ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

メールアドレスを正しく入力し、送信ボタンを押してください。
登録パスワードが送信されます。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

更新情報

ミノキシジル

ミノキシジル

ミノキシジルの類似商品

ミノキシジルの種類

・ミノキシジルタブレット
錠剤タイプのミノキシジル。
日本では未承認の医薬品ですが、液体タイプよりもムラがなく効果が高いです。
・ツゲイン
国内で販売されているリアップと同じミノキシジル5%を配合した育毛剤です。
副作用は少ないですが、効果には個人差があります。

ミノキシジルについて

ミノキシジルの有効成分 ミノキシジル
ミノキシジルの適応症 AGA・男性型脱毛症
ミノキシジルの持続時間 24時間
ミノキシジルの主な副作用 ・錠剤
初期脱毛、ニキビ、目まい、頭痛、動悸、多毛症など

・液体
発疹、かゆみ、初期脱毛、かぶれ、ほてりなど
ミノキシジルの服用・使用方法 ・錠剤
毎日決まった時間に1錠(2.5~10mg)を服用して下さい。
初めは少ない量から服用することをおすすめします。
1日で服用できる推奨量は10mgまでです。

・液体
清潔な頭皮に1回1mlを朝と夜にマッサージするように揉み込んで下さい。
毎日同じ時間に塗布することをおすすめします。
ノキシジル(錠剤)と一緒に飲めない薬 ・イブプロフェン
・ED治療薬
・イミグラン
・アルコール

ミノキシジルと一緒に買われている商品

ミノキシジルの目次


ミノキシジルとは

ミノキシジルとは

ミノキシジルは、頭皮の血流を改善することで育毛を促進させるAGA治療薬です。
もともと高血圧の治療を目的に作られた血管拡張剤ですが、血管の拡張作用によって毛根の血流を改善し、毛髪の成長期を延長させ、休止期を短縮させる働きがあるということが分かり、AGA治療薬として使用されるようになりました。

ミノキシジル配合のシャンプーはドラッグストアでも購入可能で、最近ちょっと頭がうすくなってきたかもというときに使用するとフサフサな髪を維持することができます。
また、塗る外用薬の場合は女性のFAGAにも作用が期待できます

一方、医療用医薬品として開発されたミノキシジルタブレットのような製品もあります。
こちらは病院で処方してもらえるAGA(男性型脱毛症)の治療薬のひとつで、男性ホルモンの影響で薄毛が進行してしまったとき、進行を止めるプロペシア、ザガーロといった薬とともに処方されます。
太くコシと艶のある若々しい頭髪を再びそんな思いを持っている方にお薦めの医薬品です。
しかし、タブレットの場合は女性は使用することができないのでご注意下さい。

ミノキシジルジェネリックとは

ミノキシジルジェネリックとは

特許を保有していた先発医薬品は外用薬のロゲインやリアップ、またタブレットタイプの内服薬ロニテンがあります。
ミノキシジルジェネリックは、ミノキシジルを主成分として先発薬を作った会社ではない会社が作った商品のことを指します。

先発医薬品は病院で処方してもらうことができますが、ミノキシジルを使用した薄毛治療は保険適用外の自由診療となることもあって高額になってしまいます。
病院によっても異なりますが、1ヶ月の薬代だけで15,000円~25,000円ほどかかるというのが一般的です。
一方、ジェネリック医薬品は先発医薬品よりも開発コストを抑えて製造されているという特徴があり、その分だけ安く購入することができます

AGAとは?

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの頭文字をとった言葉で、日本名で男性型脱毛症のことです。
男性型脱毛症は思春期の頃から抜け毛が増え始め、なにもせずに放って置くとどんどん進行していってしまいます。

遺伝も影響をしているのですが、このAGAの原因は男性ホルモンのDHT(デハイドテストステロン)の影響で髪の毛毛が抜けていってしまいます。
髪の毛にはヘアサイクルという髪の毛の生え変わるサイクルがあり、毛が抜けてから、成長期→退行期→休止期→抜け毛となり、このヘアサイクルが正常に行われていれば、髪が減っていくようなことはありません。

DHTは成長期にある本来なら4年から6年かけて伸びていく髪の毛を、退行期に誘導してしまい、早い段階で抜け毛にしてしまいます。
AGAの原因や、ヘアサイクルについては下記のコラムから確認してみて下さい。

⇒抜け毛が増えた人必見!男性の抜け毛の原因と対策とは?

5α-リダクターゼⅠ型とⅡ型とは?

