ログイン

メールアドレスとパスワードを正しく入力し、ログインボタンを押してください。

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合はこちら
閉じる
パスワードを忘れた場合

登録した際のメールアドレスを入力し送信して下さい。

メールアドレス

閉じる
上へ
戻る

カテゴリー

関連コラム

ログイン

メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた場合
荷物追跡

英数字の追跡番号を下記フォームにてご入力ください。

line twitter

ダイエット薬(メディカルダイエット)

ダイエット薬(メディカルダイエット)

メディカルダイエットの類似商品

メディカルダイエットの種類

・SGLT2阻害薬
・SGLT2阻害薬
・SGLT2阻害薬
・GLP-1受容体作動薬

ダイエット薬と一緒に買われている商品

ダイエット薬の種類

いろんなダイエット方法を試してみたけど、効果がイマイチということもあるでしょう。

食事制限などをすることなく、楽して薬でダイエットできるのが、メディカルダイエット(医療ダイエット)です。

メディカルダイエットでは、たくさんの種類の薬が使用されています。

そこでメディカルダイエットで使われているダイエット薬の種類を紹介します。

商品名 リベルサス カナグルジェネリック
(インボカナ)
フォシーガ ジャディアンス グルコバイ ゾメット メトホルミン ゼニカル
リベルサス カナグルジェネリック(インボカナ) フォシーガ ジャディアンス グルコバイ ゾメット メトホルミン ゼニカル
種類 GLP-1受容体作動薬 SGLT2阻害薬 SGLT2阻害薬 SGLT2阻害薬 αグルコシダーゼ阻害薬 ビグアナイド薬 ビグアナイド薬 脂肪吸収阻害剤
リンク 商品詳細へ 商品詳細へ 商品詳細へ 商品詳細へ 商品詳細へ 商品詳細へ 商品詳細へ 商品詳細へ

GLP-1受容体作動薬

  • 血糖値の上昇を抑える
  • 消化スピードを穏やかにし、満腹感を持続させる
  • 食欲を抑える

SNSなどで話題のGLP-1ダイエットは、今一番人気のダイエット薬です。

GLP-1は、血糖値をコントロールする働きがあり、痩せるホルモンと言われています。

また、食事をした際、消化スピードを穏やかにする効果も期待できます。

そのため、満腹感が持続しやすくなり、食欲抑制を促します。

  • 消化器症状(胃の違和感・便秘・下痢など)
  • 低血糖症状
  • など

SGLT2阻害薬

  • 糖の吸収を抑える
  • 糖を排出する
  • 脂肪を蓄積しづらい体にする(糖分を排出する影響で脂肪をエネルギーとして使うため)

SGLT2阻害薬は、糖の吸収を抑える効果があります。

糖分の吸収を抑えることで、食事をしても余計な糖は、排出されることになります。

また、糖分を排出することで体内では、脂肪をエネルギーとして使います。

その結果、脂肪を蓄積しづらい体になっていきます。

  • 尿路、性器の感染症
  • 脱水症状
  • など

αグルコシダーゼ阻害薬

  • 糖質の消化吸収を遅らせる
  • 食べたものが脂肪になりにくい
  • 血糖値をコントロールする(急上昇・急降下を抑制)

