ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

冬の汗は夏よりも臭い?冬こそ汗対策!

「汗」というと、暑い時にかくものですよね。
そのため夏などの暑い時期に臭いなどの汗対策をするイメージで、冬などの寒い時期は無関係だと思われがちです。
しかし、寒くなるにつれ重ね着などで私たちの服装が分厚くなっていきます。
冬の暖房が効いた電車などは、厚着だとジワジワと汗をかき、それが満員電車となると余計に汗をかいてしまうというようなことは多くの方が経験していると思います。
空気もモワッとよどんでいて息苦しさも感じますよね。

このように冬だから汗はかかない、夏ほど心配しなくていいというのは間違いで、むしろ冬の汗の方が臭いやすいと言われているのです。
なぜ冬の方が臭いやすいと言われているのか?その改善、対策方法などを紹介していきます。

冬の汗は夏の汗より臭い?

夏の暑さで大量にかいてしまうと汗臭くなってしまいますよね。
しかし夏の汗はどちらかと言うとサラサラとしていて、ワキガなどではない限りちょっとの汗ではあまり臭いません。

実は冬の汗は夏の汗と違い、濃度が高いのです。
夏は毎日暑いことから、汗をかく頻度が多く汗腺の機能が高いため、汗を作るときに含まれてしまったアンモニアやミネラルを血管に再吸収させて、水のような汗を出してくれます。
しかし冬の汗は夏と違い毎日発汗するわけではないため、汗腺の機能が低下しています。
そんなときに汗をかくと夏の汗のようにアンモニアなどが上手く吸収されず、ナトリウムの量が2倍にもなると言われています。
さらにミネラルも多く含まれたままなので、皮膚上で常在菌が繁殖しより匂いが強くなってしまうのです。

また、汗のかきかたにも臭いの原因が隠されています。
室内などに入り急激に体が暑くなるため、上記のようなアンモニアやミネラルを再吸収させる時間もなく発汗してしまう事でさらに強い臭いになってしまうのです。

そして夏と違い発汗された汗が乾きづらい、通気性のない服を着ていることで臭いがずっと残ってしまいます。
こういったことから、夏の汗より冬の汗の方が臭いと言われているのです。

臭いは印象に関わる

冬の汗の方が臭いという事実を知っている方や、まず汗をかく機会が少ないため汗対策している方はほとんどいません。
そのため電車内のモワっとしていてよどんだ空気を感じても、自分から発せられているものだとは思わないのです。

そしてそういった通勤、通学などしたあとに人に会うと、気づかないうちに相手が臭いを感じ、知らない間に自分の印象を下げていることがあります。
人の印象と言うのは臭いだけで下がってしまい、ビジネス上では特に影響が大きいと言われています。
そのため冬こそ確実に汗の臭い対策をすべきなのです。

冬の汗を予防する方法

冬の汗を予防、改善する方法ですが、大まかに2種類あります。
1つは汗をかく機会を増やす方法で、もう1つは制汗剤などの汗に関する製品で防止するという方法です。

冬の汗が臭い理由は汗をかく機会が少ないため、濃度が高い汗が分泌されてしまうという理由でした。
なので、汗をかく機会を増やせば自然と臭いが強い汗ではなくなっていくのです。
そのためには日常的に運動を行い、温泉などのサウナ、岩盤浴などに行き汗を流すことが必要になっていきます。
この方法のデメリットはそういったことに時間を取られてしまうという点です。
また継続する大変さなどもあります。

もう一つは制汗剤などの汗に関わる製品で汗自体を抑えていくという方法です。
制汗剤は夏に使うもののイメージが強いですが、冬にももちろん使うことが可能です。
香りがついているものや無臭のもの、ロールオンタイプやシートタイプなど様々な種類の商品があるため、自分に合った商品を見つけられます。
また制汗剤だけでなく、石鹸などで体を洗いつつ汗、体臭を予防してくれる商品もあります。
普段使っているボディーソープをその石鹸に変えるだけなので、少しの手間もかからずとても続けやすいのが特徴です。

一番いいのは汗を流しつつ制汗剤などの商品で抑える方法ですが、運動など汗をかくことが難しいようであればそういった商品に頼っても大丈夫です。

冬の汗改善で印象アップ

冬場に少し汗をかいただけで臭いが気になっているというかたも、その原因や対処法がここで分かったと思います。
人の第一印象と言うのは言葉以外の要素で決まると言われており、それが視覚、聴覚、嗅覚の3つなのです。
このように見た目の印象や声のトーン以外に、やはり香りも大事になってきます。

気を抜きがちな冬こそ汗に気を使い、知らない間に自分の印象を下げることが無いようにしましょう。
臭いが強いと今はスメルハラスメントと言われてしまう事もあるぐらい、体臭に気を遣うのはエチケットとなっています。
臭いは自分では気づきづらいですが、他人も指摘しづらいです。
少しでも怪しいと思ったらすぐに対策し始めてください。

関連ページ

参考サイト
「夏の汗」より臭い「冬の汗」しっかりにおい対策を