ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

ザイデナジェネリック

ザイデナジェネリック

ザイデナの類似商品

ザイデナジェネリックの種類

・ザイスマ
人気の高い錠剤タイプのザイデナジェネリック

ザイデナについて

ザイデナの有効成分 ウデナフィル
ザイデナの適応症 ED・勃起不全
ザイデナの効果発現時間 30~40分
ザイデナの持続時間 12~24時間
ザイデナの主な副作用 頭痛、ほてり、鼻詰まり感など
ザイデナと一緒に飲めない薬 硝酸剤またはNO供与剤、アミオダロン塩酸塩など

ザイデナと一緒に買われている商品

ザイデナの目次


ザイデナとは

ザイデナとは

ザイデナは韓国の製薬会社である東亞製薬社が製造と開発を行っているED治療薬です。

ザイデナはこれまでのED治療薬の中でも、比較的新しいED治療薬であり、韓国を始めロシアやフィリピンなど世界数か国で販売されている非常に人気の高いED治療薬です。
ザイデナはウデナフィルという成分を主成分として作られています。

ウデナフィルは他のED治療薬に配合されている成分同様、PDE-5の活動を阻害し血管を拡張させる働きがあり、EDの症状を改善させることができます。

ウデナフィルの特徴として、バイアグラと同じように服用後30分前後で効果が現れ始め、シアリスほど長くありませんが12時間前後効果が持続します。

さらに副作用が生じにくいとされ、アジア圏で作られたED治療薬ということもあり、バイアグラなど体の比較的大きな欧米人よりは、小柄なアジア人の使用が向いているとされます。

したがって、ウデナフィルを主成分として作られているザイデナはバイアグラのように短時間で効果を発揮し、効果の持続時間が長く副作用も少ないED治療薬を使用したいと考えている方にお薦めです。

ザイデナは精力剤ではない

ザイデナを服用する上で理解しておかなければならないのは、ザイデナ自体に催淫作用や興奮作用は存在していないという点です。

ザイデナの主成分であるウデナフィルは、体内のPDE-5という酵素の活動を阻害し、勃起しやすい状態を作る働きがあるのみで、ウデナフィルが興奮をもたらす媚薬のような働きをするわけではありません。

したがって、ザイデナを服用した際には常に興奮状態にある、勃起が持続されるということはなく、あくまで性的刺激があって、勃起状態を維持できる物となります。

他のED治療薬との違い

これまでED治療薬と言えば、世界初のバイアグラや、2番手のレビトラが知名度も高く有名でした。
しかしどれも、持続時間が短かったり、副作用が強かったり、何かしらの欠点がありました。

ザイデナやザイデナジェネリックはそれらの欠点を補い、効果が出るまでの時間も比較的早く、持続時間も長め、副作用も生じにくいと、新しいED治療薬だからこそ開発が進み、製造・販売されたED治療薬となっています。

したがって、これまでのED治療薬で何かしらの悩みを抱えてきた方や、ED治療薬を始めて服用する方にも安心して服用できるのがザイデナ最大の特徴です。

そのほかのED治療薬に関しては以下をご覧ください。

ザイデナジェネリックとは

ザイデナジェネリックとは

2019年現在、先発薬であるザイデナは日本では承認されていないため、勿論ザイデナのジェネリックも医療機関で処方されることはありません。

個人輸入代行を利用することでザイデナを購入することができますが、先発薬は開発や臨床試験を行って、製造販売されるため膨大な金額がかかっているだけに、販売価格も高く設定されています。

この点を不便に感じる方でも、ザイデナジェネリックを選択することで、同じ効果を得ながら日本では処方されていないED治療薬を選ぶことができます。

またザイデナは比較的新しいED治療薬と言うこともあり、その他のED治療薬のように、様々な種類のジェネリック医薬品もなく、ザイデナのジェネリック医薬品は数種類しかありません。
ズデナザイスマがザイデナと同じ成分である、ウデナフィルを含んでいるジェネリック商品です。

ザイデナとの違いは?