αグルコシダーゼ阻害薬は、二糖類から単糖類に分解する酵素(αグルコシダーゼ)を阻害することで糖の分解・吸収を遅らせます。

血糖値をコントールし、食べたものが脂肪になりにくくなります。

なお、元々単糖類の食品や飲料の場合、分解を阻害することができないため、そのまま吸収されてしまいます。

ブドウ糖が多く含まれるものは、注意が必要です。

  • 消化器症状(胃の違和感・便秘・下痢など)
  • 肝機能障害
  • など

ビグアナイド薬

  • ブドウ糖の産生を抑制(糖新生)
  • 血中へのブドウ糖吸収を抑制
  • 食欲を抑える

ビグアナイド薬は、肝臓でのブドウ糖産生を抑制し、血中へのブドウ糖吸収を抑えます。

ブドウ糖の産生をコントールしてくれる効果があります。

また、食欲抑制効果があり、体重が増加しにくくなります。

さらに肥満が軽減されるという報告もあります。

  • 消化器症状(胃の違和感・便秘・下痢など)
  • 乳酸アシドーシス
  • など

DPP-4阻害薬

  • 血糖値の上昇を抑える
  • 体重が増えにくい
  • 脂肪肥大の抑制

DPP-4阻害薬は、血糖値の上昇を抑え、体重を増えにくくします。

インスリンの分泌を促し、血糖値を下げる作用により、食欲抑制効果も期待できます。

また、DPP-4阻害薬は、基本的に他の血糖値降下薬やインスリンと併用可能です。

病院やクリニックでは、併用している場合もあります。

  • 消化器症状(胃の違和感・便秘・下痢など)
  • 乳酸アシドーシス
  • など


脂肪吸収阻害剤

  • 消化酵素の働きを弱める(脂肪分解抑制)
  • 脂肪吸収を抑制
  • 余分な脂肪を排出

脂肪吸収阻害剤は、消化酵素の働きを弱め、脂肪の分解を防ぎます。

脂肪の分解を防ぐことで、脂肪吸収を抑制し、余分な脂肪をそのまま排出します。

油分の多い食事を好む方に向いているダイエット薬です。

ビタミン不足になる可能性があるので、ビタミン剤との併用がおすすめされています。

  • 油性直腸排出(油漏れ)
  • ビタミン不足(脂溶性ビタミンが便として排出されるため)
  • など

食欲抑制・脂肪燃焼サプリメント

  • ストレスホルモンを調整し、食欲を抑える
  • ダイエット成分を配合し、脂肪燃焼を促す
  • 副作用の心配が少ない

食欲抑制・脂肪燃焼サプリメントは、サプリメントによって特徴があります。

食欲を抑えてくれるサプリメント、脂肪燃焼を促してくれるサプリメントなど様々です。

副作用の心配が少ないことから医薬品より始めやすいものとなっています。

どのタイプのダイエット薬がおすすめ?

ダイエットの目的 おすすめのダイエット薬
簡単に痩せたい/食欲を抑えるのが苦手 GLP-1受容体作動薬
糖分を抑えるのが苦手 SGLT2阻害薬
糖分を抑えるのが苦手
(単糖類が多い方は不向き)
αグルコシダーゼ阻害薬
食欲を抑えるのが苦手/肥満気味 ビグアナイド薬
血糖値を抑えたい(太りにくい) DPP-4阻害薬
脂っこいものがやめられない 脂肪吸収阻害剤
薬の副作用の心配 食欲抑制・脂肪燃焼サプリメント

どのタイプのダイエット薬が合っているのか自分の目的に合わせて上記の表から選んでみてください。

ダイエット薬によって期待できる効果が異なるため、症状に応じた薬を選ぶことをおすすめします。

食欲が抑えられない

食欲が抑えられない方は、GLP-1受容体作動薬もしくは、ビグアナイド薬がおすすめです。

食事量が減っていくので、自然なダイエットができます。

炭水化物や甘いものを食べ過ぎてしまう

炭水化物を控えることが難しく、間食をよくしてしまう方は、SGLT2阻害薬やαグルコシダーゼ阻害薬がおすすめです。

糖分の摂取を阻害してくれるので、おかしを食べてしまっても罪悪感なくダイエットができます。

脂っこいものが大好きでやめられない

脂っこいものが好きな方は、脂肪吸収阻害剤のゼニカル系がおすすめです。

摂取した油の30%を吸収せず、排出します。

薬の副作用が怖い

薬の副作用が怖いという方は、食欲抑制・脂肪燃焼サプリメントから始めてみるのがおすすめです。

サプリメントによって様々な特徴があるので、目的にあったものを選べます。

ダイエット薬の購入方法

ダイエット薬の購入方法についてまとめました。

ダイエット薬は、医療用医薬品となるため、サプリメントを除き、病院処方もしくは、通販(個人輸入)でのみ購入することができます。

目的 おすすめ
医師と相談して治療方針を決めたい
今すぐ欲しい
病院処方
なるべく安い値段で購入したい
病院に行く時間がない
通販(個人輸入)

