ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報
更新日時:2019年5月15日

シミシワ予防には冬でも紫外線対策!

アンチエイジングを行うためにまず意識するのはシミやシワだと思います。
老化現象として一番わかりやすいその二つは、誰でも出来る限り改善していきたいと思うものです。

このシミやシワの原因の大部分は紫外線だと考えられています。
夏場はしっかりと日焼け止めを塗り紫外線対策している方がほとんどだと思いますが、はたして紫外線対策は夏場だけで本当にいいのでしょうか?

実は紫外線は夏だけでなく年中降り注いでいるのです。
見落としがちになる冬場の紫外線は、甘く見ているとシミやシワの大きな原因となってしまいます。

冬の紫外線こそなぜ予防が重要なのか、どういった予防法が効果的なのかを紹介していきます。

冬の紫外線はなぜ怖い?

夏は紫外線が降り注ぎ肌がこんがりと焼けますが、冬だと肌は焼けないから大丈夫だと思われがちです。
しかし肌が焼けないからと言って大丈夫という訳ではなく、実は肌は焼けていなくても、冬の紫外線は皮膚の内側に浸透されているのです。

夏のように日焼けで目に見えて紫外線を感じているのではなく、気づかないうちに紫外線を吸収しているため気づけない点が冬の紫外線が怖い理由です。
ガラスを通過するため、冬場でも日当たりのいい場所に長時間いると肌に紫外線が浸透してしまいます。
夏場に紫外線対策していたはずなのにシミやシワが目立ってきた…と言う方は、冬の紫外線対策を怠っていたからかもしれません。

紫外線のせいで起こりうる事

紫外線を浴びることでシミやそばかす、シワなどができてしまうだけでなく、重篤化する症状であると皮膚がんや白内障などが起こりうる可能性があるため侮ってはいけません。

また、紫外線にはUVAとUVBの二種類が存在しています。
その二つのうち、肌にシワやシミを作り出してしまうのはUVAなのです。
UVBは夏に多く肌の表面が焼かれるような紫外線ですが、UVAは肌の奥まで浸透してしまう冬でも多く降り注いでいる紫外線です。

そしてそのUVAは肌の奥まで浸透すると、肌のハリや潤いを守っているコラーゲンなどを破壊し、変性させてしまいます。

更に秋から冬の紫外線は、照射角が夏と違うと言われています。
夏は太陽の位置が高いため額や頬が特に紫外線を浴びやすいですが、秋から冬は太陽の位置が低くなることにより、顔全体に紫外線を浴びてしまうのです。
そのせいで、顔のどこにでもシワやシミが出来る可能性があります。

冬の紫外線を予防する方法は?

では、冬の紫外線はどのように予防するのが適切なのでしょうか。

夏のようにしっかりと日焼け止めを塗り紫外線を予防するのが一番です。
ついつい面倒なのもあり忘れがちになってしまう事も多いですが、夏のように手足は露出していないため顔だけにでも塗って予防してください。
夏のように汗をかく機会も少ないため、一度塗ればしばらく持続してくれます。

しかし冬になってまで日焼け止めを塗り続けるのは面倒!という方は、飲む日焼け止めなどで対策してみてください。
サプリメント感覚で気楽に飲めて、塗る日焼け止めのように塗りなおしなどもしなくて大丈夫なため、毎日続けることが苦になりづらいのです。

また、塗布タイプと違い塗りにムラがなくなるため、上記で説明した顔全体への太陽の当たり方だったとしても、細部にまで均等に紫外線予防をしてくれます。

そして冬の紫外線に多いUVAは窓ガラスも通り抜けるという事から、なるべく暖かかったとしても日が当たる窓際に長時間いないようにしてください。

更にウィンタースポーツのスキーなどに行く際も、必ず紫外線対策をすべきです。
太陽からの紫外線が上からだけでなく、雪に反射して下からも浴びてしまうのです。
紫外線の当たり方もまだらなため、対策をしていないととても汚く日焼けしてしまいます。
一度そのように焼けてしまうとそう簡単にはとれないため、ウィンタースポーツを行う際は必ず紫外線対策をしてください。

塗る日焼け止めの落とし方

実は日焼け止めは正しく落とさないと毛穴が詰まり、肌トラブルに繋がってしまいます。
日焼け止めによって落とし方は様々ですが、洗顔だけでは落としきれない商品もあるため、出来る限りクレンジング製品を使ってください。

またクレンジング後の肌はとても乾燥してしまいます。
それが冬場となるとより乾燥してしまうため、自分の肌に合った保湿ケアを見つけておく必要があるのです。

私個人のおススメ方法として冬の保湿テクニックを紹介しています。

冬こそしっかり紫外線対策

これまでの説明で紫外線が年中降り注いでいることや、その紫外線で老化現象が起きやすくなることが分かったと思います。
このように夏だけしっかり対策していたとしても、年間を通してみると確実に紫外線予防が出来ていると言えないのです。

冬の紫外線を予防するかしないかで今後の影響が大きく変化していきます。
少しでもシミやシワなど紫外線による老化現象を予防したい場合は必ず冬の紫外線予防をしてください。

関連ページ