最も大きな違いを挙げるとすれば、それは価格が安値で販売されている点となります。

ジェネリック医薬品は先発薬の特許期間が過ぎてから、販売できる後発医薬品となっているため、先発薬のように開発費用や臨床試験にかかる費用がありません。
費用をかけずに製造できることで、購入者は先発薬よりも安く購入できる秘密があります。

ザイデナ自体は通販を利用すれば日本国内にいても入手することは可能ですが、上記でお話ししたようにどうしても費用が高く設定されており、1錠1,200円ほどが相場とされています。

しかしズデナやザイスマであれば1錠400円ほどから購入することが可能となっています。

ジェネリック医薬品よりもやはり先発薬の方が安心できる。と言った方を多く見ますが、ジェネリックは承認審査と呼ばれる、成分・分量・効能・用法・用量・品質を事細かにチェックし、先発薬と同等でなければ、審査通過できないため、先発薬と同等の効果となります。

ザイデナジェネリックがオススメな人

ザイデナの主成分であるウデナフィルは服用後効果が現れるまでの時間が非常に早く、それでいて効果が切れるまでの時間がバイアグラよりも長いという特徴があります。

バイアグラの正規品よりも圧倒的に安い価格で購入することができる上、効果が現れるまでの時間に差はなく、それでいて効果の持続時間が長いので、ザイデナジェネリックの方がお得であると考えることができます。

さらに、ザイデナジェネリックの方がバイアグラよりも副作用の症状が軽いと言われているため、現在バイアグラを使用している方やバイアグラの副作用に悩まされている方にもお薦めです。

また、EDは同時に早漏症を引き起こしやすいとされており、男性の性問題第2位と言われています。
ザイデナは早漏症にも効果のあるダポキセチンを同時に摂取することも可能なため、同時に解決したいと願う方にも非常にお薦めだと言えます。

有効成分ウデナフィルとは

有効成分ウデナフィルとは

ウデナフィルは体内に存在するPDE-5(ホスホジエステラーゼ5型)という酵素の働きを抑える効果があります。

このPDE-5は勃起した陰茎にある血管を収縮させ、海綿体から血液を追い出し勃起を鎮める働きをもつ、勃起の妨げとなる物質です。

陰茎が勃起する際には、陰茎の神経や血管から一酸化窒素が放出され、血管を拡張させる作用があるcGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が生成され、血液が陰茎や海綿体に流れやすくなり、勃起するようになります。

しかし、cGMPの分泌が加齢などによって少なくなってしまうと、体内のPDE-5の量は変わらないままにcGMPが生成されにくくなってしまうため、ペニスが勃起しにくくなるなどEDの症状が現れる様になります。

ウデナフィルが体内で効果を発揮しだすことで、勃起の妨げとなるPDE-5の働きを抑え、血管が拡張されることで性器周辺の血流が良くなり、海綿体に十分な血液が運び込まれることで勃起状態を維持することが出来る仕組みとなっております。

ウデナフィルの臨床試験結果

ウデナフィルは発売前にしっかりと効果を検証するために臨床試験を行っています。
EDを発症している男性167名を対象に、12週間にわたって検証しました。
検証内容は、効果のないブラセポ薬とザイデナ、2パターン服用するグループを設け、12週の期間後にEDが解消されたか否かで、比較すると言うものです。

膣内にしっかり挿入するための勃起力、勃起力が持続できたかどうかでウデナフィルがEDに効果を発揮するか、結果は以下の図のようになりました

上記の図で分かるように、ウデナフィルの用量100mgでは、挿入がしっかりできたで88%、200mgでは実に92%のED患者が挿入に問題ないと回答しています。
また、効果のないブラセポ薬では53%にとどまっています。

