ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報
更新日時:2019年3月29日

卵子が老化するとどうなるのか?卵子の老化と妊娠率の関係

身体の内部や肌などは、年齢を重ねると老化していきます。
それと同じく卵子も老化することをご存知でしょうか?

卵子が老化していくと、妊娠率が下がり不妊の原因ともなります。
そんな卵子の老化について説明していこうと思います。

老化の原因

卵子は年齢と重ねるごとに、ダメージが蓄積され老化します。
卵子が入っている、原始卵胞は生まれたときから女性の身体の中にあります。
これが後に作られることはありません。

卵子の数も生まれたときから決まっており、徐々に減少していき、初潮を迎えたときには生まれたときの1/10以下の数となっているのです。
年齢だけでなく、子宮や卵巣の病気、偏った食生活、過剰なストレス、喫煙習慣、手術なども卵子の老化を加速させる要因と考えられています。

また、一度老化してしまった卵子は若返ることはないため、卵子の老化をできるだけ遅くすること、卵子の質を良い状態で保つことを実践していくことで卵子を若々しく保つことができ、妊娠しやすい身体を保つことができます。

老化を知ることはできるのか

卵子の老化は病気ではなく、人体同様に年齢を重ねたことによる自然現象のため自覚症状が起こることはありません。
そして、医学的にも卵子の質を数値で表すことはできません。

しかしながら、加齢以外にも食生活、ストレス、喫煙などにより卵子の老化を早める可能性があります。
生活リズムが悪く睡眠をしっかり取ることができなかったり、栄養バランスの偏った食生活を続けていると、卵子の老化は進んでいるかもしれません。

病院では、卵巣の機能を診断する卵巣予備能検査(AMH)と言うものがあります。
この検査では、卵子の質を量ることはできませんが、卵子の数を調べることができるため、不妊治療の一環として使用されることもあります。

卵子の老化によるリスク

卵子の老化は年齢を重ねることで起こるため、引き止めることは難しいのが現状です。
しかし、妊娠や出産をこれから考えていると言う人には、卵子が老化することで起こるリスクを知っておく必要があります。

妊娠率の低下

6ヶ月間でどれだけ妊娠することができるかという累積自然妊娠率を年齢別に表すと、妊娠経験のある人と妊娠経験がない人では違ってきます。
30歳で妊娠経験がある人の自然妊娠率は80%ですが、妊娠経験がない人は70%となります。

また、この妊娠率は年齢を重ねるごとに減少していきます。
36歳では妊娠経験がある人は75%、妊娠経験がない人は60%となります。
更に、38歳では妊娠経験がある人は70%、妊娠経験がない人は35%となります。
若く卵子が老化していない状態ではきれいな円形の卵子ですが、老化が進むに連れて楕円形やいびつな形をした卵子が多くなっていきます。
卵子の形が整っていないと、受精しにくくなってしまいます。

また、受精しても細胞分裂しにくくなり、胚(発生したばかりの幼生物)の成長が止まってしまうことがあります。
胚の質も悪くなり、着床しにくくなり、結果として妊娠率の低下に繋がってしまうのです。

流産や先天性疾患

卵子が老化する中で、遺伝子がなんらかのダメージを受けてしまうことがあり、胎児の染色体異常が起きる割合が高くなると言われています。
そして、自然に流産してしまう確率が20代~30代前半では10%~15%、30代後半以降になると、20%~40%までに高くなります。

無事に出産を終えることができたとしても、ダウン症候群など染色体異常が原因で起こる、先天性疾患を発症するリスクも上がってしまいます。

卵子の老化の防止

卵子の老化は止めることができないのでしょうか?
年齢を重ねるに連れて老化してしまうのは仕方のないことですが、質の良い卵子を保つことはできます。

まずは、自分の生活習慣を見直してみましょう。
食生活の改善も重要となります。

妊娠を望む方は自分の身体の健康を保つことが大切です。

生活習慣のチェック項目

□栄養の偏った食事をとっていない
□質の良い睡眠の確保
□喫煙しないか
□身体が冷えてないか
□定期的に運動しているか
□ストレスが溜まってないか

卵巣の中で過剰な活性酸素の影響により、染色体異常が起きることで、30代後半からの妊娠率が下がるため卵巣と卵子は抗酸化力を高めることが必要になります。

食生活の中では、アルギニンを含む緑黄色野菜やオメガ-3脂肪酸を多く含む魚を摂取するようにしてください。
こってりした洋食ではなく、玄米と野菜に魚、肉を加えるなどの、質素なのものほうが妊娠に良いという報告があります。

また、赤ワインはレスベラトロールという物質を多く含んでおり、このレスベラトロールは、抗酸化力があります。
毎日大量のアルコールを飲むのは良くないため、適度に飲むようにしてください。

カフェインは連日の摂取により、不妊率が上がる恐れがあります。
目安としては1日2杯が上限でしょう。

抗酸化作用のあることで知られる芸能人も愛したEDを解消する魔法のお風呂なども良いかも知れません。

老化を防ぎ、妊娠率を上げよう

最近では、晩婚が主体になってきたこともあり、高齢出産のニュースをよく耳にするため、年齢を重ねてもまだ出産ができると思う人も多いと思います。
医学の進歩で高齢出産が可能になったとしてもリスクは高くなります。
年齢を重ねてからの出産では、不妊や先天性疾患の確率も高くなります。

妊娠適齢期と言われている25歳~35歳までの間の妊娠率が高く、妊娠中に起こるトラブルも軽いことが多いのが事実です。
今すぐにと言うわけではないですが、将来子宝に恵まれたいと思っている方は、できるだけトラブルの少ない妊娠適齢期に妊娠できるように、パートナーと相談してみてください


関連ページ

合わせて読みたいお薦め記事

参考サイト
卵子の老化はなぜ起こる?サインはある?防止する方法は? - こそだてハック
卵子の老化は止められない。でも、そのスピードを遅らせるコツがあるって本当? - Peachy - ライブドアニュース