AGAの原因であるDHTになるにはテストステロンと5α-リダクターゼが結びつくことでヘアサイクルを乱す役割を果たします。
ただ、この5α-リダクターゼにも種類があり、5α-リダクターゼ1型と5α-リダクターゼ2型があります。

5α-リダクターゼ1型

5α-リダクターゼ1型は側頭部と後頭部の皮脂腺に多く存在しています。その為、脂分が多い人が5α-リダクターゼ1型のAGAになる場合が多く、側頭部や、後頭部での抜け毛が 増えていくことが特徴です。

5α-リダクターゼ2型

Ⅱ型リダクターゼは前頭部から頭頂部の毛乳頭に多く存在し、全体的に毛深い人が5α-リダクターゼ2型が原因のAGAになる場合が多く、生え際や、頭頂部から抜け毛が増えていくという特徴があります。

ミノキシジルジェネリックの種類

ミノキシジルジェネリックの種類

ミノキシジルを有効成分とする医薬品としては、ドラッグストアで購入できるリアップをはじめとするローションタイプや、シャンプータイプ、病院で処方されるロニテンのような飲むタブレットタイプがあります。
その他に、フィナステリド、デュタステリドといった、別のAGA治療薬の有効成分を同時に配合したものも見られます。
フィナステリド、デュタステリドはミノキシジルと作用が違い、髪のヘアサイクルを正しくすることでAGAを治療します。
効率良くAGA治療を進めたいという方にはミノキシジルと合わせて、

フィナステリドか、デュタステリド

を使用することをお薦めします。

リアップの特許が切れ、ミノキシジルを配合されたジェネリック医薬品が発売

今まで、日本の製薬会社が販売するミノキシジル配合の医薬品は大正製薬のリアップのみでした。
大正製薬の持っていた特許が切れて、2018年からアンファー社がミノキシジルを配合したジェネリック医薬品の販売開始しました
その後、ロート製薬など続々とミノキシジル配合のジェネリック医薬品が販売されています。

海外では盛んにミノキシジルジェネリックが製造されていますが、いずれも日本では未承認なのでドラッグストアなどで購入することはできません。
海外のミノキシジルジェネリックを購入する場合は個人輸入サイトから購入ができます。

海外のミノキシジルジェネリック

・ミノクソール

インドのLecmaz(レクメズ)社で販売されているジェネリック医薬品で、飲むタブレットタイプです。
ネットのくすり屋さんなら1錠27円~購入できます。

・ロニタブ

インドのインタスファーマ社が製造している、錠剤タイプの内服薬です。
白色で丸形の錠剤が特徴で、塗布するのが苦手な人でも簡単に使用することができます。
ネットのくすり屋さんなら1錠146円~購入できます。

・カークランド

アメリカのコストコで販売されているジェネリック医薬品で、スポイトを使用する液状タイプの外用薬です。
ネットのくすり屋さんなら1個3420円~購入できます。

・フォリックス

アメリカのサファイアヘルスケア社が製造している、ローションタイプの外用薬です。
AGA治療の作用があるフィナステリドも配合されているという特徴があります。
ネットのくすり屋さんなら1本3575円~購入できます。

・リグロースラボD5α

アメリカのサファイアヘルスケア社が製造している、ローションタイプの外用薬です。
ネットのくすり屋さんなら1本3980円~購入できます。

・ロゲイン・ウーマン

アメリカのマクニール社が製造している女性用のローションタイプの外用薬です。
ネットのくすり屋さんなら1個3850円~購入できます

ミノキシジルジェネリックを通販で購入するメリット

ミノキシジルジェネリックを通販で購入するメリット

ミノキシジルを配合した育毛剤はジェネリック医薬品も含めると様々なタイプのものがあり、世界中で数多く流通しています。
現在日本でも様々なミノキシジルジェネリックを購入出来るようになりました。

薄毛専門クリニックの中には、アメリカ製の外用薬ロゲインや錠剤タイプのミノキシジルタブレットを処方しているところも見られますが、その数は多いとはいえません。
そこでお薦めなのは、医薬品を扱っている個人輸入サイトを利用することです。
海外製のミノキシジルジェネリックを購入することが可能なので、コストパフォーマンスがいい医薬品を購入する事が出来ます。

個人輸入サイトを利用して海外製の医薬品を個人輸入することは、個人の責任において自由に行うことができるので、日本国内のドラッグストアに置いていない医薬品や、薄毛専門のクリニックでも処方されていないミノキシジルを含む医薬品を選ぶことができます。
また、ジェネリック医薬品は基本的に先発医薬品よりも安価な価格設定がなされているというのもポイントです。
そして、個人輸入サイトの利用はいわばネットショッピングのようなものなので、ドラッグストアや薄毛専門クリニックに入っていく姿を知り合いに見られるようなこともありません。

クリニック、病院

ミノキシジル配合の医薬品を入手したい場合、ドラッグストアに行く、または薄毛治療を専門とするクリニックでアメリカ製のロゲインやタブレットタイプの医薬品を処方してもらうという方法があります。
クリニックで得られる最大のメリットは、医師の診察を受けた上で使用できる点です。
薄毛の原因や進行具合を専門家の目線で正確に見極め、治療を進めてくれます。
また、ミノキシジルを配合した医薬品を使用するにあたっての注意点を、専門家の観点から教えてもらえるという点もポイントです。