勃起を維持できたかどうかに関しては100mgで70%、200mgが75%、ブラセポ薬では15%しか持続できないと回答しています。

効果のないブラセポ薬と比較して、この大幅な数値の差から、ウデナフィルはEDに対して効果が実証され、有効性が実証されたのです。

ザイデナジェネリックの種類

ザイデナジェネリックの種類

ザイデナ自体が比較的新しいED治療薬であることから、バイアグラやシアリスなどのように多くの種類は存在していません。
飲みやすさを重視したゼリータイプや、持ち運び便利なシートタイプもまだなく、選べる種類は少ないものの、日本国内では入手できない=効果を得ることのできないED治療薬となっています。

ネットのくすり屋さんでも取り扱っているザイデナジェネリックを以下で紹介します。

ザイスマ

こちらがザイデナのジェネリック医薬品であるザイスマになります。

先発薬のザイデナと比較しても価格が半額以下で購入することができます。
また、ザイスマの製造販売を行っているLecmaz(レクメズ)社は、日本人が監修に入っていることで、尚服用しやすい設計になっており、非常に安心性の高い商品です

ズデナ

こちらがザイデナのジェネリック医薬品であるズデナになります。

こちらも先発薬のザイデナと比較しても価格が半額以下で購入することができます。
また、ズデナの製造販売を行っているサンライズレメディーズは色々なジェネリック医薬品を製造している信用性の高い製薬会社です。
個人の必要用量に応じて調整できるため、身体や金銭的にも負担が少なく、ご購入頂けます。

ザイデナジェネリックを通販で購入するメリット

ザイデナジェネリックを通販で購入するメリット

ザイデナジェネリックを通販で購入する最大のメリットは、通販サイトでしか購入できない商品を購入できる点でしょう。

バイアグラやシアリス、レビトラなどであれば、国内の医療機関でも処方してもらうことができるため、通販サイトを利用せずとも入手することも可能です。
しかしザイデナジェネリックの場合、日本では未承認のため、通販サイトを利用する以外は絶対に入手が不可能となります。
また、通販サイトを利用することでクーポンやセール、キャンペーンなどもあり、表示価格よりも更に安値で購入できる場面もあります。

ザイデナジェネリックではないものの、国内でED治療薬を処方してもらうためには、診察料・検査費用・薬代が全て実費となり、自由診療のため保険も適用されず高額になってしまいます。

しかし通販サイトであれば処方箋も必要なく、スマホ1台、どこでも注文できるため費用を格段に抑えてEDを解消することができます。

EDはデリケートな問題ですので、クリニックなどでも顔合わせをするのが嫌な人も多数います。
しかし通販サイトであれば、誰にも知られることなく、自宅に商品が届きますし、家族にバレたくない方は最寄りの郵便局で書留をしておくこともできるので、非常にメリットが高いと言えます。

もちろんしっかりとした包装で発送しているため、中身がバレると言ったことも一切なく、プライバシーが守られています。

ザイデナジェネリックの副作用

ザイデナジェネリックの副作用

医薬品には全て副作用というものが存在します。
それはザイデナのジェネリック医薬品も例外ではありません。
薬の本来の目的通り働く効果を主作用といい、本来の目的以外で出てしまう効果を副作用と言います。

一般的に薬に含まれる成分は、1つの症状にのみ作用するわけではなく、望む治療効果以外にも作用してしまう場合が多いです。
服用時の体の体調によって副作用が生じる場合や、成分に対するアレルギー症状が副作用として生じる場合があります。

起こりやすい副作用

・頭痛
・顔のほてり
・動悸
・眠気
・鼻づまり
・目の充血
・消化不良

ザイデナジェネリックを服用すると、比較的軽度な上記症状が生じる場合があります。
これらは主成分であるウデナフィルが血管を拡張し、血流が良好になっているためです。

顔のほてりや動悸などは血流が促進されていることで生じており、鼻づまりは鼻腔内の毛細血管が拡張していること、頭痛は血管拡張によってこめかみ付近の神経を圧迫し、引き起こしていますが、ウデナフィルの成分が体内から抜け出すと共に、軽減されていくため過剰な心配は必要ありません。

どれも一時的な症状であり、深刻に捉える必要はありませんが、症状が重い場合や長引く場合には、医師にご相談ください。

重篤な副作用

ザイデナジェネリックの副作用で本当にごく稀に確認される重篤な副作用が存在します。

・非動脈炎性前部虚血性神経症(NAION)
・プリアピズム(持続勃起症)
・結膜炎などの視覚障害


上記のような重篤な副作用が生じる可能性があります。
これらの副作用の症状が現れた場合、直ちに服用を中断し、医師にご相談ください。

軽い副作用は効果のあらわれ?

