ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報
更新日時:2019年4月23日

EDは打ち明けるべきだ

EDになってしまうと恥ずかしさから誰にも打ち明けられない男性が多くいます。
特に嫁や彼女など親密な関係にある女性には打ち明けにくいもので、事情を知らないパートナーからは何故抱いてくれないの?の一言が更なるEDにも発展しかねません。

プライドや意地があってなかなか「俺はEDだ」と発言できないことも分からなくはないのですが、シアリスを製造する日本イーライリリー社が11月22日の良い夫婦の日を記念に衝撃のデータを公開したのです。
それはEDは思い切って打ち明けたほうが良いと言うものでした…。

女性はEDを打ち明けて欲しいが過半数

男性にとってEDは男としての自信を失い、酷くプライドを傷つけられることです。
それを愛している女性に告げることは非常に酷なお話ですし、言いたくないことでしょう。
しかしイーラーリリー社の調査報告によると、首都圏に住む既婚者約1000人をターゲットに実施した報告では、自分たちが良い夫婦である。と自負する夫婦ほど、EDの悩みに対して共感し、改善しようとする傾向が見られました。

男性側も打ち明けたいけれど恥ずかしい、傷つきたくない…。と思うのは当然ですが、実は打ち明けたい気持ち以上に女性側は打ち明けて欲しいのが多数だったのです。
男性側には、もしあなたがEDになってしまった場合、それをパートナーには打ち明けますか?の問いに対して、半分以上の男性、実に64%が相手に真実を打ち明けると言うのです。

逆に女性に対してもしパートナーがEDだった場合、それをしっかり伝えて欲しいですか?の問いに71%、10人に7人の割合で正直に言って欲しいと願う女性が存在していたのです。
男性が思っている以上に女性は正直な男性でいて欲しいと思っているのでしょう。
そしてパートナーとしっかり関係を築けているからこそ、EDだったとしても2人で乗り越えていく覚悟があるのでしょう。

打ち明けた時の女性の気持ち

パートナーからEDだと言う事実を突きつけられたとき、女性はどういった感情になるのでしょうか。
男性としては傷つけてしまいそう、浮気や不倫に走られるのではないかなど、EDが引き起こすデメリットは身体的だけではなく、精神面も蝕んでいきますが、女性は自分のことよりも私たち男性のことを気にかけてくれる意見が多数の結果となりました。

精神的に落ち込んでないか?自分に何か手伝えることはないか?健康面で問題がないか?などが意見として上位に食い込む結果でした。
上述したように、関係がしっかり固い絆で結ばれているからこそ、自分のことよりも優先して男性を心配できる、こんな関係は本当に良いことですね。

ですが自分本位になって、パートナーのことをそのままにしてはいけません。
女性としては自分に興奮しないと思い込んでしまい、酷く傷つける可能性もあります。
EDだと打ち明けるだけでも非常に労力のかかる問題ですが、女性のことを考えた言い回しやケアを怠らないようにしましょう。

ED治療薬を使うのは賛成?

ED問題は男性はもちろんですが、女性も解決して欲しいというのは一致するかと思います。
カップルであれば正常な性行為を望むものですし、夫婦間であれば子供を育むために必須の行為と言えるためです。
ED治療薬を用いることが1番早く確実性のある治療法ですが、中には惨めになりたくないなどの意見もあることでしょう。
では女性としてはED治療薬を使って、解消することに抵抗はあるのでしょうか?

結果からお話しすると全体の71%が、本人が使用を望むなら構わないと、ここでも男性を主体に考えてくれる意見だったのです。
もうここまでくると、女性ってどうしてこんなにも素晴らしい生き物なんだって思ってしまうのは私だけでしょうか?
(今日帰ったら彼女に優しくしてあげよう…。)

あ、すみません。心の声が漏れてしまいましたが、他にも治療薬があるのなら使うべき、治療薬の安全性を確かめた上で安全であれば服用してほしい。
などED治療薬の服用に対して積極的な女性の意見が多い形でした。

イーライリリー社のアンケートで男女どちらにもどうして治療しない人がいると思いますか?を伺ったところ

1位 性的問題を抱えていることを他人に知られたくないのでは?
2位 通院がめんどくさいのでは?
3位 何科、どこの病院を選んでいいのか分からないのでは?

が占めています。
しかし注目すべきは治療する意志があるところでしょう。
確かに上位にランクインした問題はED治療を行う上でデメリットとなる問題です。

そんな方にオススメしたいのが個人代行輸入です。
個人代行輸入であれば、ネット1つで注文ができますし、ネットが苦手な方であれば当サイトのように電話注文を受けてくれるサイトもあります。自宅に届くのが嫌であれば郵便書留も可能なので、1番問題となっている誰かにバレる問題を解決してくれるのです。

また注文1つで届くので通院する必要性もありませんし、病院で処方されるED治療薬と全く同じ医薬品もあるため通院する病院を選ぶ手間も省けます。
現在日本国内ではEDを治療するには自由診療となっているため受診料なども含めると1回で1万円以上かかってしまうのが相場です。
薬代だけでも先発薬しか用意されておりませんが、当サイトであれば同等の効果を得られる海外のジェネリック医薬品も取り揃えているため、EDを治療することも手軽になったのですよ。

EDを治療する勇気を!

このように過半数の女性はEDを打ち明けることで、マイナスイメージを抱くどころか一緒に頑張ろうとしてくれるような姿勢が多く見られます。
男性としては、羞恥心もありますしそれが原因で駄目な方向に進んでしまったらどうしようと言った不安材料ばかりが頭を巡りがちですが、打ち明けなければ相手には何も伝わりません。

そして自分もどんどん追い込まれEDは悪化していく一方です。
本日ご紹介したようにED治療薬は相手が望むのなら服用に賛成意見も多数ありましたので、恥ずかしがらず使ってみることが大切です。
どうしても打ち明けられない…。そんな方はこっそりでも良いので試してみる価値がありますよ。


関連ページ

参考サイト
EDの悩みに女性は寛大 「パートナーが望むのなら賛成」 | ニュース・資料室 | 糖尿病ネットワーク