ザガーロに切り替えで効果増幅が期待できる!プロペシアに戻すとコスト・副作用減!

ザガーロに切り替えで効果増幅が期待できる!プロペシアに戻すとコスト・副作用減! AGA(男性型脱毛症)

抜け毛を抑える医薬品、プロペシアを半年間服用してみたが今ひとつ効果が実感できない。

効果が長く続くザガーロに切り替えたが、今度は副作用がきつくてプロペシアに戻したい。

AGA治療薬にはこうした悩みの声を聞くことがあります。

これらのプロペシアからザガーロ、ザガーロからプロペシアといった切り替えについて、そのメリット・デメリットを説明します。

注意ザガーロ・プロペシアは、6ヶ月以上の継続で効果を判断する医薬品です。
6ヶ月継続して服用していないのに切り替えるのは推奨されていませんので、ご注意ください。

プロペシアからザガーロの切り替えは効果増幅

プロペシアからザガーロの切り替えは効果増幅

プロペシアからザガーロに切り替えることで効果増幅が期待できます。

プロペシアは、抜け毛の原因である5α-還元酵素Ⅱ型の活動のみを抑えますが、ザガーロは、5α-還元酵素Ⅱ型に加え、Ⅰ型の活動も抑えますので、2種類の酵素に対応しています。

AGAの方を対象にした24週間の臨床試験の結果、ザガーロはプロペシアの約1.6倍の効果が認められています。

・ザガーロ(0.5mg):89.6本
・プロペシア(1mg):56.6本

プロペシアで満足できる効果が得られなかった場合も、ザガーロに切り替えることでAGAの治療効果が実感できる可能性があります。

参考:17.1.1 国際共同第Ⅱ/Ⅲ相二重盲検比較試験|医療用医薬品 : ザガーロ

デュタステリドの効果を解説!薄毛改善の臨床試験や期間について
AGA治療薬であるデュタステリドの効果について解説します。薄毛改善効果はいつから現れるのか、効果に関する臨床試験データや口コミについてまとめました。

プロペシアと比較して費用が高くなる

商品 プロペシア
通販価格
ザガーロ
病院処方価格
価格 28錠:9,300円 30錠:11,000円
1日あたり 332円 367円

プロペシアからザガーロに切り替えることで医薬品の費用が上がります。

AGA治療薬は使用の継続が何より大事ですので、費用負担が大きくなる可能性は知っておく必要があります。

当サイトで購入できるプロペシアは、28錠で9,300円となります。

当サイトでザガーロは取り扱っていないため、病院での処方価格を参考にした11,000円で計算すると、1,700円分高くなります。

また、病院処方の場合、診察料や検査料などが別途かかる場合もあるため、より費用が高くなる場合もあります。

ザガーロからプロペシアの切り替えでコスト・副作用減少

ザガーロからプロペシアの切り替えでコスト・副作用減少

ザガーロからプロペシアに使用を切り替えることで、コスト・副作用の発生率を減少させることができます。

ただし、プロペシアは5α-還元酵素Ⅱ型の活動のみを阻害するため、5α-還元酵素Ⅰ型には対応しておらず、阻害できる酵素の種類が2種類から1種類に減ります。

プロペシア ザガーロ
有効成分 フィナステリド デュタステリド
特徴 5α-還元酵素Ⅱ型を阻害 5α-還元酵素Ⅰ型とⅡ型を阻害

そのため、人によってはAGA治療効果を感じにくくなる場合があります。

フィナステリドの効果を紹介!フィナステリドは抜け毛に効く!どれくらいで薄毛が改善されるのか?
フィナステリドはどれくらい薄毛に効果的なのでしょうか?今回はフィナステリドの効果を徹底解説していきます!また、どれくらい使えば薄毛が改善されるのかも紹介していきます。

費用が安くなるため継続しやすい

商品 ザガーロ
病院処方価格
プロペシアジェネリック(フィナクス)
通販価格
価格 30錠:11,000円 100錠:4,000円
(30錠あたり:1,200円)
1日あたり 367円 40円

ザガーロと比較してプロペシアは費用が安くなります。

AGA治療は継続して行う必要があるため、費用が安くなることで無理なく続けることができます。

ザガーロの病院処方の参考価格は、30錠11,000円と高額ですが、これをプロペシアやジェネリック医薬品に切り替えることで、継続しやすい費用になります。

例えば、ザガーロをプロペシアのジェネリック医薬品であるフィナクスに切り替えると、100錠4,000円となります。

30錠あたりで計算すると1,200円となり、約1万円も総額が変わります。

副作用の発現が少なくなる可能性がある

治療薬 副作用発現率
ザガーロ0.5mg
(長期投与52週間)
16.7%(20/120例)
プロペシア1mg
(長期投与48週間)
6.5%(9/139例)

プロペシアは副作用の発現率がザガーロよりも低いと報告されています。

ザガーロ0.5mgの長期投与52週間の副作用発現率は、16.7%(20/120例)となります。

特にザガーロの副作用では性機能不全の報告が多くなっています。

  • 勃起不全:10.8%(13/120例)
  • リビドー減退:8.3%(10/120例)
  • 射精障害:4.2%(5/120例)

参考:17.1.2 国内第III相試験(長期投与試験)|医療用医薬品 : ザガーロ

一方、プロペシア1mgの長期投与48週間の副作用発現率は、6.5%(9/139例)となります。

プロペシアも性機能に関する副作用の発現は報告されていますが、割合としてはザガーロよりかなり少なくなっています。

  • 0.2mg投与群で1.5%(2/137例)
  • 1mg投与群で2.9%(4/139例)
  • リビドー減退:1.1%(3/276例)
  • 勃起不全:0.7%(2/276例)