初めてED治療薬を服用した場合、効果を得られるタイミングの判断も難しいかと思います。

そんな時は軽度であるザイデナの副作用に着目してみてください。
ザイデナの主成分であるウデナフィルは血管拡張作用があるため、成分が身体に馴染むと血流が良くなっていることから、軽度の副作用が生じます。

これは性器周辺のみならず、全身の血流が良くなっていることを意味しているため、既に効果を得る準備ができたサインでもあります。
鼻詰まりや目の充血、顔のほてりが出始めたらザイデナがしっかり効果を発揮している証拠と言えます。

ザイデナの服用方法

ザイデナの服用方法

ウデナフィルは服用後、30分~1時間で体中に効果が回り始めるため、性行為の30分前から1時間前に水もしくは白湯で1錠服用してください。

ザイデナは食事の影響を受けにくいとされていますが、空腹時の服用が望ましいです。
1日あたりの摂取量はウデナフィル100mgが上限となっており、それ以上の服用を行なったとしても効果は強まらず、副作用が強く生じる場合があります。

服用しても効果が現れなかったという場合も、1日の服用上限を上回る服用をしないでください。
また、再度利用する場合は24時間の間隔を空けて服用してください。

効果が得られない場合がある

効果が得られない場合がある

ザイデナやザイデナジェネリックを服用する際に注意点があります。
有効成分ウデナフィルが吸収される時に食事やアルコールの影響を受けるためです。

服用しても効果が十分に得られない場合があるため服用の際のポイントを以下にまとめてみました。

食事との関係

ザイデナを服用した際、思ったような効果が得られない原因として食事があります。
ザイデナは他のED治療薬よりも食事の影響は受けにくいとされていますが、効果を得るためのメカニズムとしてはその他のED治療薬と変わらず、胃で溶けて腸で吸収されます。

そのため、食後間もなかったり、まだ胃腸に食べ物が残っている場合には、吸収の妨げとなってしまい、そのまま便として排泄されてしまうことがあります。

ED治療薬を服用する前には食事を行わず、空腹の状態で服用することが推奨されています。
もし食事を避けることができないのであれば、2時間以上の間隔を開けて服用すると、空腹時と同じ効果を得るため抑えておきたいポイントです。

ED治療薬を服用する前には食事を摂取しないだけではなく、油分を含む飲料の摂取も避けてください。

アルコールとの関係

ザイデナとアルコールの併用は医学的に問題はないとされていますが、多量の飲酒は控えた方が賢明です。

適量のアルコールであればリラックス効果があるので良いとされており、そのリラックス効果によって心因性EDが解消される場合もあります。
しかし、ザイデナの効果により血管が拡張され、血液の流れが良くなっている状態だと急激にアルコールが身体に回り、急性アルコール中毒などを誘発する可能性があります。

更に多量のアルコール摂取は神経伝達を鈍らせることに繋がる恐れがあります。
神経伝達が鈍ると性的刺激を受けにくくなってしまい、勃起力の低下に繋がってしまいます。

あくまでも適正な量の範囲内であれば問題ないというだけなので、その点には注意が必要です。

グレープフルーツとの関係

ザイデナやそのジェネリックは食事やアルコールによる影響をほとんど受けることがありませんが、なかには同時に摂取すると大変危険なものも存在しています。

それが、グレープフルーツなどに含まれるフラノクマリン酸です。

このフラノクマリン酸は、体内の代謝酵素の働きを阻害してしまうため、体内で薬を分解しにくくなり、通常より時間をかけて吸収します。

これによって、余分に薬を体内に吸収してしまい、薬の効果と副作用が強くなってしまう危険性があるのです。
フラノクマリン酸はグレープフルーツに多く含まれていますが、グレープフルーツだけでなく夏みかんなどの柑橘類の多くはこのフラノクマリン酸が含まれています。

