フィナステリドの効果を紹介!フィナステリドは抜け毛に効く!どれくらいで薄毛が改善されるのか?

フィナステリドの効果を紹介!フィナステリドは抜け毛に効く!どれくらいで薄毛が改善されるのか? AGA(男性型脱毛症)

フィナステリドは抜け毛に効果的と言われるAGA治療薬です。

一体、どれくらいの効果があるのでしょうか?
そして本当に抜け毛がなくなるのでしょうか?

今回は、フィナステリドの作用や効果の高さ、
効果を実感するまでにかかる期間など、さまざまな方向から紐解いていきます。

ぜひ読んで参考にしてみてください!

フィナステリドの効果

男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)として知られるフィナステリドには、薄毛を改善する効果があります。
なかでも期待できるのは、抜け毛を抑える効果です。

有効成分のフィナステリドが、抜け毛を増加させる原因である男性ホルモンの分泌を抑えることで薄毛を防ぎます。

フィナステリドの内服は評価は高く、AGA診療ガイドラインでも推奨度Aとされています。

Q、男性型脱毛症の治療にフィナステリドの服用は有用か?
A、行うよう強く勧める

引用:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

※推奨度とは…効果があることが十分に認められ、治療薬として推奨されていること。

フィナステリドの作用機序

フィナステリドの作用機序
フィナステリドは薄毛の原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑えることで、ヘアサイクルを正常に戻し、抜け毛を防ぐことができます。

ジヒドロテストステロンとは男性ホルモンのひとつで、テストステロンが5-α還元酵素によって変換されることで作られます。

このジヒドロテストステロンの増加がAGAの原因です。

ジヒドロテストステロンの分泌が増えるとヘアサイクルが乱れ、髪の毛が成長する前に抜け落ちてしまいます。

その結果、抜け毛が増加し薄毛へと繋がるのです。

抜け毛を防ぐためにはジヒドロテストステロンの生成を抑えることが重要となります。

フィナステリドは5-α還元酵素のⅡ型を阻害する作用があり、ジヒドロテストステロンの生成を抑えることができるのです。

AGAの原因はヘアサイクルの乱れ?抜け毛や薄毛との関係を解説
ヘアサイクルの乱れは、AGAの原因に繋がるのか解説します。抜け毛や薄毛との関係やヘアサイクルの乱れを整える方法についてまとめました。
テストステロンはAGAの原因?男性ホルモンと薄毛の関係を解説!
テストステロンはAGAの原因なのか解説します。男性ホルモンと薄毛の関係性やDHT(ジヒドロテストステロン)についてまとめました。

フィナステリドの薄毛改善効果

フィナステリドを使った治療は期間もお金も必要なため、本当に効果があるのか不安に思う人もいるでしょう。

そこでフィナステリドの効果について、実際はどれほどのものなのか調査しました。

臨床試験結果をもとに、効果が数字として表れているか、mg数・服用期間を比較して差はあるのかなど、見えてきた内容をご紹介していきます。

フィナステリド1mgと0.2mgの試験

下記はAGAに対するフィナステリドの効果について、20歳以上50歳以下の日本人AGA患者を対象に行われた国内投与試験の結果です。
試験期間は1年間で、1mg・0.2mg・プラセボ(偽薬)を使っておこなわれています。

■フィナステリド1年間投与におけるAGA改善率

プラセボ群(偽薬):6%
0.2mg:54%
1mg:58%

1年間フィナステリドの投与を実施したところ、半数以上の割合いで改善したという結果になりました。
改善はしていなくても維持率が約40%のため、進行を抑える効果は少なからずあるようです。
また、0.2mgと1mgではmg数に5倍もの差がありますが、効果の差は1年間でほとんど出ないことがわかります。

参考:プロペシア®錠 臨床成績<国内データ (1年)> – Organon Pro – Japan

フィナステリド1mgの3年間投与試験

下記はAGAに対するフィナステリドの効果について、20歳以上50歳以下の日本人AGA患者を対象に行われた国内投与試験の結果です。

試験期間は3年間で、1日1mg投与でおこなわれました。
AGA進行が認められなかった割合いと、服用から1年・2年・3年経過したときの改善率をそれぞれ見ていきます。