参考:17.1.1 国内第II/III相二重盲検比較試験|医療用医薬品 : プロペシア

フィナステリドの副作用と頻度を解説!肝機能障害や抑うつ症状について
フィナステリドにも副作用があります。多くは勃起不全や食欲減退などになりますが、重大な副作用には肝機能障害もあります。今回はプロペシアの副作用について詳しく解説していきます。

ザガーロからジェネリックへの切り替えも可能

商品 ザガーロジェネリック(デュタストロン)
ザガーロジェネリック(デュタストロン)
デュマン
デュマン
ベルトリド
ベルトリド
デュプロスト
デュプロスト
成分量 デュタステリド0.5mg デュタステリド0.5mg デュタステリド0.5mg デュタステリド0.5mg
内容量 30錠・90錠・180錠 100錠・200錠・300錠 100錠・200錠・300錠 100錠・200錠・300錠
メーカー Asle pharmacenticals Intas Pharmaceuticals Ltd Intas Pharmaceuticals Ltd Cipla
価格 30錠:2,700円~ 100錠:7,000円~ 100錠:9,000円~ 100錠:9,000円~
1日あたり 75円~ 51円~ 72円~ 72円~

ザガーロからザガーロジェネリックに切り替えても、期待できる効果は同等となります。

ジェネリック医薬品は、先発薬と比べ有効成分、効果も同じであり、先発薬よりも開発費などが抑えられているため、安く購入することができます。

ザガーロを希望し、かつコストパフォーマンスを求める場合は、ジェネリック医薬品への切り替えがおすすめです。

通販ならばザガーロのジェネリック医薬品も豊富に取り扱っています。

ザガーロ⇔プロペシア切り替えの注意点

ザガーロ⇔プロペシア切り替えの注意点

ザガーロからプロペシア、プロペシアからザガーロの切り替えにおける注意点をまとめました。

切り替え時に再度初期脱毛が起きる場合がある

ザガーロやプロペシアを服用すると、ヘアサイクルを正常にするため、初期脱毛が起こります。

初期脱毛とはザガーロ・プロペシア服用初期に起きる抜け毛が増えてしまう症状です。
服用後2週間~1ヶ月程度で起きることが多く、発症期間は、1ヶ月~3ヶ月程度です。

治療薬の切り替えを行うことで再度初期脱毛が起きる場合があり、一度髪の毛のボリューム感が戻ったのに、切り替えにより抜け毛が一気に増えてしまいストレスを感じてしまう場合があります。

ザガーロ⇔プロペシアの切り替えを行う際は、初期脱毛が再度発生する可能性を考える必要があります。

【AGA治療薬】初期脱毛が起きる理由と期間|抜け毛の量はどれくらい?
AGA治療薬を使うと初期脱毛が起きます。初期脱毛が起きる理由や期間、抜け毛の量はどれくらいなのかについて解説します。
AGAの原因はヘアサイクルの乱れ?抜け毛や薄毛との関係を解説
ヘアサイクルの乱れは、AGAの原因に繋がるのか解説します。抜け毛や薄毛との関係やヘアサイクルの乱れを整える方法についてまとめました。

ザガーロとプロペシアは併用できない

ザガーロとプロペシアは医薬品の効能とも言える作用機序が同じです。

併用することで過剰摂取になってしまいますので、切り替えは可能ですが併用することはできません。

発毛促進が期待できるミノキシジルとは併用できるため、併用を考える際は間違えないように気をつけましょう。

最低6ヶ月は服用して効果を確認する

ザガーロ、プロペシアともに、効果判定までに6ヶ月間は必要です。

そのため、継続して服用しなくてはいけません。

切り替えてすぐに効果を感じられないのは当然で、初期脱毛が不安にもなってしまうと服用を辞めてしまうという悪循環になります。

治療効果をしっかり感じるためにも、切り替え後は最低6ヶ月間は継続服用し、効果を確認するようにしてください。

阻害できる酵素の種類が変わる

ザガーロ⇔プロペシアの切り替えを行うことで、活動を阻害できる酵素の種類が変わります。

・ザガーロ:5α-還元酵素Ⅰ型とⅡ型を阻害
・プロペシア:5α-還元酵素Ⅱ型のみを阻害

ザガーロに切り替える場合、阻害できる酵素の種類が増えるため、あまり気にする必要はありません。

プロペシアに切り替える場合、Ⅰ型がAGAの原因割合を多く占めている場合は、切り替えたことにより治療効果が薄れてしまう可能性があります。

Ⅰ型は側頭部・後頭部に分布し、Ⅱ型は頭頂部・前頭部・生え際に分布していると言われていますので、自分の抜け毛が頭のどの部分にあるのかを確認して切り替えることをおすすめします。

ザガーロ⇔プロペシア切り替えに関するよくある質問

ザガーロ⇔プロペシア切り替えに関するよくある質問

ザガーロからプロペシア、プロペシアからザガーロの切り替えにあたりよくある質問と回答が以下となります。

ザガーロ⇔プロペシアを切り替える際、休薬期間は必要ですか?

ザガーロ⇔プロペシアを切り替える場合、休薬期間は必要ありません。

いずれの場合も24時間以上間隔が空いていれば問題ありません。

ザガーロ⇔プロペシアに切り替えることで必ず効果を実感できますか?

個人差や体質との相性もあるため、医薬品の効果には必ずや絶対ということはありません。

正しい服用方法で6ヶ月以上継続し、その上で効果を判断してください。

値段が安いものに切り替えても効果は同じですか?

ザガーロからプロペシアに切り替えることで医薬品の価格が下がります。

阻害できる酵素の種類は変わりますが、同じ効果が期待できます。

ジェネリック医薬品は先発薬と成分が同じで効果もまた同じですので、コストを抑えるためにはおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました