ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

リドカイン(外用薬)

リドカイン(外用薬)

リドカイン(外用薬)の類似商品

リドカイン(外用薬)の種類

・メガマックススプレー
スプレータイプで直接ペニスに吹き付けて使用するタイプの早漏防止薬です。
・リドカイン(外用薬)
軟膏タイプで直接ペニスにぬるタイプの早漏防止薬です。

リドカイン(外用薬)について

リドカイン(外用薬)の有効成分 リドカイン
リドカイン(外用薬)の適応症 早漏防止
リドカイン(外用薬)の効果発現時間 2分ほど
リドカイン(外用薬)の持続時間 30分ほど
リドカイン(外用薬)の主な副作用 発疹、かゆみ、かぶれなど
リドカイン(外用薬)の使い方 挿入の少し前
リドカイン(外用薬)と一緒に使えない薬 サルファ剤、クラスⅢ抗不整脈

リドカイン(外用薬)と一緒に買われている商品

リドカイン通販|早漏・麻酔・薬~ネットのくすり屋さん

リドカインの目次

リドカインとは

リドカインは手術時や検査時など、現在の医療現場でも使われる局所麻酔薬、抗不整脈薬です。
塗布した部位の活動電位を不活性化させることによって神経の伝達を遮断し、感覚を鈍らせる特徴があることから、早漏を改善する効果が期待され、海外では早漏防止薬として活躍している成分です。

医療現場では、怪我をした患部や手術を行う部位など、痛みが発生する部位に適量のリドカインを塗布することによって感覚を鈍らせ、傷の痛みや手術の痛みといったものを和らげる目的で利用されています。

注射、レーザー治療時の痛みを和らげるクリームタイプ、歯医者での表面麻酔であるゼリータイプ、尿管カテーテル挿入時に使用する液剤などリドカインを含む麻酔薬は多種多様です。

ほかにも抗不整脈としての効果も立証されており、心室性不整脈の予防を目的に使われる点滴剤にも含まれています。
勃起した陰茎に適量を塗布し、陰茎の表面が麻酔によって軽い麻痺を起こしたような状態になることで性行為時の刺激が和らぎ、早漏の症状が改善されます。

局部麻酔薬のキシロカインとは

リドカインを有効成分として含む表面麻酔薬のうち、特にポピュラーなのがキシロカインです。
イギリスに本拠を構える製薬会社のアストロゼネカ製薬会社によって開発された医薬品ですが、2017年以降、日本ではアスペンジャパン製薬会社が製造・販売を担っています。

痛み止めとして使用する際には皮膚の痛みやかゆみを引き起こしている部位に、早漏症の改善の際には陰茎や亀頭といった部位に適量を塗布します。

しばらく待っていると徐々に感覚が鈍り、刺激を和らげることができるようになります。
キシロカインは、より塗布しやすいジェル状になっているのが特徴です。
リドカインを含む医薬品を初めて利用するという方にも、非常にお薦めできる医薬品だと言えます。

リドカインのメカニズム

リドカインは感度を感じる電気信号を遮断する役割を担っています。
神経はニューロンと言った小さな細胞の集合体で、刺激の元となる電気信号、Naがこのニューロンに流れ込むことで刺激を感じます。

皮膚や粘膜から浸透したリドカインがニューロンの表面にあるNaチャネルに結合することで、Naチャネルはニューロンの中へNaを通過させる役割があり、リドカインが結合するとふさがります。

刺激は脳で感じますが、ニューロンに流れ込むNaの量が多くなると刺激も強くなります。
リドカインが結合することでニューロンの中に入り込むNaの量が少なくなり、結果的に皮膚や粘膜などの感度が鈍くなる、これがリドカインのメカニズムです。

