ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

大人虫歯は超危険!完全に予防する方法を解説

虫歯はいくつになっても痛くて辛いものです。
虫歯になると口内が腫れ食事もままならなくなり、治療にも時間がかかるため痛みが長く続いてしまいストレスになります。
虫歯と言うと子供によく起きるものと言うイメージがあるかと思いますが、大人でももちろん虫歯にはなります。
そしてさらに、子供の頃の虫歯と違い大人の虫歯はとても危険だという事はご存知でしょうか?

大人虫歯の危険性を知らない人は多く、ついつい放置してしまうことや、そもそも気づかない人もいます。
大人虫歯がどう危険なのか、どう予防すればいいのかを徹底解説していきます。

大人虫歯はなぜ危険?

虫歯は子供でなくても治療は痛いから怖いというイメージが強いと思います。
またお金もかかるため、ちょっとばかり違和感を覚えてもスルーしてしまう人は多いでしょう。
しかしそのまま放置しておくと、歯がなくなってしまう危険性があるのです。

子供の歯は抜けて新しいものになりますが、大人の歯は替えが効きません。
そうなる前に気付いて治療しなければいけませんが、大人の虫歯は痛みを感じづらく、特に初期段階の場合大事に思わず放置してしまうことで、最悪の場合歯を失うことになるのです。

また虫歯は歯を失うだけではなく、体全体に影響を及ぼすという事を知らない人も多いでしょう。
実は、虫歯に繋がる神経から血管に虫歯菌が入り込み、全身に巡っていきます。
そして体全体に行きわたってしまった虫歯菌が、心臓や肝臓病、心筋梗塞という重篤な病気を起こしてしまう可能性があるのです。

歳を重ねて歯を失うことは多いですが、その原因は歯周病だけではなく最新の調査では虫歯も同じぐらい大きな原因だと言われています。
将来自分の歯を出来る限り残すためにも予防、改善が必要なのです。

大人虫歯が出来る理由

虫歯は口の中にある細菌が、砂糖分などの糖質をもとに歯のエナメル質を溶かして生じてしまいます。
虫歯は奥歯など、歯磨きが届きにくくプラークがたまりやすいところにできやすいのが特徴です。

また大人の虫歯は年をとるにつれ歯肉が下がっていき、今まで隠れていた歯の根元に細菌が付着しやすく、進行が速いと言われています。
そして詰め物などをしている人は、そういった詰め物の内側に虫歯が出来やすいうえに気付きづらいと言われているため、注意が必要です。

子供のように親が歯医者につれていきお金を払ってくれるわけではないため、ついつい放置しがちなのが虫歯です。
なってしまった場合はできる限り早く歯医者に行くことが適切ですが、やはりまずは虫歯にならない、と言うのが重要ですよね。
怖い治療や高い治療費を避けるためにも、しっかりと予防していきましょう。

大人虫歯の予防方法

大人虫歯がいかに危険なものかわかったと思います。
今日から始められる虫歯予防を行って、虫歯のリスクを減らしていきましょう。

・歯間ブラシを使う
実は通常の歯ブラシで磨ける範囲は6割と言われています。
歯ブラシを部屋に例えると、掃除機だけをかけて細かい棚のホコリや棚の隙間などを掃除しきれていないというような状況になります。
そういった場合は専用の道具を使って掃除をするように、歯にも細かい部分を掃除する専用の歯間ブラシなどを使うべきなのです。

・食後30分以上経った後に磨く
よく食後すぐに磨いた方が良いと勘違いすることが多いですが、食後直ぐは唾液が分泌されていて、その唾液が歯の修復を行ってくれているためその間は歯磨きをしない方が良いのです。

・口内の菌を減らす商品を使う
歯ブラシで磨ける範囲は6割と説明しましたが、歯間ブラシを使っても100%綺麗になるわけではありません。
今は口腔の細菌の増殖を抑えるジェルやトローチなどがあります。
そういったものを丁寧な歯磨きに加え使うことにより、確実に予防することが期待できるのです。

・歯磨き粉は薬用を使う
歯磨き粉には様々な種類がありますが、虫歯予防をするには薬用を使いましょう。
虫歯だけでなく歯茎の出血なども抑えられることが出来ます。

・砂糖分を摂りすぎない
糖質は体に必要なものなのでゼロにしなければいけないという訳ではありませんが、甘党の方や仕事中のおやつなどで砂糖分を摂りすぎている人は虫歯になるリスクが高いです。
食べる量を少し減らすだけでもリスクは下がるので、ストレスにならない程度に抑えていくことが大切です。

大人虫歯予防でいつまでも健康な歯に

飲み会後帰宅してそのまま寝てしまうことや、仕事で集中力を上げるために甘いものを摂取しがちになっている人もいるのではないでしょうか。
小さいことですが、歯に負担がかかり気づかないうちに虫歯が悪化していた、なんてこともあり得なくはないのです。

今はまだ大丈夫と思わず、歯は一生ものだという意識をもって大人虫歯にならないよう今日から日々予防していけば、虫歯になる可能性が大幅に減ります。

関連ページ

参考サイト
スウェーデン式予防法に学ぶ虫歯&歯周病ゼロをめざす7つの習慣
大人の「虫歯」に気をつけよう