ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報
更新日時:2019年5月30日

アレルギー性鼻炎に効くテープは症状を改善する

これまでアレルギー性鼻炎の治療薬といえば飲み薬やかゆみを抑える点眼薬が一般的でしたが、最近は新しく皮膚に張るパッチタイプのアレルギー治療薬が話題を呼んでいます。

花粉が多く舞う季節になると医療機関でも症状に合わせた点眼薬、点鼻薬を処方し、医薬品の種類で言えばネットのくすり屋さんでも販売している第2世代の抗ヒスタミン薬ですが、2018年4月に世界初となる皮膚に張る抗ヒスタミン薬が販売されたのです。

経皮吸収型アレルギー性鼻炎治療薬

この新しい皮膚に直接張るタイプの正式名称を経皮吸収型アレルギー性鼻炎治療薬と言い、有効成分はエメダスチンとされています。

POINT!!

このエメダスチンは既に経口薬として発売されており、今もアレルギー治療の第一線で処方されるアレルギー患者であれば誰しも知る医薬品ですが、これを皮膚から摂取する医薬品は世界初として認められています。

一般的に商品名はアレサガテープとして処方されるため、患者にとってはこちらのほうが馴染み深いかも知れませんね。

有効時間と使用頻度

これまでアレルギー性鼻炎の治療に用いられた経口薬はエメダスチンもそうですが朝、晩と1日2回服用する必要性がありました。
しかしアレサガテープは1度張るだけで効果が24時間継続し、張り替え不要のため服用者にとっても非常に楽でこれまでのように服用し忘れがないことから非常に高い人気を誇っています。

これによって飲み忘れ以外にも服薬継続率が向上していることから今医療機関ではアレサガテープを推奨する病院が増えてきています。
基本的には4mgから使用可能ですが、効果が薄いなど個人の状況に合わせて最大8mgまで増量できる点も症状が酷い方には喜ばしいでしょう。

経口しないメリット

これまで経口する医薬品でアレルギー性鼻炎の症状を抑えてきましたが、経口薬では嚥下機能の低下した方や、経口薬を服用するのが苦手な方でもスムーズに使用できる点がメリットとして挙げられます。

その他にも小さいお子さんや高齢者であれば錠剤をオブラートに包んであげたり、割って飲ませてあげないといけない手間が省け、1人でも張って使用できる点も改良されていると言えます。

食前、食後などの食事にも左右されることなく、胸部、上腕部、背部、腹部と張りやすく、ここでも使用者の負担が少ないことが分かります。

副作用は同じく生じる

肝心な気になるところとして副作用はどうなっているのかですが、これは通常通り起こるため使用する際には十分に注意する必要があります。

抗ヒスタミン薬である、エメダスチンは効果が良く症状を緩和してくれるものの、副作用も比較的起こしやすいとされています。
特に起こりやすい副作用として臨床試験で眠気が最も多く、使用した後の車の運転は控えなければいけません。

経口薬だと医薬品を服用した、と感覚になりやすいですが張り薬はまだ湿布などしか医薬品が出ていないため患者に浸透していなく意識が薄いとされています。
効果としては経口薬と変わらないため、自分は今医薬品を服用していると言う自覚を持つ必要性があります。

これからの時期には医薬品の常備を

つい先日アレサガテープが朝のニュース番組でも報道されましたが、これからの時期が花粉が良く飛び交う季節に入ってきます。

エメダスチンもそうですが、抗ヒスタミン薬は服用を開始してから効果が出るまでに時間を必要とする医薬品です。
季節性アレルギーとも呼ばれる花粉症に関しては私生活において繰り返し花粉を吸い込んでしまうことで気付かぬうちに症状も悪化し、炎症が酷くなっていきます。

多くの人間は勘違いしていますが症状が発症してからアレルギー治療薬を飲むのでは手遅れになり、症状改善までにも時間を必要としてしまうため花粉がピークに飛ぶ少し前から服用を開始することで症状が出ることを極力抑え、ピーク時でも症状を比較的弱く抑えることができるのです。

ネットのくすり屋さんでもエメダスチンを取り揃えておりますが、海外輸入のため到着までお時間を必要としています。
花粉症だと自覚症状のある方は今日にでも注文しておくと楽に今シーズンを過ごすことができますよ。

関連ページ

参考サイト
アレルギー性鼻炎に世界初の経皮吸収型製剤:日経メディカル