もちろん、グレープフルーツジュース等の摂取も同じです。
たとえ加工食品であっても、フラノクマリン酸が含まれている可能性のある食品は摂取しないことをお薦めします。

ザイデナの併用禁忌薬・注意薬

ザイデナの併用禁忌薬・注意薬

医薬品を服用する際には、併用禁忌薬と併用注意薬というものが存在します。
併用禁忌薬はザイデナジェネリックと一緒に服用することで体に重大な影響を与えてしまう可能性のある医薬品です。
ザイデナジェネリックを服用する際には、自分が現在服用中の薬をしっかりと確認する必要があります。

併用注意薬はザイデナジェネリックと一緒に服用することで体に様々な影響が及ぶ可能性があり注意が必要な医薬品です。
薬の効果を弱めてしまったり、逆に強めてしまう場合があるので、注意してください。

併用禁忌薬

・硝酸剤及びNO供与剤 (ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)
併用することで降圧作用を強めてしまう恐れがあります。

・アミオダロン塩酸塩を使用した抗不整脈薬
併用することでウデナフィルの代謝が妨げられてしまう恐れがあります。

狭心症や心不全など心臓の疾患に用いられる上記の医薬品との併用はできません。
併用してしまうことで、急激な血圧低下を招いてしまい、低血圧症を招く恐れがあります。
同様の理由から、肺高血圧症の治療に用いられるsGC刺激剤も併用してはいけません。

併用注意薬

・α遮断薬
併用することで血圧が著しく低下する恐れがあります。

・CYP3A4誘導剤
併用することで副作用を強めてしまう恐れがあります。

・急性心不全治療剤
併用することで血圧が著しく低下する恐れがあります。

ザイデナを服用してはいけない方

・重度の肝機能障害を発症している方
・心血管系障害を有しており、性行為が不適当と考えられる方
・ウデナフィルに対して過敏症を引き起こしたことのある方
・低血圧症、または治療を行っていない高血圧症の方
・重度の腎機能障害を発症している方
・脳梗塞、心筋梗塞など脳や心臓の疾患を半年以内に発症した方

過去に、もしくは現在ザイデナを服用して過敏症を引き起こしてしまった方はザイデナを服用してはいけません。
再度の服用で過敏症が強く出てしまう可能性があります。

低血圧症や高血圧の方は、ウデナフィルの成分によって血管拡張し、降圧作用によって症状を悪化させてしまう恐れがあります。
脳や心臓の疾患を患っている、過去半年以内に発症してしまった方はザイデナを服用した状態で性行為を行うと、心臓や血管に大きく負担がかかってしまうことから服用することはできません。

重度の肝障害、腎障害を患っている方も服用できません。
ウデナフィルは肝臓で成分を分解し、腎臓で排泄されるため、腎臓と肝臓に障害がある方は血中のウデナフィルの濃度が上昇しすぎる可能性があります。

ザイデナの豆知識

ザイデナの豆知識

ザイデナは新しいED治療薬ではありますが、すでに世界的に有名なED治療薬です。
これまでED治療薬は欧米が主流で製造されていたため、日本人には体の大きさの問題から、マストな商品がありませんでした。
しかしザイデナは韓国が製造している商品と言うこともあり、アジア人の体質に合った効果を発揮してくれる人気の商品です。