病院処方

病院処方の場合、医師と相談して治療方針を決めることができます。

健康状態の把握や診断の上、ダイエット薬を選びたい方は、病院処方がおすすめです。

保険適用はあるか

ダイエット薬として処方されているものは、日本では、ダイエット薬として承認されていないため、保険適用外となっています。

そのため、自費診療となり、高額になる可能性が高いです。

通販

通販(個人輸入)の場合、自己判断・自己責任の元、数多くの種類から選ぶことができます。

いずれも薬代+送料となるため、病院処方と比べると安く購入可能です。

ただ、海外からの輸入するので、薬が届くまでの時間がかかります。

薬局やドラックストアでは買えない(サプリや漢方のみ)

ダイエット薬は、医療用医薬品となり、薬局やドラックストアでは販売されていません。

一部のサプリメントや漢方は、薬局・ドラックストアで購入できます。

ダイエット薬の副作用や注意点

薬である以上、副作用があります。

ダイエット薬の共通した副作用としては、消化器症状(胃の違和感・便秘・下痢など)・低血糖(薬を併用した場合)が挙げられます。

※脂肪吸収阻害剤は、ビタミン不足など

もともと糖尿病治療薬のため、上記の症状が発現する場合があります。

注意点としては、用法・用量を必ず守ることです。

1日の服用量を増やしても薬の効果が向上するわけではありません。

過剰摂取した場合、副作用が強く発現する場合もありますので、適切な方法で服用しましょう。

ダイエット薬おすすめランキング

痩せるダイエット薬のおすすめ商品をランキング形式でまとめました。

どれを買うか迷ったらチェックしてみてください。

1位:リベルサス

リベルサス

リベルサスは、食欲が抑えられ、無理のないダイエットを可能にしてくれます。

GLP-1の話題性や評判もあり、人気ランキング1位です。

2位:カナグルジェネリック(インボカナ)

カナグルジェネリック(インボカナ)

カナグルのジェネリック医薬品として販売されているインボカナが2位。

糖の吸収を抑え、排出してくれることから甘いものや炭水化物が好きな方におすすめできます。

3位:オルリファスト

オルリファスト

ゼニカルのジェネリック医薬品のオルリファストが3位です。

脂っこいものをつい食べすぎてしまう方にぴったりのダイエット薬となっています。

ダイエット薬に関するよくある質問

ダイエット薬の効果はどのくらい?(期間・体重について)

リベルサスの臨床試験により以下の報告がされています。

  • 平均体重約88kgの人にリベルサス14mgを6ヶ月投与⇒約3.6kg減量
  • 平均体重約89kgの人にリベルサス7mgを6ヶ月投与⇒約2.2kg減量

参照:RYBELSUS® Results

個人差はありますが、6ヶ月間継続することによって2kg~4kg程度の減量が期待できます。

ダイエット薬をやめたらリバウンドする?

ダイエット薬をやめるとダイエットの効果は、なくなります。

しかし、継続して飲み続けたあとやめた場合、リバウンドで戻る体重量は少ないと言われています。

継続するほど耐性はできる?

耐性ができにくい医薬品となっています。

ただし、個人差があるため、気を付けてください。

肥満やメタボにも効果がある?

欧米では、GLP-1が肥満薬として認可されています。

そのため、肥満に対しても効果が期待できます。

ダイエット薬とサプリメントの違いは?

ダイエット薬とサプリメントの大きな違いは、医薬品には医学的根拠があり、副作用がある点です。

個人差もあるため一概には言えませんが、ダイエット薬の方が効果が期待できるでしょう。

関連コラム