■服用から1年後・2年後・3年後のAGA改善率

フィナステリド1mgの3年間投与試験

3年間フィナステリドの投与を実施したところ、98%という高い割合でAGAの進行が認められませんでした。
また服用後1年おきに3年後まで経過をみていくと、AGA改善率は1年で10%ずつ増えていることがわかります。

参考:プロペシア®錠 臨床成績<国内データ (3年)> – Organon Pro – Japan

フィナステリド1mgの5年間投与試験

下記は抜け毛進行の抑制と改善について、海外において18歳以上41歳以下のAGA患者を対象におこなわれた試験の結果です。

■フィナステリド1mgを5年間投与した結果

プラセボ群(偽薬) フィナステリド1mg
抜け毛進行抑制・改善 25% 90%
抜け毛進行 75% 10%
毛髪数 876本 903本

抜け毛進行率が75%のプラセボ群に対して、フィナステリド1mgは10%に抑えられ、毛髪本数も増えています。

さらに抜け毛進行抑制・改善においては、プラセボ群25%に対し、フィナステリド1mgが90%という結果です。

このことからフィナステリドを長期で投与することは、抜け毛進行を抑え、AGAを改善する効果が期待できるといえます。

参考:プロペシア®錠 臨床成績<海外データ (5年)> – Organon Pro – Japan

フィナステリドはどれくらいで効果が出るのか?

フィナステリドはどれくらいで効果が出るのか?

ここまでご紹介した臨床試験の結果は1年~5年と、決して短期間ではありません。

フィナステリドは服用開始から効果が出るまでに時間がかかり、治療は長期間に渡るといわれていますが、実際にはどれくらいで効果を実感できるのでしょうか。

プロペシア錠の添付文書を参考に調べてみました。

添付書によると、早い人では3ヶ月で効果を実感できるが、通常は6ヶ月の継続服用が必要な旨が記載されています。

まずは6ヶ月の継続服用で様子をみましょう。

6ヶ月ほどでほとんどの人が効果を実感できるとされているため、効果を実感できない場合は薬が自分に合っていない可能性があります。

薬が合っているか確かめるためにもまずは6ヶ月間、継続して服用することです。

参考:プロペシア錠-添付文書

フィナステリドが効かない人もいる?

フィナステリドを服用し続けているのにも関わらず、全く効果が感じられない・効かない場合は、5-α還元酵素の種類が関係している可能性があります。

AGAは5-α還元酵素の働きにより発症するため、フィナステリドは5-α還元酵素の働きを阻害することでAGAを改善します。
しかし5-α還元酵素にはI型とⅡ型があり、フィナステリドが作用するのはⅡ型のみです。

I型には効かないため、フィナステリドで効果を感じられない人はI型であることが原因となっている可能性があります。
その場合はⅠ型にも効果のあるデュタステリド、薄毛治療薬のザガーロがおすすめです。

ザガーロに切り替えで効果増幅が期待できる!プロペシアに戻すとコスト・副作用減!
ザガーロ⇔プロペシアの切り替えについて解説していきます。ザガーロに切り替えで効果増幅が期待でき、プロペシア戻すとコスト・副作用のリスクを減少させることができます。切り替える際の注意点やジェネリックとの切り替えについてもまとめました。

フィナステリドの効果はいつまで続く?

フィナステリドの効果は、服用を続けている限り持続します。
逆に言えば服用をやめると効果もなくなってしまうため注意が必要です。

症状が良くなったからといって途中で服用をやめてしまうと、薄毛の進行が再開してしまうため、毎日服用することが大切です。

また、継続して服用すると耐性がついて効果を得られなくなってしまうのではないかと不安に思う人もいるでしょう。

ですがフィナステリドを長年服用しても耐性がつくようなことはありませんのでその心配いりません。

フィナステリドを実際に使った人の口コミ

フィナステリドを実際に使った人の口コミ
実際にフィナステリドを使った人の口コミから効果を探ります。
SNSには次のような口コミがあげられています。

口コミから、フィナステリドは薄毛治療において高い効果が得られると期待できます。
また、ただ髪が生えるのではなく毛質の濃さも戻ったという方もみられます。

幅広い年齢層で使用され効果を得られていることも、ポイントです。

フィナステリドの体験談・レビュー・口コミを集めてみた!リアルな声をお届け
フィナステリドは本当に効果があるのでしょうか?実際に使った人のリアルな声を集めてみました。ぜひ参考にしてみてください!