リドカインが含まれる製品を通販で購入するメリット

リドカインを含む製品を購入する手段は、早漏外来を受け付けている医療機関を受診して処方してもらうか、個人輸入代行サイトで購入するかの2パターン存在します。

しかし早漏症は日本国内では明確な改善法がなく、リドカインを処方してもらったとしても種類が少なく、マッチングする医薬品かどうかも分かりません。
その点、個人輸入代行を使って海外製品を購入することは、海外で実績のある医薬品を購入できるため、効果の確実性が保証されているのがメリットです。

上項でもお伝えさせていただきましたが、リドカインにはスプレーや塗り薬、ゼリータイプなど色々な種類があるため、医療機関を受診して処方を受けるよりもより多くの種類の中から選択できることが最大のメリットです。

その他にもそれぞれにメリット、デメリットがあるため以下で紹介していきます。

クリニックや病院で処方してもらう場合

医療機関でリドカインを含む医薬品を処方してもらうメリットとしては、専門家の説明を聞いた上で使用できるということが挙げられます。

リドカインの効果、可能性は低いとはいえ副作用があること、また具体的な使い方などを教えてもらうことができます。

早漏外来を設けているクリニックは、男性の心理に配慮して受付後すぐ問診を受けるだけで処方が受けられる流れになっているため、精神的負担も軽減されている場合があります。

受付時間を除けば、長くとも30分ほどでリドカインを含む薬を手に入れることができますが、早漏改善は保険が効かない自由診療となっているのが一般的なので、診察料や薬代が少し高めになる点には留意すべきです。

通販サイトを利用した場合

通販サイトを利用してリドカインを購入するメリットには、以下のような点が考えられます。

・診察を受けに行く手間がかからない
・プライバシーが守られる
・診察料がかからない

通販サイトを利用した場合には、医療機関と違い、上記のメリットがあります。
医療機関と言えど、性的問題を人に相談するのはどうしても恥ずかしいことでも、通販サイトを利用することで通常のネットショッピング同様、顔を合わせることなく自宅に届くのは非常に利点があります。
また、自宅に届けてほしくないと言った方でも最寄りの郵便局に書留で配送してくれるサービスもあり、プライバシーが守られています。

他にも早漏症はED同様に、保険適用外の自由診療となるため、診察代、薬代なども高めに設定されており全額自費になってしまいます。
通販サイトであれば、診察料をかけることがありませんし、キャンペーンによって送料が無料になる場合などもあるため、通販サイトを利用して医薬品を購入することは非常にメリットが高いと言えます。

リドカインを含む外用薬の種類

リドカインと言っても多種多様だとお伝えさせていただきました。
ここではどのようなタイプがあって、どういった特徴があるのかなどを分かりやすく解説させていただきます。

クリームタイプのリドカイン

リドカインを含有するクリームタイプの医薬品としては、先発薬のキシロカインやPriloxなどが挙げられます。

他にも早漏改善の効果だけでなく、ED改善の効果も見込める製品もあり、ベガHクリームはその代表例です。

リドカインに加えて、ED治療薬の有効成分であるシルデナフィルが含有されています。
早漏とEDは男性の性問題1位2位を占めており、同時に併発することも決して珍しくないため、このような商品は同時に解消できる優れものです。

クリームタイプのリドカインを使用するメリットとしては、患部に対して直接クリームを塗り込むため、使用する際にピンポイントで、確実にリドカインの効果を与えることができます。

スプレータイプの場合、陰茎や亀頭以外の部位に薬液が付着してしまう可能性があります。
一方、クリームタイプなら、使用する際にはまず指にクリームを取り、その上で患部に対してクリームを塗り込んでいくことになるので、そのような心配がありません。

スプレータイプのリドカイン

リドカインを含む医薬品の中でも、特に種類が豊富なのはスプレータイプの製品です。
Walter Ritter製薬会社が開発したリドスプレーが代表的な製品で、有効成分としてリドカインが10%使用されています。
そのほか、VPMAXスプレーやメガマックススプレーなどの製品も挙げられます。

