紅斑、そう痒症など
淋病治療薬の飲み方 ・アジスロマイシン
性感染症の場合:1000mgを1回
性感染症以外の場合:500mgを1日1回3日間

・レボフロキサシン
1日500mgを決まった時間に7~14日間連続服用

・ミノサイクリン
初回は100~200㎎を服用
その後12時間または24時間ごとに100㎎を服用

・ドキシサイクリン
初回は200㎎を服用
その後12時間または24時間ごとに100㎎を服用

・アモキシシリン
1回250mgを1日3~4回服用

・アンピシリン
1回250㎎~500㎎を1日4~6回服用

・セファレキシン
1回250~500mgを6時間ごとに服用

・セフジニル
1回100mgを毎日決まった時間に1日3回服用
淋病治療薬と一緒に飲めない薬 各商品ページを参考にして下さい

淋病治療薬と一緒に買われている商品

関連コラム