海外製の医薬品の中にはミノキシジルの含有量が日本製品のリアップに比べて多いものもあるので、より注意して使用する必要があります。
その点もわかりやすく教えてもらえるので安心です。
ちなみに、薄毛治療の専門クリニックの中には診察時間は15分~30分で済むというところもあります。
より気軽に通えるクリニックが増えているので時間的な負担もなく薄毛治療を進めていくことができます。

豆知識

ミノキシジルの開発史

ミノキシジルは、もともと1960年代にアメリカ大手の製薬会社ファイザー社(当時はアップジョン社)が高血圧の治療薬として開発したものです。
血管を拡張し、血液による血管の圧迫をやわらげることで高血圧の症状を解消することが期待されました。
ミノキシジルはその期待に応えましたが、さらに別の作用ももたらすことになります。

それこそが、薄毛の解消です。
頭皮の血管を拡張させることで血液量を増やし、毛根に栄養を送り込んで育毛作用が期待できるとされています。
ファイザー社はこちらに目をつけ、1980年代には育毛剤ロゲインの販売をスタートしました。
2018年現在は、ジョンソン&ジョンソン社がロゲインの販売を担っています。

一方、日本では1999年に大正製薬が日本版ロゲインというべきリアップを開発し、販売をスタートさせました。
その後、世界中の製薬会社がミノキシジルジェネリックの開発に乗り出し、現在では多彩な医薬品が使用されています。

ミノキシジルは女性(FAGA)にも作用がある?

女性が発症する脱毛症の中に、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれるものがあります。
体内のホルモンバランスが乱れてしまい、頭髪全体が薄くなってしまう女性特有の脱毛症です。
FAGAの治療には、プロペシアやザガーロといった男性ホルモンの活動を抑える治療薬は使用できません。

したがって、FAGAを治療に用いることができる育毛剤は非常に数が少ないのですが、ミノキシジルはFAGAの治療に利用できる育毛剤の1つとして挙げられます。
ただし、用量には注意する必要があります。

・外用薬使用する場合は女性用に調整されたものを選ぶ
・1錠あたりのミノキシジル含有量が多くなりがちな錠剤タイプのミノキシジルジェネリックは使用を控える

などが注意点として挙げられます。

ミノキシジルの偽物に注意

有効成分ミノキシジルによって育毛作用のあるミノキシジルは、育毛剤の薬の中でも特に人気が高い製品のひとつです。
特に病院に行って恥ずかしい思いをすることもなく購入できるということもあり、通販で海外製のミノキシジルを購入する方が少なくありません。
ただし、初めて通販サイトを利用してミノキシジルを購入する際には注意が必要です。
通販サイトの中には、ミノキシジルを含まない偽物のミノキシジルを販売する悪質なところが見られます。

人気が高い医薬品の宿命というべき現象ですが、偽物のミノキシジルを服用することで育毛作用どころか思わぬ健康被害に悩まされることもあります。
通販サイトを利用してミノキシジルを購入する際は、インターネットで口コミなどをチェックし、安全なサイトであるか否か確認することが重要です。

ミノキシジルに関するよくある質問

Q.先発薬(ロゲインやリアップ)やミノキシジルジェネリックの通販は違法ではないのでしょうか?
A.法律に則った購入であれば違法ではありません。
日本では、個人使用に限っては海外製の医薬品を購入する=個人輸入することが認められています。
ただし、あくまでも個人使用に限るという点には要注意です。
購入したものを日本で他人に販売することなどは禁じられています。

Q.ミノキシジルを病院に行かずに購入する方法はありますか?
A.ドラッグストアや通販、個人輸入による購入が可能です。
大正製薬から出ているリアップは一般用医薬品で、処方箋もなくドラッグストアで購入できます。
また海外で流通する錠剤タイプのミノキシジルジェネリックは日本では未承認なので薬局やドラッグストアでは購入できませんが、個人輸入サイトを利用することで購入ことができます。

Q.ミノキシジルを服用すると性欲がなくなるというのは本当でしょうか?
A.内服薬の使用で性欲の低下が報告されています。
錠剤タイプのミノキシジルジェネリックの使用により、性欲減衰や勃起不全を発症したという報告があります。
確率自体は利用者全体の5%未満と決して高くはないものの、内服薬を使用する際には性欲の低下が発生する可能性があることを注意してください。

Q.ミノキシジルのジェネリック医薬品で成分量の多いものはどうやって服用すればいいのですか?
A.錠剤タイプのミノキシジルジェネリックの場合、ピルカッターを使用するのが便利です。
ピルカッターは錠剤をボロボロに砕くことなくきれいに分割できるアイテムです。
ドラッグストアや医薬品専門の通販サイトで購入することができます。

Q.ミノキシジルは円形脱毛症にも作用があるの?
A.円形脱毛症への作用は期待できません。
ミノキシジルは頭皮の血行を促すことで脱毛症を治療しますが、円形脱毛症はストレス等が原因の脱毛症です。
ストレスを解消して自然に収まるのを待つ、あるいは病院で診察を受けることをお薦めします。

関連ページ

その他のAGA治療薬

参考サイト
ミノキシジル - Wikipedia

一般用医薬品 : リアップ

関連コラム