リドスプレーのようなスプレータイプのリドカインを使用するメリットとしては、製品の中でも特に使用しやすいという点が挙げられます。

クリームタイプのリドカインは使用時に直接患部にクリームを塗りこめるため、ピンポイントで効果が得られるというメリットがありますが、使用時にはペニスにムラなく塗る必要があり、塗り残しがあると効果が弱まってしまうほか、手が汚れてしまうなどが挙げられます。

一方、スプレータイプの場合、陰茎や亀頭から少し距離を離した上で薬液を噴射することによって、患部に対してまんべんなく、ムラなく薬液の塗布ができます。
したがって、初めてリドカインを使用するという人でも手軽に効果を得られます。

コンドームタイプ

あまりなじみがないかも知れませんが、早漏症の防止用アイテムとして、早漏防止コンドームと呼ばれる製品があります。

早漏防止コンドームは通常のコンドームとは違い、コンドームの内側にリドカインと同じく局部麻酔として使用される成分を塗りこんだ製品です。
ジェイケーアンセル製薬会社が製造するカーマスートラ・ロングラストという製品は、コンドームの内側にベンゾカインを塗布しています。

早漏防止コンドームの利点は、スプレー以上の手軽さです。
スプレータイプのリドカインも非常に利用しやすい製品ですが、コンドームに直接麻酔効果のある成分が塗られている早漏防止コンドームには、スプレー以上の手軽さがあります。

ただし、他の製品のように1つで何回も使い回しができるわけではなく、1回の使用で廃棄することになるため、コストパフォーマンスという面で見ると他の製品よりも少々高く付いてしまう可能性はあります。

リドカインに関するよくある質問

Q.リドカインは麻酔薬ですか?
A.リドカインは世界で最も広く使用されている局部麻酔薬です。
麻酔には意識消失を伴う全身麻酔と、意識を焼失させずに部分的な除痛を行う局部麻酔の2種類がありますが、リドカインは後者を行う際に使用されます。
したがって、リドカインは早漏症の改善のために利用する以外にも、怪我の痛みや虫刺されによるかゆみといった症状の改善にも利用することができます。

Q.リドカインが舌などについたらどうなりますか?
A.付着部位のしびれなどが発生しますが、深刻な事態に至ることは極めて低いです。
したがって、リドカインを使用する際に誤って口や舌に薬液が付着してしまったとしても悪影響を及ぼすことはありません。
万が一のことを考慮し、すみやかに水で洗い流したほうが安全です。

Q.リドカインを洗い流さずに性行為をしてしまった場合にはどうすればいいですか?
A.ペニスに塗布したリドカインを洗い落とさずに性行為を行うと、女性器にも付着してしまい、その結果として男女ともに感覚を鈍らせてしまいます。
リドカインを洗い流さずに性行為を行ってしまったことに気がついたときは、すみやかに行為を中断し、陰茎と膣に付着したリドカインをよく洗い落としてください。
その後、感覚が回復するのを待ちます。

Q.リドカインのスプレーやクリームはコンドームと併用できますか?
A.併用可能です。
コンドームの多くはゴム製ですが、リドカインはラテックスに付着することで何らかの化学反応を起こすようなことはありません。
ペニスにリドカインを塗布し、そのうえでコンドームを装着することで、早漏改善効果と避妊効果を得ることができます。
また実際、リドカインと同じ効果を持つ局部麻酔薬の成分をあらかじめ塗布した早漏コンドームという製品もあります。

Q.ペニスに塗り過ぎてしまった場合はどうしたらいいですか?
A.塗り過ぎたと感じたときは、すみやかに水で洗い流してください。
リドカインは非常に優れた麻酔効果を持っているため、多量に塗布することで感覚が鈍りすぎてしまうことになります。
そのことで健康的な悪影響が出るわけではありませんが、射精できなくなるケースも見られます。
これから使用を考えている方は、少量から始めるということを心がけておく必要があると言えます。

関連ページ

参考サイト
リドカイン - Wikipedia

医療用医薬品 : キシロカイン

関連コラム