フィナステリドの服用方法

フィナステリドは、1日1回、0.2mg~1mgを服用します。

食事の影響も受けないため、服用のタイミングは食前・食後どちらでもかまいませんが、毎日決まった時間に服用してください。

そうすることで体内の薬が切れる時間をなくすことができます。

また飲み忘れたときに、1回量を多くしたり服用回数を増やしたりといったことはしないでください。

フィナステリドの服用方法を紹介!ベストなタイミングや食事についても解説
フィナステリドは1日1回服用する、薄毛治療薬です。正しい服用方法を取ることで効果が実感でき、薄毛の改善に繋がります。今回はフィナステリドを使う前に知ってほしい正しい服用方法を紹介していきます。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用と出現率は下記の通りです。

1~5%未満 リビドー減退(性欲の低下)
1%未満 勃起不全、射精障害、精液量減少
頻度不明 じんましん、むくみ、睾丸痛、精子の質が悪くなる、抑うつ症状、めまい など

頻出度が高い副作用の多くに性機能の低下がありますが、これはフィナステリドによる男性ホルモンの分泌を抑える作用によるものです。

参考:医療用医薬品 : プロペシア (プロペシア錠0.2mg 他)

フィナステリドの副作用と頻度を解説!肝機能障害や抑うつ症状について
フィナステリドにも副作用があります。多くは勃起不全や食欲減退などになりますが、重大な副作用には肝機能障害もあります。今回はプロペシアの副作用について詳しく解説していきます。

フィナステリドの効果に関するQ&A

フィナステリドの効果に関するQ&A
フィナステリドの効果について、よくある質問のご紹介です。

これからフィナステリドを購入しようか検討している方や、すでに服用中の方が抱える疑問や不安にお答えします。

購入や服用の際の手助けになると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

フィナステリドだけで十分薄毛が改善されますか?

フィナステリドだけでも高い改善効果が期待できます。

臨床試験の結果からも、フィナステリドの服用のみで高い割合で効果を発揮していることが実証されています。
しかし、フィナステリドは抜け毛を抑える効果しかないため、これだけでは効果に満足できない方もいるでしょう。

そこで、さらに発毛・増毛効果を求める場合はミノキシジルがおすすめです。
またフィナステリドとミノキシジルは一緒に使うことができるので、より高い薄毛改善効果が期待できます。

商品名 フィナステリド+ミノキシジル
フィナステリド+ミノキシジル
成分 フィナステリド/1mg
ミノキシジル/5mg・10mg
セット内容 フィナステリド100錠
ミノキシジル100錠
メーカー Asle pharmacenticals
価格 1mg/5mg
6,750円~
1mg/10mg
7,500円~
購入する

フィナステリドは前髪にも効果がありますか?

前髪の薄毛が気になる人はM字脱毛であれば、フィナステリドで改善できる可能性があります。

フィナステリドはAGAの症状であるO字脱毛・M字脱毛・MO字脱毛に有効です。

具体的に症状があらわれる箇所をいうと、

O字=つむじあたり
M字=前髪(M字脱毛)
MO字=O字とM字の両方

そのためM字脱毛により前髪が気になる場合、改善が期待できます。

フィナステリドは女性にも効果がありますか?

ホルモンバランスによる薄毛の原因は男女で異なり、治療薬も違います。

フィナステリドは男性のAGAに効果のある治療薬で、女性の薄毛には効果がありません
それだけでなく、女性の身体には悪影響を与える可能性があるため、使用すらできないのです。

女性がフィナステリドを服用した場合、ホルモンバランスを乱す可能性や胎児(男の子)の生殖器の発育を阻害する危険性があります。

またプロペシアは皮膚からも成分が吸収されるため、女性が触れないように注意が必要です。

フィナステリドの注意点!併用できる薬や飲み合わせについて解説
フィナステリドの服用中にも注意すべきことがあります。また、併用できる薬や飲み合わせについても解説していきます。

フィナステリドで髪の毛が増えました。やめてもいいですか?

フィナステリドで薄毛が改善したからといって服用をやめてしまうと、抜け毛の進行が再開します。

そのため服用は継続することをおすすめしますが、体調や妊活などの事情で一時的に服用をやめたいという方もいるでしょう。
その場合、一定まで髪が増えて満足したらやめても問題ありません。

そしてまた気になりはじめたら服用を再開してください。

タイトルとURLをコピーしました