ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報
更新日時:2019年4月12日

EDになりにくい身体作り

EDになってしまうことで充実した性生活が困難になってしまい、男性にとっても女性にとっても不利益が生じてしまいます。
ED治療薬を服用することで解消するケースが多数ですが、私生活を見直すことで改善されたりするケースもあります。
EDになってしまったからといって諦めず、まずは普段の生活習慣を見直すことが大切です。

EDの原因

EDには精神的に問題があって勃起しないケースと身体的に問題があって勃起しないケースの2パターン存在します。
中でもうつ病患者などは性欲の低下によってEDを発症するケースもあり、抗うつ剤などの医薬品を服用している場合、副作用によってEDを発症するパターンも珍しくありません。
身体的に問題がある場合、多くは加齢による血管の老化によって海綿体に血液がうまく流れ込まないことで勃起しないため、血流の流れを改善することで克服する場合もあります。

生活習慣

煙草やアルコール摂取の量が多い場合、動脈硬化になりやすく血管が硬かったり柔らかかったりします。
すると勃起のメカニズムとして十分な血液が海綿体に送り込まれないため、勃起まで時間がかかったり、柔らかい勃起しかすることができなくなるのです。
これは煙草やお酒のみならず、食生活にもおけることで塩分濃度の高いものや油っこいものを好む方も同様にいえますので、EDかな?と思った場合このようなことから改善すべきと言えます。

また精神的に問題のある場合でもEDを発症しますが、こういった場合ストレスによる睡眠不足なども大きく関係しているためストレスを溜めない生活を送ることが大切です。

運動する必要性


EDを発症している場合、実は性だけの問題ではなく別の病気を発症しているケースも珍しくありません。
EDの原因は上記で書かせて頂いた通り、血流が大きく関係しているため高血糖や動脈硬化が原因の場合もあります。
言い方を変えると生活習慣病予備軍といっても良いと言えるでしょう。
動脈硬化が進行することで生活習慣病などにもなってしまうため、普段から時間を見つけて運動をすることが効果的です。
いきなりハードな目標を立ててしまうと継続するのがめんどうになってしまうため、無理なく継続することが非常に大切です。
毎日の継続が生活習慣病を予防しつつEDも解消できる、そんな身体を手に入れることができるのです。

精神的問題でEDを発症している場合、今の日本の現代社会においてストレスを溜めないことが難しいと言えるので、自分なりの解消法、リフレッシュ方法を見つけるなどして対策することでEDを解消できるキッカケになります。
リフレッシュ方法として効果的なのは湯船に浸かることでリラックス効果があるとされており血流改善にも効果の期待ができます。
週に1度しか運動しない方でも30分程度のウォーキングを毎日するだけで有酸素運動とされ健康的な身体を手に入れることができますし、EDではないものの私の場合はウォーキングをするだけで1ヶ月5キロ体重が落ちましたよ。
是非試してみてください。

EDを回復させる亜鉛

EDや生活習慣病に大きく関係しているのが「亜鉛」です。
亜鉛が体内で不足気味になることで生殖機能、性機能に与える影響が非常に大きいことは立証されており、亜鉛不足になることでEDになりやすいとされています。
ここでは亜鉛を多く含む食品を少しだけ紹介しましょう。

亜鉛含有量が多い食品

・牡蠣 100グラムあたり 13.2mg
・豚レバー 100グラムあたり 6.9mg
・ほや 100グラムあたり 5.3mg
など

上記に書いたものはほんの一例に過ぎませんが、亜鉛が不足することによって大きく関係している器官が前立腺となっています。
前立腺と亜鉛はEDにも大きく関係しているため、亜鉛を効率的に摂取することがEDになりにくい身体作りとも言えます。
色々と亜鉛を多く含む食べ物は調べると出てきますが、アレルギーを持っていたり苦手な場合もあることでしょう。
そう言った場合にはサプリメントで手軽に摂取することもできますので方法論の1つとして覚えておくと良いでしょう。

爪もみ運動

忙しいご時世でお休みがなかなか取れない人も多いのではないでしょうか。
そんなときに誰でも簡単に行えるED回復運動が「爪もみ運動」です。
爪の生え際を軽くマッサージすることで自律神経を刺激して正常化させる運動です。
これであれば忙しくなかなか運動できない方でも簡単に行うことができます。
やり方は至ってシンプルで爪の生え際を各指10秒ほどかけて、少し痛いくらいの力で刺激してあげるだけです。
生活習慣の見直し、運動や爪もみ運動などを積極的に行っていくことでEDになりにくい身体作りをしていきましょう!

ED治療薬との併用

運動や食生活の改善は長期的時間を必要とします。
始めたからといってすぐに効果の出るものではありません。
イベントごとの多いこれからの時期にはパートナーと親密な関係になる場面も多いかと思います。
書かせていただいたような予防法を継続しつつ、改善されるまではED治療薬を併用していくことで性生活が充実し、パートナーもこれまで以上に求めてくるようになるのではないでしょうか?

健康的な身体がEDになりにくい身体になる

ストレスに負けない身体作りをすることが結果としてEDになりにくい身体になります。
食生活や運動など日頃から心がけておくだけでもEDになりにくい身体になっていくため、今一度生活習慣を見直し、EDになりにくい身体を作り上げてみてください。


関連ページ

合わせて読みたいお薦め記事

参考サイト
EDについて|伊藤実喜・official site