保管する場合には、直射日光や高温多湿を避け室温で保存します。

ザイデナにある変わった効果

ザイデナには、がん予防やアンチエイジング効果があります。
ザイデナのようなED治療薬を服用すると、体中の血管が拡張することによって血流が良くなります。

体中を普段よりもスムーズに血液が流れていくため、体中に健康な酸素が流れるようになります。

そうすると、活性酸素と呼ばれるがんや老化の原因になる酸素が発生しにくい状態となり、がんになりにくくなったり、アンチエイジングによって若返ったりといった効果が得られるようになると言われています。

この効果は、確実な科学的根拠があるわけではなく、現在も研究中の情報です。
ですが論理的には非常にしっかりとしているため、ザイデナをはじめとするED治療薬の服用によってがん予防やアンチエイジングができる、と言われています。

ザイデナは女性にも効果がある?

ザイデナは女性にも効果があるか?と言われると、血管拡張する効果によって性器周辺の血流が良好になることで、感度が良くなる可能性はあります。

しかしザイデナは女性が服用する前提で開発・製造された医薬品ではないため、副作用が強く生じてしまったり、思わぬ副作用に悩まされる可能性もあります。

女性の感度を上げるための商品は媚薬や女性用のバイアグラもご用意しているため、お試しになりたい方はそちらの使用をお薦めしています。

ザイデナジェネリックに関するよくある質問

ザイデナジェネリックに関するよくある質問

Q.ザイデナは日本人向けに作られているED治療薬ですか?
A.ザイデナは日本人向けに作られてはいません。
ザイデナは韓国の東亞製薬社が製造しているED治療薬であり、明確に日本人に向けて作られている訳ではありません。
しかし、同じアジア圏の人が利用するのを想定して作られているため、効果は一般的なED治療薬と比べて日本人向けになっていると考えて良いです。
服用時に効果が強く現れてしまうという時には、ピルカッターでの服用量の調節などを行うようにしてください。

Q.ザイデナはバイアグラのジェネリック医薬品ですか?
A.違います。
ザイデナとバイアグラは同じED治療薬というカテゴリに属している医薬品ですが、全く違う種類の医薬品です。
ザイデナは主成分としてウデナフィルを使用していますが、バイアグラは主成分としてシルデナフィルを使用しています。
したがって、効果の現れ方もザイデナとバイアグラでは大きく異なっています。
そのため、服用の際にはバイアグラと同じような効果が現れると思って服用しないようにしてください。

Q.ザイデナは前立腺肥大症の治療薬ではないのですか?
A.ザイデナ自体は前立腺肥大症の治療薬ではありません。
ザイデナ自体は前立腺肥大症の治療薬ではなく、EDの症状を改善させるための医薬品です。
ですが、ザイデナの主成分であるウデナフィルというのは、実は前立腺肥大症の治療薬としても処方されている成分です。
したがって、ザイデナを使用した際にはEDの症状を改善させるだけでなく、前立腺肥大症の改善や治療を行うということも理論上可能となっています。

Q.ザイデナジェネリックって他のED治療薬とどう違うの?
A.ザイデナジェネリックはザイデナを元に作られているED治療薬なので、他のED治療薬とは全く違う薬です。
ザイデナジェネリックというのは、先発薬であるザイデナの成分を分析し、模倣して作られている医薬品です。
したがって、服用した際の効果というのはバイアグラのようなED治療薬ではなく、ザイデナと同じ効果になっています。
そのため、ザイデナジェネリックはバイアグラといった他のED治療薬とは違った、ザイデナと全く同じ効果を得られる医薬品です。

Q.ザイデナジェネリックの効果の持続時間は?
A.ザイデナジェネリックの持続時間はザイデナと同じく12時間前後です。
ザイデナジェネリックはザイデナを模倣し作られているため、使用している成分の配合量がザイデナと同じになっています。
したがって、ザイデナジェネリックを服用した際には、模倣基である先発薬のザイデナを服用した時と同じように、服用後30分から1時間ほどで効果が現れ始め、その後12時間前後効果が持続します。

関連ページ

その他のED治療薬

参考サイト


Udenafil - Wikipedia

関連コラム