ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

美白には食事が重要?食生活改善で美白効果!

肌の白さは多くの人が憧れ、美白を目指してケアをしています。
今は女性だけでなく、男性も美白を求めている人が増えている時代です。

では、皆さんは普段どのような美白ケアをしているのでしょうか?
美白における様々な噂などがありますが、まずは誰しもが毎日行っていて、改善もしやすい食事を見直してみてはどうでしょうか。
今回は内側から肌をきれいにする、食事の観点で美白効果について解説していきたいと思います。

美白に必要な栄養素とは?

いくら外側から美白に関するケアをしていても、内側をまったく気にしていない限りなかなか効果と言うのは現れづらいものです。
外側からのケアを続けつつ、食事改善も同時に行って効果を高めていきましょう。

では、美白に良いとされる栄養素を紹介します。
まず、一番美白を意識している人に摂取してほしいのはビタミンです。
ビタミンには美肌効果だけでなく美白効果があると言われ、ビタミンの中でもとくにビタミンC、B、Eが良いと言われているのです。

・ビタミンC
肌のうるおいにはコラーゲンが必要ですが、ビタミンCはこのコラーゲンの生成を促進してくれる作用があります。
肌のツヤ、ハリなどに欠かせない成分ですが、実はこのビタミンCは尿から出やすいため、こまめに摂取すべきなのです。
例:赤、黄ピーマン・アセロラジュース・パセリ・芽キャベツ・レモン

・ビタミンB
肌にはターンオーバーという働きがあります。
そのターンオーバーが行われることによってシミや肌荒れなどが改善されていきますが、年齢を追うごとによりそのターンオーバーの周期が遅くなるのです。
しかしビタミンBにはこのターンオーバーをサポートする作用があります。
例:豚肉・ウナギ・レバー・かつお・さんま

・ビタミンE
美白を目指すには肌のくすみなどを改善することが必要です。
ビタミンEには代謝をあげ血色を良くする作用があるため、くすみ予防・改善に役立つことが出来ます。
例:あんこうのきも・すじこ・いくら・あゆ・いわし・たらこ

上記のように、ビタミン類は美肌・美白において欠かせない栄養素です。
普段の食事に出来る限り入れられるように心がけてください。

他に、βカロテンという栄養素も良いと言われています。
老化現象は体が酸化することにより起きてしまいますが、βカロテンにはこの酸化を抑える抗酸化作用があります。
例:しそ・にんじん・パセリ・バジル・茹でほうれん草

また、美白のためにはリコピンを摂取することも重要です。
リコピンはβカロテンと同様に抗酸化作用がありますが、それだけではなく肌を黒くしシミなどを作ってしまうメラニンを抑制する作用や、コラーゲンを生成する作用があります。
それにより美白になるのです。
例:グァバ・すいか・柿・トマト(加熱後)・パパイヤ

どんな料理がいい?

上記のように美白に効果的な食材や栄養素がわかっていても、じゃあどういった料理にすればいいのかが難しいところだと思います。

まず、手軽に摂取できるのはトマトや果物です。
朝ごはんをオレンジやキウイなどを入れたヨーグルトにしてみてください。
また、軽く火を通したトマトを使ったサラダなども効果的です。
火を通したトマトはとても使いやすく、玉ねぎなどを入れてトマトスープにすることも可能です。

また紫キャベツや干しブドウを使用したコールスローもおいしく手軽で人気です。

スムージーなどは食材を入れてスイッチを押すだけなので簡単ですよね。
パプリカ、バナナ、リンゴジュースなどを入れたスムージーはとてもおいしく朝から飲みやすいです。

レシピには多くの種類がありますが、手間をかけすぎては長続きしないので、簡単に調理して摂取できるフルーツやトマトなどをまずは積極的に摂取してみてください。

それでも料理は面倒…と言う方は、サプリメントなどを利用すると良いです。
サプリメントには上記のような栄養素が凝縮されていて、更にただ服用すればいいだけなので、継続しやすいのも特徴です。

一番いい方法は、普段の食事も変えつつそれでも補いきれない栄養素をサプリメントで摂取するというやり方です。
外側からだけでなく、このように内側から美白になれるように改善していきましょう。

逆効果になる食べ物とは?

ここまで美白の手助けとなる食材、栄養素を説明してきました。
しかし逆に、美白に逆効果な食材があることをご存知でしょうか?

まず、アルコールです。
アルコールは摂取しすぎてしまうと美白に欠かせないビタミンが消費されてしまうのです。
適度な飲酒はストレス緩和などにも良いですが、ハメを外すような飲みすぎはしないように気を付けてください。

そして、ソラレンという栄養素も摂取しすぎは良くないと考えられています。
ソラレンは主に柑橘系のレモンやミカンに含まれています。
ビタミンが含まれているからいいのでは?と思われますが、実はソラレンという栄養素は紫外線を吸収しやすくする作用があるため、食べた後すぐに紫外線を浴びてしまうとより吸収してしまうのです。
ビタミン摂取のためにレモンやミカンを摂取するのは重要な事ですが、出かける前に食べることは避けましょう。

関連ページ

参考サイト
美白効果ありの食べ物とは?内側からキレイになる秘訣